月別: 2013年6月

訳しきれないというか

わけわからない文が増えてきた(ノ∀`)

01 効率的なビットマップの表示以下の3ページを訳した。
相変わらず内容は精査してないのでちょっとおかしいかも。
本当はもう少し先まで訳したけど、そんなに急いで公開したところで
別に良い事があるわけではないので3ページだけヽ( ・∀・)ノ


Android 5.0は10月下旬リリースか ―低スペック機種にも対応

気になる…( ;・´ω・`)ゴクリッ
機能とかそういうのじゃなくて、このリリースによって
Webサイトの内容の一新があるかないかが…

ページの追加はいいけど一新されたら翻訳作業はやめるw
まあでも10月下旬頃くらいだとなんか仕事を見つけていないと干からびてるし、
なんか仕事やってたら翻訳に時間は割けないだろうしなぁ。何にしてもあれか。

まあ訳してるうちにAndroidの概念的なものは少し分かって来たので
当初の目的は果たしてるから個人的には翻訳作業自体の意味も
薄れつつある今日この頃(・∀・)


何故か突然eclipse4.2でctrl+zが効かなくなり、キーコンフィグ見てもおかしくないし
Undo shortcut not working in Eclipseに書いてあるところを調べて
deletedだかのタグを取り除いても治らず……面倒臭いから
最新版(kepler)落としてきて乗り換えた。

androidやらgaeのプラグインを入れて、また
Eclipse の Window メニューに Android SDK / AVD Manager が表示されない時
を見てメニューボタンを表示させるようにしたり…


ダウンロードしてきたFotoHaikingのclassファイルを
jadで逆コンパイルしたコードの再生を試みた。

jadで逆コンパイルしたコードを見てると結構面白いw
コンパイラがこんな風にコード変換してんだなぁというのが垣間見れた。


ユニコード変換されちゃってる部分とかはパスして、一応直せたかなとgitoliteへpush。
TeraTermでVPSにログインしてls -laしてみる。

あれー( ´・ω・) フォルダのタイムスタンプが2月?
2月ってリポジトリ作った時だったような…

eclipseからだと直接gitoliteにpush出来ないのかなぁとコマンドプロンプトから
pushするもeverything updateだかなんだかというメッセージ。

もう一度ls -la
あれー( ´・ω・) フォルダのタイムスタンプが2月?

別のフォルダにgit cloneしてみて中身を見てみる。
……確かに最新版……

もう一度ls -la
あれー( ´・ω・) フォルダのタイムスタンプが2月?

( ゚Д゚)ハッ
最新版をpush出来てる+フォルダのタイムスタンプが2月から導き出される答えは
「pushによってフォルダのタイムスタンプは更新されたりしない( ;・´ω・`)ゴクリッ」


そして前回、うまくpushされてなくてソースコードを喪失したと思ったのは
フォルダのタイムスタンプが2月だったから…( ;・´ω・`)

前回は面倒臭がってgitoliteユーザーにならなかったために
フォルダ内をチェックしなかったが…もしかして…

suでgitoliteユーザーになってフォルダの中身を見てみる。

そして思い出す、ブランチを作っていたことを…_| ̄|○ ソースコードノコッテルヤンケ…
そうだった、違うマシンを使っていた時に新しいブランチを作って使ってたんだった…
無事にチェックアウト出来た…


(ヽ’ω`)

俺氏、神馬に乗る(`・ω・´) ヒヒーン


前回までのあらすじ
マウスオーバー広告(エンゲージメント広告?)に切れてchromeに
adblock plusを導入した俺氏であったが、そこには予想外の罠が…( ;・´ω・`)


なんか”adblock plusを待機中です”みたいなメッセージが表示されたまま、
幾つかのサイトで中々ページが表示されなくなった…_| ̄|○

でもadblockを無効にするのは嫌だったのでFireFoxをインストールして
こっちでもadblockを入れる。待たされずに表示されるし、広告も表示されない(・∀・)

使い勝手が微妙に慣れないのでFireFoxをメインにしてchromeをサブに使うかと考えた。

これからはFireFoxの時代だな( ・`ω・´)


と思ったがこのFireFoxちゃん、異様に簡単に落ちる…_| ̄|○

基本的にchromeやその互換だけを何年も使っていた為に忘れていたが、
ブラウザが落ちるということがこんなに作業の妨げになるとは…(ヽ’ω`)
ブラウザに限らずソフトウェアが異常終了することはあってはならぬことだな
と思った。wordとかexcelとかwordとかexcelとかwordとかexcelとか…

ぐぐってみるとadobeのプラグインバージョンが11なのがいけないみたいなことが
書いてあったのでアンインストールしてバージョン10をインストールしてみた。

あんまり落ちなくなった(・∀・)

やっぱりこれからはFireFoxの時代だな( ・`ω・´)


と思ったがこのFireFoxちゃん、やっぱり長時間使ってると簡単に落ちる…_| ̄|○

adblockを無効にしたり、他の拡張を入れると安定するようだが、
それも面倒臭いなぁと他のブラウザを探す。

IEは試すくらいならいいけども元々使うつもりがない…
あとは知っている有名どころはOperaとSleipnirとlunascape…
OperaはAndroidでちょっと使ったし……
ということで取り敢えずSleipnirを入れることにする(`・ω・´) ナマエカッコイイシ

