マッシュアップ(2)

もともとの音楽用語としてのマッシュアップは

マッシュアップとは2つ以上の曲から片方はボーカルトラック、もう片方はオケトラックを取り出してそれらをもともとあった曲のようにミックスし重ねて一つにした音楽の手法である。バスダードポップとも言う。
マッシュアップは、リミックス、アレンジ、メドレーの3種類の手法とはよく間違われるが、相違点として
リミックスは、元の音源の一部(ワンループ以上、もしくは一部分の音のみ)を広げて使う。
アレンジは、元のメロディーラインなどを流用して、違う楽器を使うため別のもの。
メドレーは、元の曲をそのまま、または演奏している状態で、カットインでつなげる手法。
が上げられ、冒頭の説明の通り、マッシュアップはボーカルトラックとオケトラックを使う手法となっている。
マッシュアップとリミックスは、あくまでも元の曲をそのまま使うことが前提である。(後略)
(wikipedia)

とある。さっぱりわからない(´・ω・`)

A mash-up is a song created out of pieces of two or more songs, usually by overlaying the vocal track of one song seamlessly over the music track of another.(wikipedia)

「マッシュアップは、ふつうはある歌のボーカルトラックに他の歌のミュージックトラックを継ぎ目なく重ねることによって、2篇以上の歌から作られた歌である」?
2004年の「ネットで普及する音楽「マッシュアップ」は著作権の常識を変えるか」というブログ記事には

かねてから、DJの間では「マッシュアップ」と呼ばれる新たなリミックスのスタイルが使われている。当初イギリスで作られていたマッシュアップは、その後米国をはじめとする他の国々へと広まっていった。これは2つの曲を合わせて1つの曲にするというもので、片方の曲からメロディーを、もう一方の曲からボーカルを取り出して曲を作るのが一般的だ。(http://wiredvision.jp/archives/200406/2004060404.html)

とある。
・リミックスの新形態で2編以上からの歌を改変せずにそれぞれ異なる歌のボーカルトラックとミュージックトラックを重ねて新しい歌を作る手法
って感じで覚えておこう(´・ω・`)
音楽のマッシュアップはIT系の無料で合法的に提供されてるWebサービスと違って著作権的に怪しいからちょっとアングラな香りがする(w
きのこをすりつぶしたものはマッシュマッシュルームと呼ばれるんだろうかなんて考えると夜も寝られずに昼に寝てしまう(´・ω・`)