白い春 6-8話

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


6話
後半戦に入ったからか初っ端から長いダイジェストが。
その分予告が短くなるかと思ったが、そうでもなかった(w
皆の大好きなハロワから始まったヽ( ・∀・)ノ
俺も行かないと(´・ω・`)
春男による父親としての面接、パン屋による堅気な職場としての面接(w
逆上がりの練習に付き合いつつも、「汚れた手」を意識して鞄で補助する春男(´・ω・`)
パン屋は黄緑色のシャツや黄緑色のスーツ着てるけど、黄緑好きとかいう設定でもあるんだろうか。


7話
栞が黒化してワラタ(w
「不信のとき」の杉田かおるのようなポジションかと思ったが、擬似父親への思慕に負けたか。
佳奈子のデレじゃないけど本音を話すところはいささか脈絡がないような…。
姉妹ゆえにという説明ですますか。
Wiiスポーツが普通に劇中に出てきてワラタ(w
しかもそんなに不自然なアイテムに思えないところが面白かった。
サチとの束の間の幸せを楽しんだ春男を待っていたのは、
サチの自分ではない「おとうさん」への誕生日祝いだった…(´・ω・`)
今にして思うと、サチが調子が悪くなったのは病気の予兆だったのか。


8話
サチの言葉によりパン屋の手伝いに戻る春男。
林檎の皮むき勝負ワラタ(w
周りも見てないで次の工程をやればいいものを。
今回は春男とパン屋がある種分かりあった回だったなぁ。
ツダカンの演技がなんか安っぽいというか軽かった(w
まあ阿部寛の演技もここ数回たまに顔芸っぽくオーバーになってるからいいか。
作り笑顔が相変わらず不自然だけど大橋のぞみも初回から比べるとかなりうまくなったなあ(・∀・)


毎回、予告が長いのはともかく、この引っ掛けっぽい予告の作りはうまくてずるい(w


春男という実の父
 パン屋という義理の父
    佳奈子という叔母の乳
ンニンのチに囲まれて育つサチ(・∀・)
幸せに育って欲しいものであるってなんだよ来週から欝展開かよヽ(`Д´)ノ
真理子の病気ってなんだったんだろう。臓器移植とかじゃなければ春男の死亡フラグとかなさそうだけども…。
結局800万は真理子が受け取っていて子供の為に残したのかな?
それとも支払われてないのか? デビのこと、ずっと疑っていた(w
誰も死なないラストがいいけれど…やっぱり春男の居場所がないよなぁ。
栞たちとアフリカにわっふるわっふる売りの旅に出るという流れは無理があるか(´・ω・`)
サチをおんぶするパン屋と栞をおんぶする春男の対比や、パン屋の存在は認めるけれど居場所はないよみたいな最後通告からすると日常世界からドロップアウトした同士で生きていくのもありだとは思うが。


とよくよく考えてみるとこのドラマのプロットはETとかフォーエバー・ヤングみたいな異界者来訪譚か。
①異界の者が客人(まれびと)として訪れ、日常世界(それを構成する住人達)に衝撃や刺激を与える。
異界の者=異形の者、本来は存在してはならない者(居場所なき者)、咎人、呪われた者など
②この異界者は外見が醜かったり表面的な態度は嫌な奴だったりするが、中身は優しい愛されるべき者であり、発生した問題の処理を通じて、対立していた日常世界と異界者は相互に影響変化適応していく。
③-a
異界者の持つ、為すべきこと・帰るべき場所への到達のために、かつては敵対・忌み嫌っていた・敬遠していた日常世界の人々が自らの危険を顧みずに支援する。
異界者は帰るべき場所への帰還・浄化/成仏で日常世界から去るか、為すべきことを果たして日常世界の住人へと変わり留まる。
ETやフォーエバー・ヤングはこの類かな。大体、敵は政府系組織(w
③-b
日常世界で発生した致命的問題・異界由来の致命的問題を異界者が活躍して解決する。たいていはその身を犠牲にして解決する。
タイガー&ドラゴンやセーラー服と機関銃(これは逆パターンか)などのヤクザ物で多い展開かな?でもタイガー&ドラゴンは最終的には③-a的日常世界の支援があって帰還を果たしたか
③-c
その他・派生系。異界者と日常世界が対立をはらんだままながらも漸進的前進しつつ、それがまた新たなる日常世界の形になるパターンや居るけど居ない(旅に出てるとか生きてるのは確かだけど行方不明)パターンなどなど。
異界者来訪譚は不安定な日常世界(それは何かを抑圧した不幸な世界)に異界の者が訪れて化学反応を起こし、安定した日常世界(幸福な安定した世界・大団円)へと変化する。その化学反応の過程において日常世界、或いは異界者の中で抑圧されていた何かが解放され、異界者の能力や象徴、場合によってはその命が失われる。


②の点でいうとなんとなくサチに対しての遠慮がある義父パン屋とそれをなじる実父春男、実生活において寄る辺なき身の春男を諭す堅実なパン屋の軸、更に栞と金髪のもう一軸が絡んでる感じか。
最後は③-cがいいなぁ(・∀・)
まあでも物語の透明度というか完成度でいうとやっぱり③-bっぽくなるのか(´・ω・`)


今週の視聴者プレゼントは撮影で余ってしまった林檎だとおもたらなかた(´・ω・`)
いろはすってなんか怪しい会社の新製品か?と思ってたらコカコーラ製品だった(ノ∀`)
吉高はサントリーのお茶か。ワンピース編ワラタ(w ハーバルクリア CMギャラリー
白石美帆の役名をぐぐったら白石美帆のブログがあったので、ちょっと見てみた。春男の家(w