月別: 2013年10月

そうかv2は有料なのか(´・ω・`)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


64進数変換等を復元した。
http://molehill.mole-kingdom.com/programming/Sample/Java/

一応JTextComponentMouseAdapter以外は動作の確認までした。
FakePasswordFieldDialogやImageSelectPanelで何故かコードに間違いが(ノ∀`)

BitlyはAPIが新しくなった記憶があるので多分動かないと思い、復元せず。
いつか新たに挑戦してみるか。

GoogleTranslateAPIはv2になってから有料になったようなので復元せず。
ライブラリも新しくなっていたので一応コードはエラーが無いように直してみたけど、
それを試すだけの為に課金はしたくない(・∀・)
100万文字で20ドルってどういう計算なんだろ?
100万文字に到達したら20ドルなんだろうか?

$20 per 1 M characters of text, where the charges are adjusted in proportion to the number of characters actually provided.

Pricing – Google Translate API — Google Developers

チャージは実際に提供される文字数と比例して調整される…?
上記のレートで従量課金なのか?よくわからない(ノ∀`)


やっぱりコードとかいじくってるほうが面白いな(・∀・)

え、なにこれ、どういうこと Σ(;ω;`≡´;ω;)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



ファミコンウォーズDS 失われた光

ファミコンウォーズDSの新作(・∀・)?と思ってリンクを踏んだら
『2013年クラブニンテンドープラチナ会員特典!』ってなんだよ…_| ̄|○
これを先に知っていれば…

日本語版販売がされてなかったファミコンウォーズDS2を日本語化というか
設定変更して日本語表示出来るようにしたやつ?

言うてはなんだがファミコンウォーズDSを愛するコアファンは
確かにいるけど、絶対数は少ないはずだから、こういう形より、
通常のダウンロード販売の方が…良いんじゃ……ないか…な……って
一般的ゲーマーな俺氏は思うんだ…・゚・(つД`)・゚・

せめて2本で1本プレゼントに入れてよ…_| ̄|○

これってプラチナ会員がダウンロードしたDSを
強奪するしかやる方法はないよね…(ヽ’ω`)
日本各地でDQ2カツアゲ事件とかアイスソード強奪事件の惨劇が
繰り返されても知らんで…・゚・(つД`)・゚・

ふと思ったんだけども、テンバイヤーの中には転売行為で溜めたポイントで
クラブニンテンドーの会員特典をダウンロードした3DSとかを売ったりしてんのかな?
そんなことをしなくても権利というかダウンロードコードだけを売ったりしてんのかな?

まあでもそういう入手はしたくないしなぁ…(´・ω・`)

※追記
『ファミコンウォーズDS 失われた光』がクラブニンテンドーの景品として2014年5月より配信 ― ネット対戦やオリジナルマップでのプレイも

その『ファミコンウォーズDS 失われた光』が、突如としてクラブニンテンドー2013年のプラチナ特典として登場。そればかりでなく、2014年5月からは800ポイント(予定)で交換可能と発表されています。

ヒャッハーヽ( ・∀・)ノ
でも800ポイントってかなり高いハードルだよねw
プラチナ会員二年分…( ;・´ω・`)ゴクリッ
でも取り敢えず正規の方法で入手出来るからいいな(・∀・)


Internet Archive が「歴史的ソフトウェアコレクション」を公開、ブラウザ内エミュレータで直接起動

家庭用ゲームやアーケードゲームもいつかこんな形やエミュレータで
合法的に出来る日が来れば…(・∀・) ゲームも本みたいに著作権が切れたら、
自由に利用出来るようになったりするんだろうか?
そうだったら「青空ゲームセンター」が出来るんだろうけれども。

