月別: 2013年3月

3つ目の魔法の器ってさ…

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


まさかあんな所にあるとは思わないよね(´・ω・`)

というわけで最後の方で詰まって攻略サイトを見てしまったが、
リンクの冒険をクリアした。

3DSのVCでまるごと復元を駆使してのクリアだ。
仕方ない…実力でやったら、きっと大神殿に
辿り着くことすら出来ないだろう(ヽ’ω`)

まあ何にしても子供の頃出来なかったことを
大人になって達成したぞ∩( ・ω・)∩ バンジャーイ


wikipediaを見て知ったが、リンクの冒険ってゼルダシリーズの
中で言うと一番最後の物語なんだねぇ(・∀・)
ゲームの目的も初代ゼルダを呪いの眠り?から起こす為らしい。

リンクの冒険はゼルダの伝説の数年後の話ということは、
ゼルダの伝説で助けた当代ゼルダも健在な筈なんだけども
初代ゼルダが眠りから目覚めてしまうので、クリア後、
リンクは両手に花状態になったんだろうか?

ディスクシステムの容量制限の為に色々削ってるような
気がするんだけれどもリメイクしたりはしないのかねぇ?


グーグル、メモ作成サービス「Google Keep」をリリース

まだ触ってない(・∀・)
いずれGoogle+とも連携すんのかな?

Google、チャットを新サービス「Google Babble」に統合か

Google Waveちゃん。・゚・(ノД`)・゚・。
チャットなんてほとんど使ったことないなぁ。

グーグル、「ウェブで見つからず」を定義する新語に「google」使用を認めず–スウェーデン

前も揉めていたような気が…

Googleは長年にわたり、こうした戦いを続けてきた。たとえば2006年には、誰かにウェブで検索するよう言う場合に「google it」という用語を使った者には断固たる措置を取る、と警告した。

ああ、もう7年前にもなるのか。

運転中の「グーグル・グラス」装着を禁止する州法改正を提案

自動運転のグーグルカーの時だけ装着可にするとかどうよ(・∀・)

「Google日本語入力」開発版アップデート、サジェスト候補の個別削除機能

そういやわけがわからないサジェストとかよくあるもんな。
正式版にはいつ反映されるんだろうか。


任天堂のテーマパークができる可能性は? ― 宮本氏が可能性を肯定

出来ればいいけど、そのノウハウがないか(´・ω・`)
バンナム呼んでくる?

任天堂、一部の3DSで本体更新できない症状を報告 ― 対処法を掲載、原因は現在調査中

いきなり更新のお知らせが出てビビったが、普通に更新出来た。

3DS『毎度 へぼ将棋』配信決定 ― 対戦相手が「へぼ」いコミカルな初心者向け将棋ソフト

こういうのはいいね(・∀・)
って思ったけど、
|ω・`)。oO(これってただ単に強いロジックが組めなかっただけという話なんじゃ…)

『Age of Empires II HD Edition』が正式発表、Steamで予約も開始

あれ…俺ちょっと前に1&2の英語版を1800円くらいで買ったばっかりなのに(´;ω;`)
まあでも新しく綺麗なバージョンで出るのはいいな。
Age of Mythologyも出ないかな。


角川「BOOK☆WALKER」と凸版印刷グループの「BookLive!」が本棚連携開始

これは画期的だと思う(・∀・)

以前、楽天の前の電子書籍サービスを大した補償もなく
終了させた時に思ったんだけども、電子書籍サービスを行う企業は
きちんとした業界団体を作って参加企業で積立金を貯めておいて
どこかの企業が電子書籍サービスを終了した時に他企業のサービスに
移行出来るようにするべきだと思う。積立金はその受入をした企業に
金額ベースで配分する感じで。そうでないと電子書籍サービスに対する
不安は取り除けないと思う。

まあ楽天のサービスを信用しちゃうのがいけない
と言われれば返す言葉もないのだけれどもw

タブレットと電子書籍マンガをセット売り

そういえばebookjapanがハード出すって言ってたっけ。

セットの主な例
『手塚治虫全集(全400巻)』+ASUS MeMO PadME172V
10万3050円。通常価格より4万0225円引き
『島耕作シリーズセット(全73巻)』+ASUS MeMO Pad ME172V
4万2040円。通常価格より1万4085円引き
『梶原一騎セット(全64巻)』+ASUS MeMO Pad ME172V
3万4031円。通常価格より1万0649円引き

安いんだかそうでもないんだかよくわからない(ノ∀`)
島耕作って完結したのかと全然関係ないところに興味がw

様々な端末で作品を楽しメル。

( ・´ω・`) ウマゴン?


“大人”のためのケンタッキー、さっぱりまろやかな「パリパリ旨塩チキン」発売

一回くらい食べてみるか(`・ω・´)


SSD+HDDで「SSHD」、Seagateの新型2.5″ドライブが登場

面白い製品だけどSSHDって名前にしちゃうと
sshdと被って検索しににくくなるんじゃね(´・ω・`)?

