Maybeと多分が恋に落ちたら、産まれてくる子はきっとMaven(1)

長い割には内容がない感じではあるが俺氏にとっては
問題発生から解決への大事な記録である( ・`ω・´) ワスレッポイカラネ
 


翻訳に飽きたというかOpenGLの所までは訳してるから、
ちょっとムジュラでも進めようとした俺氏、グヨーグに
ボコボコにされてへこむ_| ̄|○

折角、グレートベイの神殿までは攻略を観ずに進んだのに、
どうしても赤水流の元栓を開ける為に高台に登る方法が
考えつかずに、そこだけ攻略を見るという屈辱の後に続く
更なる恥辱に塗れた俺氏、そっとゲーム機の電源を落とす (ヽ’ω`)
 


前振りとは全く関係なく、そろそろ真面目にAndroidプラグラミング
でもしようかと思うも余り良い題材がないのに気づき悩む。

昔VBで作ったSLGもどきやMIDPで途中まで作ってたアクションゲームを
移植するのでも良かったが、それを作ってもAndroid的にはSurfaceViewと
タッチイベントくらいしかいじくらないで残りはゲームロジックを
いじることになりそうなのでやめた。次くらいに作ろう(`・ω・´)
 


あーでもないこーでもないと考えても特に思いつかず。
しょうがないからSNSとかパイプラインサービス系に投稿するサンプルでも
作るかと思い立ち、JavaのラッパーライブラリがあるWebサービスを探す。

T4Jを使うならばそれはきっと簡単であるのだけれども、アカウントは
削除して1年弱、再び作る気もないのでパス。

Facebookとかもラッパーライブラリがあるかもしれないが登録をするのが
面倒なのでやっぱりパス。

はてなハイクはないけど、Foto-Haikingの時にAPIをちょろっと触ったので
多少簡単な気がするけども、APIを直触りするくらいなら自分でライブラリを
作ってみたくなってしまうのでこれまたパス。加えて言うと新アカウントの
consumerkeyでFoto-Haikingをデプロイし直して元アカウントを削除するという
ミッションを思い出してしまうのでやっぱりパス。consumerkey書き換え用の
サーブレットを作っておくべきだった…_| ̄|○

Google+はこないだアカウントを削除したし、そもそもAPI書き込みが出来ない筈
だったのでいずれにせよパス。javascriptかなんかで力業で書き込むような
コードを見かけたけど、よくわからなかったし(ノ∀`)
 


Tumblrもアカウントを削除してしまったが、別アカウント作成済みで
ちょろちょろ観たりしてるし、確かラッパーライブラリがあった筈なので
“Tumblr java library”などのワードでぐぐる。

幾つかヒットしたうち、jumblrを使ってみることにした。
一応公式で紹介されているし( ・`ω・´) ケンイニヨワイオレシ
 


ライブラリなのにビルドされたものがない。
(※後で全てが解決した後によく見たらあった_| ̄|○)

仕方ないから取り敢えずgithubからimportしてみたが何が何やらよくわからない (ヽ’ω`)
Mavenを利用してるみたいだったので昔Maven使用に挑戦して敗れた記憶を辿って
Mavenプロジェクトへの変換を試みる。
ConvertToMavenP

変換できた(`・ω・´)
が、やっぱりこの後がよく分からない。
単純にエクスポートしたものを作成するプロジェクトのビルドパスに追加して
コーディングを始めたがエラー表示が消えたので取り敢えず先に進む。
(※この勘違いでまた後で悩むことになる__○_)
 


Tumblr APIはNone、API key、OAuthの3種類の認証レベルを持っているけれども、
男ならやはり最初からOAuthじゃいと思ってjumblrのコードやサンプルを見たが
OAuth認証に関する部分がないような…サンプルでもいきなりOAuthトークンを
セットしてるくさい……これは…どういうことだってばよ…( ;・´ω・`)ゴクリッ

そういえば他のライブラリもxAuthオンリーとか書いてあるやつがあったな…

まあ悩んでいてもしょうがないので、どうにか自力でOAuth認証に挑戦してみるかと
思ったが何をどうしたらいいかがわからない(・∀・)

何年か前のDevQuizでちょこっと触ったけど、もう覚えてないし……

( ゚Д゚)ハッ
よくよく考えてみたらFoto-HaikingでOAuthライブラリのscribeを使っとるやんけ、ワレ(・∀・)
 


githubの最新版にはapiにtumblr用があったので、前に落として来たscribe-1.3.0.jarを
ビルドパスに追加して利用しようとしたが、エラー。
1.3.0にはクラスが含まれていないモヨン(´・ω・`)

まあはてなの時のようにDefaultApi10aの各メソッドのURLを書換えればいいのだけれども
なんか悔しいのでこれまたGitHubからインポートする。Mavenプロジェクトに変換する。
そしてまた何をやればいいのかわからなくなる(・∀・)

取り敢えずエクスポートして作成するプロジェクトのビルドパスに追加してコーディング開始。
(※そしてまたこの事で更に後で悩むことになる___)
 


さて実際のコーディングを開始しようとしてまたも俺氏途方に暮れる (ヽ’ω`)
二ヶ月くらいまではプログラミングしていたと言ってもそれはServletやHTML5+JS、
よくよく考えてみるとデスクトップ・アプリケーションを作るのは数年ぶり…?

swingをフルスクラッチで触るのは嫌…というか思い出すのに時間かかる……
JavaFXもちょこっとしか触ったことがないし……

( ゚Д゚)ハッ
そういえばT4J解説ページを作っていた時に苦労して作ったAPIテスト用のなんかが
確かあるやんけ、オレ(・∀・) baseWindowクラスヤ
 


古いデータを引っ張り出してきてeclipseにインポートして中身を見る。

難しすぎる…_| ̄|○
プロプログラマーなら全然平気な内容だとは思うのだけれども、
このド素人にはリフレクションを使ったコードは良く分からない(´・ω・`)

なんで昔の俺はこんなコードを書けたんだろうかとちょっと不思議な感じがする。
俺がもし人類ならきっとこれはオーパーツだなぁ…などと思いながら
中身を頑張って眺め続ける……段々と内容を思い出してくる(・∀・)

そうだ、今回みたいな時、つまりは他のWeb APIのラッパーライブラリでも
使えるようにわざわざリフレクションで分離出来るようにしたんだった(ノ∀`)
まあでもその時は面倒だったからか大枠的には分離できるようにしておいて
実際にはTwitter.classをFunctionクラスに渡すようにしていたようだ。
この辺の部分を削ったらエラーがなくなった。
 


 
余りにも長いので一旦ここで切るけれども、本当に内容がないよう(・∀・)