シャープ、画面に触れず操作可能なタッチパネルセンサー開発

どんどん非接触というか動作キャプチャ系になっていくのかな。


GoogleがMotorolaを買った理由はこれか? オープンな組み立て式スマートフォン・プラットフォーム「Ara」発表 ハードウェア版Androidを目指す

これ面白いなぁ(・∀・)
かつて自作PCみたいになったら面白いけど、どうだろうか。

「Google+」、写真機能を強化–「Hangout」も改良

へー、ごっぐるってキャンプ系のサービスなんかやっているのか(・∀・)
と思ったが、「飯盒」じゃなくて「ハングアウト」だった件(´・ω・`)

Google+をやめてから、あんまりスマホの写真を攝らなくなったな、そう言えばw
そのうち復帰だと思いつつ、家から出ないからあんまりやる気にならないなぁ。

グーグルが国内外テレビ番組の有料配信を開始、民放は日テレやTBSなど4局が供給

ほぅ(・∀・)
「泣くなはらちゃん」あるかな?


アマゾンが『Kindle 連載』を開始。単行本化前から一冊分完結まで定期配信

これは面白いなぁ(・∀・)
こういうので週刊連載とかに耐え切れなくなった中高年漫画家や良い漫画を描いていて
ファンは居るけども連載枠争奪戦に敗れた漫画家達が出版社を通さずに連載を
すればいいのに。

鳥山明とかもこういうのでまったりと好きな話を描けばいいのになぁ(・∀・)

米アマゾン、購入した本の電子版を大幅値引きする新サービスを開始

ユーザーが紙の書籍を購入すれば、同じタイトルの電子書籍が2.99ドル、1.99ドル、0.99ドルあるいは無料で購入が可能になり、Kindle製品やPCやタブレット端末で読むことができる。また、1995年までさかのぼる購入履歴の書籍に関しても対象。

凄いのぅ。日本でもやんないかな。
日本の電子書籍サービスも出版社と連携してこういうのやればいいのに。
もしやるなら、実際の本も売ってる紀伊國屋とかコンテンツを持ってる
カドカワのところかね(´・ω・`)?

出版社と連携して電子書籍を購入した人が紙の書籍を購入する場合に
幾らかの割引があるようになったら、もっと良さそう(・∀・)

フランス政府、Amazonから独立書店を保護するため法律を改定

フランス政府の言うこともわからないこともない。
AmazonってEU諸国でも税金逃れみたいなことをしてるのかな?
だとしたらこういう法律改定が今後も続いたとしてもしょうがないだろうな(・∀・)


そういえばちょろっと前に、余りにも使ってなかったのでDTIのServersManを解約した。
それなのになぜかDTIからそれ絡みのメールが昨日届いた。
利用をやめたのになんでメールが来るんだよヽ(`Д´)ノとメール配信停止URLに行き、
ログインしようとしたがログイン出来ない。パスワードを忘れてしまったのかと
連絡先メールアドレスに受信したメールアドレスを入力して送信ボタンをクリックすると

入力されたメールアドレスがDTIに登録中の連絡先メールアドレスと異なっています。 もう一度ご確認いただきお試しください。

というエラーが。(´・ω・`)?登録されていないのにメールがなんで来るんだろうか。
何度試してもうまくいかないので取り敢えず寝た。翌日起きてみると
「【DTI】メール誤配信に関するご報告とお詫び」というタイトルのメールが。

2013年10月29日(火)21時頃、これまでに私共のServersMan SIMサービスを
ご契約いただいておりましたお客様に対し、ServersMan SIM LTE 100の
新機能に関するご案内メールを誤って配信してしまいました。
突然のご案内でご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申しあげます。

あー(・∀・)って一瞬納得したものの、ふと思った。
「なんで解約した人間のメールアドレスを保持し続けてるの(´・ω・`)?」

本人の氏名等が入っていないメールアドレスは個人情報に当たらないらしいけど、
それでもそれに近いものを保持し続けるのは企業倫理的にどうなんだろう。
仮に法律なり企業の方針として個人情報またはそれに類するものを保持し続けてる
としても、それが通常の運用で触れちゃうのは明らかにおかしい。