日本HP、タッチ対応15.6型液晶を搭載するエントリーノート

「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b134TU」は、CPUにCore i3-2375M(1.5GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、HDD 500GB、Windows 8(64bit)を搭載して、価格は59,850円。

んー、core i3か(´・ω・`)
まあでもタッチパネルでかなりお手頃な価格になってきたかな。

だらだらと…

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


ブックマークしておいてチェックしてなかったページを
読んだり削除してたりしてたら数日間過ぎてた。


今更ながらにSublime Textを使ってみた。
全然使いこなしてないけど、ちょっと触った感想は「素敵、抱いて(・∀・)!!」
買わなくてもたまにダイアログが出るだけで使えるみたいだが買おうか悩み中。
でもクレカ決済出来るかどうかわからないのでまだ買ってない。

$70…。前は$59だったらしいが…むぅ。


Sublime Text絡みでドットインストールに登録。
まだSublime Text入門の二回目までしか観てないが
中々良さそう。他にも色々あるようなので観てみるか。

勉強系サイトのhttp://share-wis.com/というところにも登録したけど、
まだ全然やってない(ノ∀`)

クラウドIDEのhttps://codenvy.comにも登録したけど、
なんもやってない(ノ∀`)


買っておいて放置していた日経ソフトウェアの2012/11月号付録の
「速習!基礎から学ぶスマホHTML5アプリ開発」をひと通り試した。

購買当初はなんだかわからないというか概念的に受け付けられずに
後回しにしていたが、「Perfect Javascript」をちょこちょこ読んだり、
foto-haikingやjavascript japanese keyboardを作った今読み直して
みると、さくさくと読み進められた(・∀・)
手打ちしたけど、省略されていたりしたのでコードをサイトから落として来た。

Canvasの描画ってvisual c++でwindowsに描画する時と似てる?
何にしても楽に描画出来るんだなぁ。

もう少し理解が深まるまで触るまいと思っていたjQueryだったが、
途中でjQuery Mobileが出てきたので触ってしまった_| ̄|○
まあしかし便利だなぁ。そのうち勉強しよう。


本誌連載のenchant.jsのコードを試そうかと思ったが、
PhySprite.enchant.jsが見当たらなかったので
「ビギナーのためのenchant.jsゲームプログラミング入門」を試した。

確かにゲーム作りに必要な処理が色々入ってるなぁ(・∀・)
昔VB+win32で作った時はスプライトのマスク処理用画像が
必要だったような気がするけど、これは不要…というか
透過PNGだからか?

midpでちょこっと作った時もマスク使ったっけか?
覚えてないな…


Javascript Japanese Keyboardをfoto-haikingに実装して
ちょこちょこ修正しようか思案中( ・´ω・`)ダレモツカッテナイガナ…

cookieじゃなくてWebStorageに保存させたり、
顔文字をdictionaryファイルに入れたり…

『スネーク・フライト』『狐のくれた赤ん坊』他を観た

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



スネーク・フライト

FBI捜査官のネヴィル・フリンは、ハワイで殺人事件を目撃した青年ショーン・ジョーンズの護衛として、ハワイからロサンゼルスの裁判所へ向かうために、飛行機へ乗った。 だが、その殺人事件の犯人であるギャングのエディ・キムは、ショーンの口を封ずるべく、その飛行機に積み荷として大量の毒蛇の入った箱を持ち込んだ。 そして、その箱に仕掛けられていた時限装置が発動し、あらゆる種類の毒蛇がその箱から一斉に現れ、機内を恐怖と混乱に陥れた。

なんだこの阿呆映画はwww
非常に実況向きではあった(・∀・)
一人だと途中で飽きるかも。
当然のことだが蛇が嫌いな人は絶対観ない方がいい。
メリーに首ったけの変な婆ちゃん役をやっていたリン・シェイが出てた。

観終わった後の感想
( `・ω・)o彡゜トロイ!トロイ!


狐のくれた赤ん坊

結末までのネタバレがある(ノ∀`)

けんかと酒が好きな大井川の川越え人足・張子の寅が、きつね退治に乗り出した街道筋で赤ん坊を拾い育てるはめになる。

白黒で画質もあんまりよくなくて話の展開もなんとなく分かるけど
これは泣けてしまうな。・゚・(ノД`)・゚・。

子役が津川雅彦というのも見どころの一つかな?
とにかくこれは観て良かったな。


やじきた道中 てれすこ

泰平の世を謳歌する大坂で「てれすこ」と呼ばれる不思議な魚が捕獲される。なんでもそれは万病に効くらしい。人気の花魁・お喜乃に一緒に足抜けを手伝ってくれと頼まれる弥次さん。芝居中にヘマをやり役者をクビになった喜多さん。ふたりはひょんなことで再会し、これにお喜乃も加わって、3人は江戸を出ち旅に出る。

