最終教師 / 山本貴嗣

最終教師

清楚な外見にして実は総番であるブルマー少女・白鳥雛子が、荒廃した学園を建て直す(?)為に派遣されてきたゴキブリ改造人間・茶羽顔八とバトルし続けるギャグ漫画。

全三巻。正確にはPart1が全二巻でPart2が全一巻。セールの時に32+10+10=52円で買うた。マンガ図書館Zでも読めるようだが、表紙がなんか違うような気がするから、出版社が違うバージョン?


白鳥雛子
真面目そうな外見とは裏腹に私立帝王学園高校を取り仕切る総番。何故にブルマーを穿いているかと言えば…まあ、在り来りな理由であるw

顔八と渡り合える高い戦闘能力を持つが、なんでそこまで強いかは謎w

ちなみにPart1の舞台は私立帝王学園高校で後から顔八が赴任して来る流れだが、Part2では顔八が牛耳る私立最終学園に雛子が転校して来る展開。

茶羽顔八

遺伝子実験の結果生み出された改造人間。嵐に紛れて脱走し、数年後、茶羽顔八として現れた。ゴキブリとの掛け合わせの為、生命力が高く、しぶとい。何故に教師を志したかは不明w

笑った顔はやや小林まこと風。


狩魔無礼
結婚式場を装った遺伝子工学研究所・梅雄会館の所員。顔八を追い続けている。

髪型の所為か、最初の登場シーンはブラック・エンジェルズ末期に出て来るモジャ頭キャラ・運命を彷彿とさせる。

今年の始めに亡くなった、作者と劇画村塾で同期であった漫画原作者・狩撫麻礼がモデル…なのか、ただ名前をもじっただけなのかは不明。


梅吉
雛子の子分。顔に似合わず役に立つ男。

渡辺隆一
雛子の子分。帝王学園のインテリの神様と呼ばれている。二巻では何故か巨漢のデブっぽい体型になっている。
私立最終学園の文化部
顔八によって支配された私立最終学園で非行生徒として追い詰められていた文化部の面々。
園芸部 鍬形満、家庭科部 団厨太、文芸部 五月メイ、帰宅部 寝虎。

凄く疑問に感じているのはこの絵柄。なんか細野不二彦っぽい。
3巻は2巻が出てから5年ほど経ってから執筆された作品らしく絵柄が全体的に違うんだけども、寝虎は特に細野不二彦っぽいw
作者が絵柄を変えたのか、それともアシスタントがこういう感じの絵を描くのか…

「エルフ・17」とも「SABER CATS」とも何か違う絵柄なんだよなぁ(´・ω・`)


こういう「これは…の分、これは…の分…」的展開の大元の作品は何だろう?
漫画なのか映画なのか…


まあ学園ドタバタ格闘コメディ物なので、そういうのが嫌いでなければ十分楽しめるのではなかろうか。まあ短いのが難か。短編も何本か収録されていたな、そう言えば。