関係ないけど頭の中でスレイプニルを何故かスレイニプルと読んでしまう(・∀・)フシギ


結論から言うと

こいつ…出来るぞ( ;・´ω・`)ゴクリッ

気に入った点

  • エンジンがwebkitのSleipnir4を選択したので、chrome extensionが使えるらしい。
    adblock plusも動作して遅くもない模様(・∀・)
  • シングルクリックで新しいページやお気に入りを新しいタブで開ける。カスタマイズでタブの設定を変えれば新しいタブが自動的に開かなくなるのでニュースサイトとかでリンクを開くだけ開いて後から読むというスタイルで便利(・∀・)
  • これは下で言う短所を補完する機能だと思うけども、グループタブ機能が便利。
  • 検索ボタンがカスタマイズ出来る

ブーブーヽ(`Д´)ノ言いたい点

  • 複数実行が出来ない。つまり2つのウインドウを並べて異なるサイトの結果を見比べたりする使用法には向かない。
  • 複数実行が出来ないのでウィンドウ毎に異なるブックマーク群が開けない。但しこれは同時に使用して見比べる場合でなければグループタブ機能で代替出来る。
  • フォームの内容が保存されない。これは可能なchromeの方が異常なのかな?例えばweblio等で翻訳をして翻訳結果が表示されている状態でchromeを閉じても、もう一度開き直した時に内容は復元されるんだけれども、Sleipnirでは復元されない(´・ω・`)
  • フォーム内で選択した文字列から表示させたコンテキストメニューで「キーワードをウェブから検索」が表示されない(´・ω・`) chromeだとフォーム内選択文字列から表示させたコンテキストメニューでも「Googleからほにゃらら」は表示される。
  • これはソフトウェア絡みではないが、楽天とかYahooの検索ボタンとかが上位にあったりして削除するのがめどい(・∀・) イラネ

とまあ不満な点はもしかしたら拡張とかで解決出来るようなことかもしれないが
今のところ致命的な問題ではないのでいいかな。

FireFoxもチューニングすればこれと同じくらい使えたのかなと思うけれども、
めどいので削除した。なんか昔からFireFoxとは相性が悪いような気がする(´・ω・`)

ついでにLunascapeを落としてインストールしてみたが……
なんかデザイン的に合わないのとインストール時のブックマークインポートで
chromeもsleipnir4も選択肢になかったりして……インストール後、1分くらいで
アンインストールしちゃった(ノ∀`) エンガナカッタトイウコトデ…


まあ取り敢えず自分の使い方にはsleipnirは結構合っている感じなんで、
sleipnirがメインでchromeがサブという感じで使って行こうかなぁと(・∀・)

マウスオーバー広告に端を発した俺氏内ブラウザ戦争はこうして終結を迎えたのであった…( ・´ω・`)

訳せども訳せども…

我が暮らし楽にならず、ずっとムジュラやる (ヽ’ω`) ソレハアタリマエカ

と思いつつも
02 写真の取り込み01 効率的なビットマップの表示を1ページほど訳した。


いつも翻訳中に訳せない文などにぶち当たった時は文の一部でぐぐって糸口を探す。
それでまぁ、既に訳した人が居ることを知って…_| ̄|○というパターンになるのは
毎度のお約束であったがなんとなくこの辺から他に訳した人があんまり居ないの
ではないかと思えてきた。特に完訳系でシーケンシャルに訳してるという人が。

この辺りからが新規に追加されたページなのか、ボリュームの大きさに
翻訳に飽き始めたところなのだろうか( ;・´ω・`) カクイウワタクシモチョット…

グラフィック&アニメーションは確かにボリュームが大きくて訳すのが大変。
しかし本当の問題はボリュームの大きさではなく、Multimediaの頃から感じてる
基礎知識の無さ (ヽ’ω`)

どういう概念やクラスが存在しているのかがよくわからないから、
それが文章表現なのか固有の表現なのかがわからず、色々と手こずる。


訳してるのによくわかってないので復習として自分の訳した
01 初めてのアプリの構築
02 アクティビティーライフサイクルの管理
を読み直す。訳が変なところを修正しつつ読み直したが、意外とわかった(・∀・)
訳してる最中はこんなんでわかるんかねぇという感じで機械的に訳していたが
改めて読んでみるとそれなりに内容が取れるもんだなと他人事のように感心した(ノ∀`)

ただこの文章ってAndroidが単一のエントリポイントのみを持たないとか
アクティビティの再利用の部分を強調し過ぎてて初心者向けの文章じゃないような気がした。
強調したい気持ちはわかるけど、それは最初に持ってくることじゃないような気もした。

