最近読んだもの


最近は無料配信や99円本ばかりを漁ってる。
故にほとんど一巻までの内容しか知らない(ノ∀`)


百鬼夜行抄 今市子

妖怪物が好きなら気に入るのではないだろうか。
第一話目がパイロット版で第二話とで青嵐と父親の話が
違っていて戸惑った(ノ∀`)
巻末のあとがき漫画にそれに関する記述があったけど。

主人公に関わらない人間は結構呆気無く死んだりするので
その辺のイメージ的には恐怖新聞やうしろの百太郎に近いw

昔ドラマ化したのを観た記憶がある。
まあまあ面白かったような。
青嵐役が渡辺いっけいだったので、原作を読んでみて、
|ω・`)。oO(なんかちょっと違うわぁ…)と思ったり。
演技的には問題なかったけどもw

機会があれば続きを読みたいところ。
ブックオフで100円くらいで売ってたりしたのを見かけたな。


教艦ASTRO 蕃納葱

ジャンルとしてはいわゆる「学園モノ」だが、メインとなる舞台は教室でもグラウンドでもなく職員室。メインの登場人物も全員教師で、レギュラーの生徒が存在しないなど、徹底して生徒の出番が少ない。文化祭、体育祭、修学旅行などの各種学校行事についても同様であり、舞台として描かれるのは会議や事前準備、終了後の打ち上げ等、生徒の目に触れない場面である

まあまあ面白かった。休載状態で1巻しか出てないらしいw
作者のページを見に行ったけど、今も活動しているのかどうか不明。


賢い犬リリエンタール 葦原大介

基本的にジャンプ漫画は銀魂くらいしか興味がないから買わないのだけれども、
100円で、なんかリリエンタールの間抜けそうな顔が良かったので買うたった。

万人に勧められるような面白さではないけど、こういうの好き。
リリエンタールのキャラが微妙に金色のガッシュのガッシュベルに似てるような。
設定というか話の構造も微妙にかぶってる?
wikipediaを見たら三巻くらいで終わってる模様…(´・ω・`)

ネタバレが嫌なので詳しくは見て来なかったけど…バトル物になってたらどうしよう。
これも続きが読みたい(・∀・)


Mission! スクール 大見武士

ローションエロ漫画というかエロ・ローション漫画というべきか
はたまたエローション漫画というべきか悩むべきところではあるが、
ローションを主体としたエロ漫画と八月薫のような読者投稿のHな体験談漫画を
描いてる人が描いた非エロ漫画。

軍隊技術を叩きこまれた女子高生軍団の中に放り込まれた主人公の満ち足りた
毎日というかミリタリーな毎日を描いた内容?

ぼちぼち面白かった。

読者投稿の漫画では表表紙と裏表紙の漫画で色々と毒づいてたが
この漫画ではそれほどでもなかった。ただのあとがき風。


大飢饉 本宮ひろ志

うーん(;^ω^)
なんで八重は秘伝の法を最初からやらなかったんだべか。
やはり汚されたことを苦に死にたかったんやろか。
まあ兄一家もあれで幸せだった世界が崩壊してしまったから
消えたかったんかな。全員は生き残れそうになかったし。
だから蘇助達の血肉となりたかったんかな(´・ω・`)

一つき半次郎はまあ良いとしても、
かん太郎物語は何が描きたかったのかよくわからないw
はみだし海軍もうーん(;^ω^)

何とも言えない一冊だったw


すんドめ 岡田和人

ナナとカオルのようなアブノーマル系のエロ漫画や(・∀・)
と思ってdmm半額セール等を利用して結局全巻購入した。

読み進んで行った時の俺氏の状況 ↓

エロです(・∀・)
エロですけど(・∀・)
エロはエロだけど(・∀・)あれ?
エロだけど…(´・ω・`)もしかして…
エロだよ…エロだけど…(´・ω・`)なんか嫌な予感…
エロだけど純愛だけど…・゚・(ノ Д`)・゚・ヒィーン

非常に倒錯愛作品であり、それでいて純愛作品やった(´・ω・`)
英男の心情を考えれば切なすぎて胡桃の心を思えば哀しすぎて(´;ω;`)
ちょっと余韻が残る作品。ただクライマックスシーンを受け入れられるか
どうかで判断は変わるだろうw

サブキャラが幸せになったのはせめてもの救いかな。
教科書にないッ!を最後まで読んでないのであっちも読もうかな。
あっちは明るい終わり方をすると信じてる。

今は引退してしまった鈴木茜が胡桃役で実写化されているらしい。
機会があったら観てみたい(・∀・)


