Egitからgithubを利用する(2)

※11/05/07追記 内容はほぼ一緒ですがEGitにまとめました。

※追記20150115
この内容は古過ぎて当てにならない(ノ∀`) 画像もないしw

Egitからgithubを利用する(1)の続き。


リポジトリの作成

“ダッシュボード”をクリック
github016.jpg

プロジェクト名、説明等を入力し、”リポジトリを作る”ボタンをクリック
github017.jpg

以下のような画面が表示されたら赤枠内の文字列をコピー
github018.jpg


ローカル・リポジトリの作成

githubで使用したいプロジェクトを右クリック
コンテキストメニューから[チーム(E)]-[プロジェクトの共用(S)]をクリック
github019.jpg

「プロジェクトの共用」ダイアログが表示されたら、”Git”を選択し、”次へ(N)”ボタンをクリック
github020.jpg

「Git リポジトリーの構成」ダイアログが表示されたら、プロジェクトをクリック
github021.jpg

リポジトリーのパスが自動入力されるので、”リポジトリーの作成(C)”ボタンをクリックgithub022.jpg

“完了(F)”ボタンをクリック
github023.jpg

プロジェクトを右クリック
コンテキストメニューから[チーム(E)]-[トラック(T)]をクリック
github024.jpg

プロジェクトを右クリック
コンテキストメニューから[チーム(E)]-[コミット(C)]をクリック
github025.jpg

「変更をコミット」ダイアログが表示されたら、”コミット・メッセージ”を入力して
“コミット(C)”ボタンをクリック
github026.jpg

プロジェクトを右クリック

コンテキストメニューから[チーム(E)]-[Push(P)]をクリック
github027.jpg


ここからとんでもなくはまった_| ̄|○
理由は未だによくわからない
単純にRSAキーの貼りつけミスだったのかなんなのか。
もしかするとキャッシュが残っていて変になったのだろうか…
失敗した時に”known_hosts”を消さなかったのがいけなかったのかもしれない…


「Push To Another Repositories」ダイアログが表示されたら、
「ロケーション」セクションの”URI(I)”に先程コピーしたgithubのリポジトリを貼りつけ
「接続」セクションの”プロトコル(L)”で”git+ssh”を選択すると自動的に接続開始

githubへのPush
push001.jpg

以下のようなメッセージが表示されたら、”はい(Y)”ボタンをクリック
push002.jpg

以下のようなメッセージが表示されたら、”はい(Y)”ボタンをクリック
push003.jpg

「Push Ref Specifications」画面が表示されたら、「Add create/update specifications」セクションの
“Souce ref”で”master [branch]”を選択
(初回ならば”Add all branches spec”ボタンをクリックしても一緒? )
push005.jpg

“Add spec”ボタンをクリック
push006.jpg

“次へ(N)”ボタンをクリック
push007.jpg

“完了(F)”ボタンをクリック
push008.jpg

githubへのPushが行われます
push009.jpg

Pushが成功すると以下のようなダイアログが表示されます
“OK”ボタンをクリック
push010.jpg

githubに行くとファイルがpushされています。
push011.jpg


その他画像

パスフレーズを指定している場合は途中でパスフレーズの入力を求められます
pass.jpg

謎のエラー系
とりあえず、この辺が出てきてPush出来ない場合は
“known_hosts”を消して、公開鍵の生成→githubへの保存→秘密鍵の保管の辺りの作業を
すれば、無事に成功するかも…
error001.jpg
error002.jpg
error003.jpg


なんか一日潰れた_| ̄|○
Windowsで全然うまくいかなかったので、破れかぶれにVirtualBox上のubuntuの
eclipse3.5+EGitで試してみたら一発で通った__○_
その後もう一度最初からやり直したらWindowsでも通った__。_

___ ツカレタ…