こちらのサイトで翻訳されているNotepad チュートリアルを
ちょろっとやったというかちょろっとなぞった。

これもなんか、うーん…違うな…(´・ω・`) 講習会向けとかには良さそうだけども。
なんか、こう、もっと初心者向けでヒャッハー出来るチュートリアルないかな。

すぐに色んなことを忘れちゃう自分用にAndroid入門とチュートリアルを作るか。
いや、いっそ「よくわかってない人が書くさらにわかってない人向けのAndroid入門」
とかいうのを書いてkindleで売ってみるか( ・´ω・`) ウレナイダロウガ


土竜とは地中に潜るから潜rer(`・ω・´)
というわけでもないけれどもGoogle+とTumblrのアカウント消した。
これらのサービスの内容に飽きたというよりも自分自身の生活パターンに飽きたので。

はてなの方もconsumer key絡みのところを解決するか諦めるかしたら消す。
heelloは…まあ…使ってないので放置w

Google+とTumblrはいずれ閲覧用アカウントをまた作るかな。
はてなはアカウントを作らなくてもはてなハイクは見れるし、
場合によってはconsumer key用のアカウントのサブアカウントを使えばいいし。


暑くなって来て処理能力が大幅に落ちてきた (;ヽ’ω`)

俺氏、大いに焦る( ´・ω・`;)

以前、foto-haikingを作るときにはてなの利用規約で複アカ禁止だったのを
知らずに複アカを作って使っていたことを思い出し、複アカを削除した。
ついでに最近はてなへの書き込みもしてないので主アカももう削除しようかなぁと
思いつつ、あることに気づく。

はてなAPIを利用してるから、このアカウントを消すとサービスを
止めないといけない。まあでもサービスはほとんど使われてる形跡は
ないのでそれでもいいかなと思いつつも、それ用のアカウントを作って
OAuth consumer keyを書き換えて、今のアカウントを削除すれば
いいかと考え直す。


じゃあさくらVPS上のgitoliteからデータを持ってこようとgit cloneする。
なんかおかしい…内容が古すぎる( ;・´ω・`)ゴクリッ

foto-haikingのコードはあるけどもpainting絡みのコードやその対応が全くない………

(||゚Д゚)ヒィィィィィィィィィ!(゚Д゚||)

eclipseでのプッシュってもしかしてローカルへのプッシュだけなのか_| ̄|○
まあ単純にやり方を間違えてただけかもしれないが、何にしても言えることは
ソースコードが残ってない(・∀・)


サービス自体を止めるのは別に何の問題もないんだけれども、
ソースコードがないのは結構ショックでかい…(´・ω・`)
大したコードではないけども何かの触媒にはなるかもしれないので
どうにか残しておきたい……

駄目元で適当に調べてみる。

む(`・ω・´)
GAE からソースをダウンロード

ああでも、これはPythonか… (ヽ’ω`)

でもPythonがあるならJavaもあるんじゃ……
ってあるやん(・∀・)
Downloading an Application

なんかやり方がよくわからない(´・ω・`)
とりあえずJava用のGAEのSDKをダウンロードしてきて解凍する。
何故かこの時間違えてPython用のSDKを落として来てインストールを
してしまったがそれについては気にしない( ´・3・)

Windowsなのでコマンドプロンプトからappcfg.cmdを叩くが何かエラー(´・ω・`)

まずつまずいたのが認証パスワード。EメールアドレスというかGoogleアカウントを
入力した後にパスワードを入力してもうまく行かない。
Eメールアドレスもパスワードも正しい(´・ω・`) むぅ…

ぐぐる。
これか(ノ∀`)
Google App Engine のアップロードを2段階認証プロセスに対応させる

アプリケーション固有のパスワードを生成して、それを打ち込んだら
それは通った。

…が、今度は別のエラーかなんかが発生(´・ω・`)

ぐぐる。というか前にぐぐった結果を眺める。
Download code from Google App Engine Java is now possible – Ubuntu
のようにdownload_appの後に出力先フォルダを指定したら
うまく落ちてきたような…この辺、記憶が曖昧…

windowsなのに出力先フォルダをドライブレターからのフルパスを
指定しないで失敗した記憶もあったりなかったり( ・´ω・`)


ヽ( ・∀・)ノヒャッハーと喜び勇んで出力先フォルダを見る。
classファイル……………ですよねー(・∀・)

javaには確か逆コンパイラがあるはずとぐぐる。
jadか(・∀・)
[memo]Jad(Javaの逆コンパイラ)で僕にもソースが見えるの巻

eclipse用のプラグインもあるらしいが面倒くさいのでjadでやる。
ここでもwindowsであることを忘れてパス指定を間違えたりする( ´・3・) デモキニシナイ


まあ何やかんやでソースファイルを復元出来たみたいだけれども、
チェックするのが面倒くさいのでとりあえず保留ヽ( ・∀・)ノ
ざっと見た感じ、大したコードではなかったけれども( ´・3・) キニシナイ

結果的にGoogle app engineからjavaのclassファイルをダウンロードしてきて
逆コンパイルしてソースコードに戻す手順のエントリになった(ノ∀`)

一応、ダウンロード出来るのはアップロードした人で、
管理ページで禁止されていないアプリケーションのみらしい。


はてなのアカウントもGoogle+も一旦やめようかなと思いつつ
色々と面倒くさくてまだ進んでいない(ノ∀`)