月別: 2013年9月

『銀座の恋の物語』『幸福のスイッチ』他を観た


銀座の恋の物語

( ´・ω・)あれ?この映画のwikipediaの項目がないような…

開始時の設定は以下のような歌謡メロドラマ。

伴次郎はジャズ喫茶のピアノひきの宮本と一つ部屋を仕切って同居する絵かきで、「銀座屋」の針子秋山久子を愛していた。そして二人は一緒に考えた“銀座の恋の物語”を大事に胸に秘めていた。

銀座の恋の物語

1962年3月4日公開て生まれてもないわ(´・ω・`)
久子が両親を空襲で亡くしてるとか言ってたな、そういや。

凄く面白いかと言えばあれだが、昔の映画であることを踏まえて
劇中内の風俗などを楽しめられるなら、ぼちぼち面白い。
ベタベタでした(・∀・)

江利チエミの役って後付というか本質的部分には必要ないような。
深江章喜が演じた沢村って江利チエミに話しかけて逃げてから
その後出てきたっけ?うーむ覚えていない。


幸福のスイッチ

「イナデン」は地域の人達に親しまれている、『お客第一・儲けは二の次』がポリシーの小さな電器屋。三姉妹の真ん中・怜(上野樹里)は、母が亡くなるまでもそれから後も、家族よりお客からの修理依頼などのアフターサービスに尽くす父・誠一郎(沢田研二)の姿がどうしても我慢できず、反発して上京した駆け出しのイラストレーター。だが肝心の仕事でも上司と衝突し、とうとう会社を辞めてしまう。そんなある日、怜のもとに現在妊娠中の長女・瞳(本上まなみ)が倒れて入院したとの手紙が、三女の香(中村静香)から届く。

いいお話系だけどあんまりあわなかった(ノ∀`)
上野樹里や三女役の中村静香はまあ良かったけど…
ほんじょさんは昔よりは上手くなった感じはしたけど
妊婦さんがあんな俊敏に動いても大丈夫なんだろうかと思った(ノ∀`)
沢田研二もうーん(´・ω・`)
結構前に亡くなった深浦加奈子も出てた。

中村静香の太もも鑑賞映画だと言われたらそうかもしれない(*´・ω・)


やればやれるぜ全員集合!!

日陰村。村の鼻つまみものの(ドリフの)五人は賽銭泥棒をしているが、収穫は300円そこそこ。五人はケチな泥棒はやめ、大志をいだいて東京へ出ることにする。 ヒデ(加藤茶)は小学校以来の先輩・長吉(いかりや長介)には頭が上がらない。
 一年後、港湾労務者として働く長吉とヒデの二人の姿があった。二人のマドンナは食堂で働くみっちゃん(松尾嘉代)とリカ(木の実ナナ)。

http://www.asahi-net.or.jp/~hi2h-ikd/film/morisakidata/cr000030.htm

前に観たバス会社と鉄道会社に別れて対立する「なにはなくとも 全員集合!!」は
どちらかと言うと微妙だったけど、これはぼちぼち面白かったかな(・∀・)
色々とハチャメチャだったw 木の実ナナの顔がなんか違うような気がした。

今の加藤茶の現状を思い返すとなんだか哀しくなったが(´・ω・`)


どら平太

或る小藩。ここでは、町奉行が不明瞭な辞職を繰り返していた。そんな矢先、江戸から望月小平太なる新任がやってくる。ところが、その男には振る舞いの不埒さから_どら平太_という渾名がついていた。実際、着任する筈の期日を10日も過ぎても、彼は奉行所に出仕しない始末なのだ。

http://movie.walkerplus.com/mv31640/

話の筋自体はいいし役所広司もいいんだけれどもなんだか微妙な仕上がり。
出てる人も有名どころなんだけどなぁ…

2000年公開の作品だったから松重豊も若かったw
浅野ゆう子は合ってなかった感じ。鶴太郎もなぁ…(´・ω・`)

なんで浅野ゆう子演ずるこせいが夜鷹に追われて逃げ込んだ時に
悪者は抜け荷のことをあんなにもペラペラと話したのかは謎w

平太を室内で襲撃した時の人数多すぎw
技の変なスローモーションは浮き過ぎw

なんか平太をスーパーヒーローにし過ぎなところも駄目だったような。

関係ないが三匹が斬る!の千石のスピンオフとか観たかったなぁ…


キネマの天地

浅草の帝国館で売り子をしている田中小春は、旅回りの役者だった父喜八と二人で長屋で暮らしていた。ある日、松竹の小倉監督の目にとまり、蒲田撮影所を訪れたところ、いきなり端役に駆り出された。しかし、その演技がうまくいかず落胆して父の下へ帰る。そんな小春を助監督の島田が迎えに来たことから、気を取り直して撮影所に就職することになり、大部屋女優として出発する

この話は結局誰が主人公なんじゃヽ(`Д´)ノ

まあ

松竹大船撮影所50周年記念作品。この映画製作の契機としては、東映出身の深作欣二が『蒲田行進曲』(1982年。つかこうへい原作・脚本)を撮ったことを野村芳太郎プロデューサーが無念に思い、松竹内部の人間で「過去の松竹映画撮影所」を映画化したいという思いがあったという。

ということなので、ストーリー自体はどうでも良かったのかもしれないw
全般的に全てが新しくて最初は戦後の話かと思って観てた。

出演陣は豪華だった。まあ豪華なだけだったとも言えるが。
松本幸四郎の浮き具合がなんとも言えぬ。
作品自体はいまいちな感じがする。

よくよく考えてみると松坂慶子と平田満は蒲田行進曲と
こっちの両方に出てるんだなw

一応の主人公である田中小春は藤谷美和子が演じる筈だったが、降板したらしい。
代わりに採用されたのが有森也実。可愛いけど、なんかあんまりトップスターとか
メインの女優のイメージがないな、この人。wikipediaを観るとちょこちょこ出てるみたいだけど。

いまいち中井貴一の演じる島田というキャラの必要性がわからなかったなぁ。
出川哲朗が出ていたらしいが見逃した(ノ∀`)

途中で出てきた富士山の見えるゴルフ場は眺めが良かったな(・∀・)

まあでも渥美清と倍賞千恵子が兄妹役じゃなくて絡んでいたのが
観れたので良かったということにしよう。