天より高く 宮下あきら

魔界に居る大魔王の息子・ソラは兄・ヨミとの跡目をめぐって対立していた。そんな兄弟に、下界に降りて、ある条件をクリアした者に跡目を継がせると父は言う。その条件とは、「大和撫子を見付けて来い!」。かくして兄との家督相続争いが始まった・・・

5巻まで読んだけど可もなく不可もない、いつもの宮下あきら漫画だった(ノ∀`)
続きは…割りとどうでもいい(・∀・)

ボギー THE GREATとかは好きだったんだけどなぁ。
男塾もまぁまぁ好きだった。
BookLiveで5巻まで無料配信してた時に久しぶりに読んだ。


シブすぎ技術に男泣き! セミコン見ル野

絵はあれですな。期待していたほど、技術の取材内容が深くなくて
ちょっとガッカリ感は避けがたい。

でも本人が携わった機械の話や体験談のパートは面白かった。
2巻まで出てるらしい。


スラム団地 松田奈緒子

団地がまだ真新しい物だった時代に団地へと引っ越した
作者の思い出話漫画。

正直期待しないで読んだんだけども、結構面白かった(・∀・)
年代的にもまあまあ近いからというのもある。

これはもうちょっとエピソードがあって、親世代からの視点での
エピソードもあったら、野田ともうします。みたいな形でNHKで
ドラマ化しても良かったんじゃないかなと思った。
若い人には通じない内容だろうけどもw


信長のシェフ 梶川卓郎

戦国自体にタイムスリップしたシェフの話。

まあまあ面白かったけど続きは特に気にならないw
これだったらへうげものをきちんと読んでみたい。

ドラマ化されてたけど、ゴリが嫌だから観なかった記憶が。
もうドラマに吉本芸人を使うのやめようぜ( ´・ω・)


極道めし 土山しげる

正月まであと1か月となった浪速南刑務所・雑居房204号室では、正月になると特別に出るおせち料理の話で盛り上がる。そこで、部屋の長老格である八戸伍三郎の提案により、今年もおせち料理の争奪戦が開催されることになった。その闘いに勝利すると、部屋の各人のおせちから好きなものを1種類ずつ取れるというもの。その勝負とは、今までに一番旨かった食い物の話をして、その中で一番旨そうな話をした者を勝者とするというもの。クリスマス・イブの夜、勝負が始まった。

面白いっちゃ面白いけど、そんなに続きは気にならないw
全10巻らしいけど、どんだけ話を伸ばしたんだw

二回戦三回戦とかを別の日にやったんだろうか。

映画化されてるけど特に観たくないw
huluで配信されてたら観てみてもいいけど、
他のことをやりながら観そうw


禁煙はじめました 伊藤三巳華

禁煙エッセイ漫画。
まあ面白いといえば面白い…かな?

多分これは喫煙者で禁煙したことがある人、
禁煙しようと思ってる人、卒煙した人、
スリップした人向けの作品かな。

日頃は吸わないけどたまに喫煙者の友達と会った時や
飲み会で吸ったりすることもあるので自分は喫煙者と
言えば喫煙者であり、禁煙中というか禁煙体験者なので、
まあ過去の自分の経験と重ね合わせて楽しむ感じだったかな。

禁煙日記なのである種の依存症になったことがない人には
あんまり作中の作者の苦闘はよくわからないかもしれないw


うちのコ柴犬 影山直美

柴犬飼い主のエッセイ漫画。

こっちは結構面白く読んだけど、もう一つの
創作漫画の柴犬三丁目の方は微妙。
最後まで読んでない。


だしの取り方 北大路魯山人

6pくらいの内容。
美味しんぼで書いてあったことはこれに書いてあることまんまやんか(・∀・)


ごんぎつね 新美南吉

これも短編だった。
何となく新美南吉が過去にこういうイタズラをやって
その罪悪感を持ち続け、作中で自分であるゴンが撃ち殺されることによって
贖罪を果たしたのではないかと思ったが、きっとそんなことはないだろう(・∀・)

( ゚Д゚)ハッ ごんが食材を運んでいたのは贖罪の為なのか…( ;・´ω・`)ゴクリッ


歯車 芥川龍之介

読み終わった後で思い出したが、これ芥川龍之介の遺作だったな。

昔読んだけど全然記憶に残ってなかった。
ついでに言うとやっぱりようわからなかった(・∀・)
壊れていってる感じはわかるけど。

実際に義兄の死に触発されて死んだんかな。
そういう意味では私小説風か。

気がつけば、芥川龍之介も大分年下になったな(´・ω・`)