月別: 2013年7月

暑いねぇ…(´・ω・`;)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



ubuntuを久しぶりに触る

だらだらとVirtualBoxにOpenCmsのインストールをしたり、
ubuntuのオフィシャルドキュメンテーションを眺めたりする今日この頃。
気の所為かもしれないが異様に読みやすいw
意図的に簡単な英単語を使用してるのであろうか。

aptitudeってコマンドラインでしか使ったことがなかったから
知らなかったが、こういう使い方も出来るのかΣ(゚∀゚;)
そしてなぜマインスイーパーがヽ(`Д´)ノ

aptitude001

だがしかし二手目でどかーん(´・ω・`)
aptitude002

そんなことはともかく、さくらVPS上に何らかのCMSを構築しようと考え中。
取り敢えず以前途中までいじくったOpenCmsを試そうとしているところ…。
日本語版より英語版を使った方が良いような気がしてきた。

これがうまく行けばGoogleサイトで扱ってた内容をVPS上に移せるが。


Google非依存化(´・ω・`)?

Googleサイトからダウンロードした内容をチェックしたら特に抜けがなかったようなので、
Googleサイトを2つとも削除した。限定公開で残していたBloggerも削除した。
まあどっちも30~90日間は残ってるみたいだけども。

そして何かスイッチが入った(・∀・)

  • 元々大して閲覧者が居たわけでもないので特に必要でも無かったアナリティクスのプロファイルを全部削除した。
  • 購読も見にも行ってなかったGoogleグループから全部退会した。
  • Google Docsにあったドキュメントの内、必要なものをダウンロードして全部削除した。
  • 使ってなかったorkutからアカウントを削除した。

Google+は今やってないし、Google codeのプロジェクトは消しても別に良いし、
githubに保管してもいい。GAEにあるFoto-HaikingはいずれTomcatとかで動くように
書き直してもいい…というか誰も使ってないから止めちゃってもいい…。

検索や地図はbingとかでも代用出来るし、全然人とやり取りしてないから
gmailを辞めてもそんなに支障もない。webマスターツールも削除してもいいか。
Adsenseも中途半端な金額で止まってあれだしな…

sleipnirがBlinkエンジンということを考えると一応関係してるけど、
使い勝手が大して変わらなければ他のエンジンでもいいしなぁ。

もしかして俺ってGoogleにあんまり依存してたわけでもないのか…( ;・´ω・`)ゴクリッ
働いてなくて人とやり取りしてないからだな…

ああでもスマホのAndroidは使ってるな(・∀・)
Androidは残してGoogle系を利用しなくなったら、なんか面白い発見とかあるのだろうか。

VirtualBox + ubuntu server 12.04 + OpenCms 8.5.1ja環境を構築した 後編(但し省略版)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



opencmsのインストール準備編
 

  1. opencmsをダウンロードする。
    今回はhttp://www.opencms.jp/download/opencms.htmlから日本語版 v8.5.1をダウンロードしてきた。この日本語版って実は一部を日本語化して日本語サンプルを追加してるだけなんじゃないかという疑惑を抱いている( ・´ω・`)
     
  2. 共有フォルダにダウンロードしてきたファイルを移動する。
     
  3. ubuntu側からファイルの存在を確認して解凍。(この例では~/に解凍)
    ls -a /usr/sf
    cd /usr/sf
    unzip opencms_8.5.1ja.zip -d ~/
    

    vb012

  4. warファイルのコピー
    解凍場所に移動し、warファイルをwebappsディレクトリへコピーする。
    (移動でも可)

    cd ~/
    sudo cp opencms_8.5.1ja.war /var/lib/tomcat6/webapps
    
    vb013
  5. IPアドレスの確認

    ブラウザからアクセスする為にこのIPアドレスを覚えておく。

    10.x.x.xのようなグローバルアドレスだったら、仮想マシンのネットワーク構成が
    [NAT]になっているので変更する。詳しくはVMware前編の追記参照。

    まあ閉鎖環境を構築しててルーティング出来るなら
    そのまんまでも大丈夫かも?

    ifconfig
    

    vb014
     


opencmsのインストール(ブラウザ側インストール作業)編
面倒臭いから画像キャプチャは抜粋のみ。

  1. セットアップページを開く。
    http://上記で取得したIPアドレス:8080/opencms_8.5.1ja/setup/
    
    opencms001

    英語版と同じつもりで/opencms/setup/アクセスすると
    opencms002
    となる。

    これwarの名前をopencmsにリネームしてたら従来通りに行けたんだろうか?
    つうかそもそもwarファイルにバージョン名を追加する必要ないんじゃないかと
    思ったりもする。せめてopencms_ja.warくらいにしておくべきではないのだろうか。
     

  2. インストール開始
    [yes]を選択して「Continue>>」ボタンをクリック。
    これ全然日本語化されてないよね(´・ω・`)
    opencms003
     
  3. コンポーネントテスト
    指示通りに作業してきたなら、問題ない…はず。
    opencms004
     
  4. データベース設定

    インストール時に設定したパスワードを入力。(この例ではroot)
    「Database」欄の値を”opencms”に変更する。デフォルトで入ってる”opencms_8.5.1ja”のまま次に進むとエラーになる。

    opencms005
     

  5. 指示に従ってインストールを終えたら、リブートする。
    デフォルトで進めて行って問題なし。画面イメージはVMware後編と同じ筈。
     

ログイン以降もVMware後編と同じ。

但しログインURLは

http://ゲストOSのIPアドレス:8080/opencms_8.5.1ja/opencms/system/login/

であることに注意。


まあ、そんな感じ (ヽ’ω`)

VirtualBox + ubuntu server 12.04 + OpenCms 8.5.1ja環境を構築した 前編(但し省略版)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