元々の弥次喜多を習ってか落語ネタみたいなのを混ぜて構成されているが、
そのシーンとかはつまらない。あと吉本芸人を多用しているのもいただけない(´・ω・`)
終盤で話はうまくまとめた感じではあるが小粒感はぬぐえない。
ネタバレしちゃうとある意味でてれすこで弥次の病が治るということだな、この話は。
後半~終盤だけをみれば悪くはないが、人に薦めることは出来んな(・∀・)


機関車先生

あらゆる部分で合わなかったせいか全く心に響かない映画だった(ノ∀`)
誰にも感情移入出来なかったからなぁ…うーむ…
こういうのが好きな人にはいいんだろうけれども、
個人的には観ない方が良いって言っちゃうレベルだな(´・ω・`)


抱かれた花嫁

番匠義彰(ばんしょう・よしあき)監督の「抱かれた花嫁」は、戦争で夫を亡くした浅草の老舗すし屋の女将さんを中心に、頑固でたくましい母親と子供たちとの心のすれ違いを描いた「明朗喜劇花嫁シリーズ」の第1作です。

結構面白かった(・∀・)
和子役の有馬稲子という人は昭和的美人であった。
キャラ的にも良かった。富岡千賀子役の高千穂ひづるは
コルセットでもしてるのかウエストが細くて胸がでかいシルエットだったな。
なんとなく光江が朝丘雪路っぽいなと思っていたら本人だった模様。

鶴藤吉之助役の桂小金治の印象が強すぎて他の男性俳優は覚えていない(ノ∀`)
強いて言うなら全く救いのなかった若旦那かなぁ…あの人は可哀想だったw

『さまよう魂たち』『ダブル・ミッション』他を観た

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



さまよう魂たち

かつて不慮の事故で妻を亡くして以来、幽霊と交流できる能力を身につけたフランク・バニスター(マイケル・J・フォックス)。フランクはその能力を使い、3人の幽霊を助手に従えて共謀し、インチキな悪霊払いで日銭を稼ぐ日々を送っていた。一方、女医のルーシー・リンスキー(トリニ・アルバラード)は、かつて連続殺人鬼として恐れられたバートレット(ジェイク・ビジー)の未亡人、パトリシア(ディー・ウォレス)の往診に追われていた。

以前、実況で薦められたマイケル・J・フォックスの映画。
トータルで言うとまぁまぁ…かな(・∀・)?

思いっきりコメディなのかなと思って観ていたが、なんか違った。
後半でそういうことだったのかぁっていうか何か映画が違うΣ(゚∀゚;)
って感じになった。

薦めはしないけどつまらないとは思わない感じかな。


ダブル・ミッション

エンディングにNG集が流れるジャッキー映画。

普段は冴えないセールスマンをしているボブだが、実は敏腕CIAエージェントとしての顔がある。彼にはシングルマザーの恋人・ジリアンがいて、結婚を機にエージェントを引退し、平穏なマイホームパパになるつもりでいた。ある日ジリアンが突然怪我をした父の看病に出かけることになり、彼女の3人の子供達の面倒を見る事になったボブだが、彼のことが気に喰わない長女ファレン、虚言癖がある長男イアン、一番幼い次女ノーラに散々振り回されることになる。

んー、まぁまぁ(´・ω・`)? ストーリー構成は普通。
それよりも気になったのはCIAでの相棒コルトン役のビリー・レイ・サイラスの吹き替えが
Dlifeでやってたハンナ・モンタナの父親役の声で外見も似ているのが気になってしまった。

今ぐぐってみたら本人だった(ノ∀`)
しかもハンナ・モンタナ役の子が実子でしかもマイリーということも今知ったw
ビリー・レイ・サイラス「『ハンナ・モンタナ』のお陰で家族はバラバラになったよ!」


釣りバカ日誌1,6,10

歳をとったからだと言われれば返す言葉もないが、釣りバカ面白いのぅ(“・ω・゙)

1はラストでもにょる人が出てくるのもわかるが面白い(・∀・)
やっぱりミチコさんは石田えりの方が良い。

6は平社員であるハマちゃんが社長、社長であるスーさんが運転手として
勘違いされて起こるドタバタ話で面白かった。

舞台は岩手県釜石市でこの時期の休日昼間に放映したのは
日テレなりに復興を願うような思いでのことだろうか( ・´ω・`)

実況では「このエキストラの人達はあの震災で…」的レスが
目立ったが、公開日が1993年12月25日と20年近くも前であり、
震災云々がなくても既に亡くなっている人は居るだろうから、
余りそういうことは気にしたりすべきことではないのでは
なかろうかと思ったり思わなかったり。

そんなことを気にしても確定した事象は覆せるわけではないので、
映画は映画として素直に楽しむべきだろう。
釜石の人だったら別だが。

豊川悦司の存在がなんか肩透かしだったなぁ(・∀・)

10は社長業が嫌になったスーさんがビルメンテナンス会社に転職するも、
派遣先は鈴木建設で、そこの会社での同僚の結婚話でドタバタ。

屋上でのジェスチャーで吹いたw

ミチコさんが浅田美代子になってた(´・ω・`)