仮想環境(Oracle VirtualBox)上にubuntu serverをインストールし、
OpenCms 8.5.1ja環境を構築するまでの苦闘を記す。

と言っても内容的には
VMware Player + ubuntu server 12.04 + OpenCms環境を構築した(ヽ’ω`)系と
余り変わらないので、色々端折っている。暑くてやる気出ないし…(ヽ’ω`)
VMwareの方と併読すればなんとかなるはず。

尚、作業内容の中には不要な作業があるかもしれないが
当方では一切関知していない( ・`ω・´) ソンナクワシクナインヤ


取り敢えずインストール編

  1. Oracle virtualboxをダウンロードしてきてインストールする。
  2. ubuntu server 12.04をダウンロードしてきてインストールする。
    LAMPというかMySQLのインストールで設定したrootというか管理者のパスワードを
    忘れると後で面倒臭いことになったりならなかったりする…(´・ω・`)

ちょこちょこ設定を変えたり、なんかした編

ここは前編と完全に一緒。virtualboxのネットワークアダプタの変更も向こうに書いてある。


VirtualBox編

VirtualBoxのGuest Additionsで1,2の作業が必要あるかどうかわからない(´・ω・`)
考えてみると3のVBoxGuestAdditions.isoのセットは後でも良かったかも(ノ∀`)

参考:
Setup Ubuntu Server on VirtualBox to use as a primary dev environment
Ubuntu/VirtualBox/共有フォルダ周り

  1. gcc、makeのインストール
  2. kernel-headerのインストール
  3. VBoxGuestAdditions.isoのセット
    vb002

    ※このダイアログが表示された時は「強制マウント解除」ボタンを
    クリックで良かったんだったかな…
    vb003

    最終的に仮想マシンの設定でVBoxGuestAdditions.isoが
    セットされていることを確認出来ればOK。
    vb004

  4. dkmsをインストールしてリブート
    sudo apt-get install dkms
    
    vb005

    関係ないけどDKMSってDynamic Kernel Module Supportの略で、

    DKMS はカーネル全体の変更なしに個々のカーネルモジュールを更新できるように 設計されたフレームワークです。カーネルの更新時にとても簡単にモジュールを 再構築できます。
    http://packages.debian.org/ja/squeeze/dkms

    だって。

  5. hwinfoをインストール
    sudo apt-get install hwinfo
    
    vb006

    hwinfoはコマンド名から類推されるように

    hwinfo は SuSE Linux で使われているハードウェア検知ツールです。
    http://packages.debian.org/ja/sid/hwinfo

    だそうだ。

  6. mount、run、そしてリブート(`・ω・´)
    sudo mount /dev/cdrom /media/cdrom
    cd /media/cdrom
    sudo ./VBoxLinuxAdditions.run
    sudo reboot
    
  7. vb007

  8. 共有フォルダの設定

    仮想マシンの「設定」ダイアログで共有フォルダの設定をする。
    (この例では”D:\temp\ubuntu1204s”)
    vb008

  9. マウントテスト
    共有フォルダをマウントするubuntu側のフォルダを作り(この例では”/usr/sf”)、
    マウントする。

    この例では先にスクリーンショットを保存していたので、
    lsでpngファイルがあるのが確認出来る。

    sudo mkdir /usr/sf
    sudo mount -t vboxsf ubuntu1204s /usr/sf
    

    vb009

  10. 自動マウント化
    上記のテストでマウントは確認出来たが、このままだと毎回コマンドを
    実行しないといけないので、rc.localを使用して自動マウントするようにする。

    sudo vi /etc/rc.local
    
    vb010

    viが起動したら、[i]キーを押してinsertモードにしてから

    mount -t vboxsf ubuntu1204s /usr/sf
    

    を追加してから[Esc]キー、[:][w][q]キーを押して書き込みしてから終了。
    vb011

    何回か読んでるはずなのに覚えていない(´・ω・`)フシギ

    Linux起動の仕組みを理解しよう[rcスクリプト編]

  11. sudo rebootして再起動後に自動マウントされてるか確認する。

だらだらと長くなったのでエントリを分ける (ヽ’ω`)

※2013/07/30追記
よくよく考えてみると、VMwareでもVirtualBoxでも他に共有フォルダを使用しないのであれば、
その手順を省いてwgetでサーバー上にopencmsを直接ダウンロードした方が楽かも。

やっぱりCMSを自サイトに入れないと駄目かな(´・ω・`)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



元々adsenseをクリックしてくれる人なんてほとんど皆無なので
Google サイトでの AdSense 掲載終了について
ってことになっても特に影響があるわけでもないけど、
利用してるサービスで今まであった機能が制限されたり条件が悪化すると
途端にやる気を失う質なので、Googleサイトからの撤退を決意(`・ω・´)

Adsenseが終了するということも原因の一つだけども、それよりも
|ω・`)。oO(Googleサイトも永続的なサービスじゃねぇな…)
という予感というか印象が撤退の決意を促した感じ。


shgadget-for-gsの機能追加と修正は終えた。
もうちょい直したり機能追加しようかと思ったが先細りが見えてるので
これ以上頑張ってもしょうがない(ノ∀`)

一応画像の簡易記法とかも追加した(・∀・)


取り敢えずデータのダウンロードはしたので後はCMSを頑張ってVPSで構築するか、
他の移転先Webサービスを探すべきか…むぅ(´・ω・`)

adsense終了の実施は一ヶ月後だけど、更新意欲を失った今、
公開したままにするのもなんだし自分だけの限定公開にした。

もう削除しても問題はないんだけども。
後でデータの取り損ね発覚とかがあると嫌なので(ノ∀`) ヨクヤルシ