少なからず今回のようにスパムを誤送信してるわけだし、これからも”うっかり”
送信してくるかもしれない。退会する時に強制アンケートに答えないといけない
ような会社だから信用出来ないなぁ(´・ω・`)

まあ何にしてもServersManのエントリは非公開にしよう。
つーか削除でいいのか(ノ∀`)
ついでに古い非公開エントリとかも整理しようかな。

『カルメン故郷に帰る』『東京公園』他を観た

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



カルメン故郷に帰る

上州北軽井沢の浅間山のふもとの村で育った娘・おきんは、家出をして東京に出、リリィ・カルメンという名のストリッパーになっていた。彼女は男性たちを魅了する裸踊りを芸術だと信じて疑わない。とある初秋に、おきんは同僚の踊子・マヤ朱美を連れて故郷へ錦を飾りに帰ってくる。

フィルムも国産の物を使用した完全な日本初のカラー映画だったらしい。
ポスターにも総天然色映画と銘打っていて、クレジットタイトルには
富士フィルムの名前が出てた。

全編通して青空(青)と高原(緑)、馬(茶)という感じで映像というか
色的に綺麗だった。

佐野周二や佐田啓二は出ていたけど脇役かなぁ。
リリィ・カルメン役の高峰秀子や丸十役の見明凡太朗ですら、
脇役のような気がしないでもない。

坂本武演じる青山正一と笠智衆演じる校長先生の会話が全てかもしれない。

コメディと言えばコメディで大団円を迎えるんだけども、
観終わった後はなんだか物哀しい気分になったなぁ…(´・ω・`)


東京公園

なんだこの糞映画は…( ;・´ω・`)ゴクリッ
久しぶりにオサレな感じに整形した糞を手づかみしてしまった気分…_| ̄|○
前回だったか、前々回の微妙と言っていた作品ですら、かりんとうに思えてくる。

こんなオサレを目指して全然オサレじゃない映画を放映するなら
『永遠の僕たち』をやってくれればいいのに…
あっちの方が圧倒的に綺麗でオサレで文学的だ。
この映画同様にお化けが出てくるしw

これ一本でデビルマンに成れるくらいの苦行だった (ヽ’ω`)


フーテンの寅

何か違うなぁと思っていたら、

今回は前作に代わって山田洋次から『時代屋の女房』『美味しんぼ』などの森崎東が監督している。

ということか。でも脚本は山田洋次なんだよなぁ。

恋敵ではない、いわゆる寅さんが手助けするポジションの信夫は
どっかで観たなと思ったら河原崎建三だった(ノ∀`) 
『喜劇・女は度胸』で渥美清と兄弟だった学やないか(・∀・)

と、他のページを見てたら、今作の監督の森崎東って
『喜劇・女は度胸』の監督だったということを知ったw

染奴の家に訪れた時の一言や、最後の方の徳爺役の左卜全の台詞で吹いたw
なんとなくさくらの影が薄い回だったかな。


間宮兄弟

つまらなくはない。面白いかというと面白いと言うほどでもない。
でも嫌いじゃない感じ(・∀・)

女優陣も常盤貴子、沢尻エリカ、北川景子、戸田菜穂と好き嫌いはともかくも
皆若くて瑞々しい。女優というべきかわからないが中島みゆきも間宮兄弟の
お母さん役で結構出てた。

佐々木蔵之介も今みたいな変な笑顔や演技ではなく、塚地もぼちぼちな感じ
だったので離脱せずに最後まで観ることが出来た(`・ω・´)

BGMで誤魔化してる感も否めないが、『東京公園』よりはオサレな感じがしたw

森田芳光監督作品は他に『メイン・テーマ』と『模倣犯』しか知らないが、
これが一番マシだと思った。

まあしかし、中年でこんなに仲の良い兄弟っているのかねぇw?


赤い夕陽の渡り鳥

シリーズ四作目。二作目三作目を観てないので話がわかるか心配だったが、
この作品シリーズって一話完結というか、基本的に舞台と設定は変わるけど
ヒーロー=小林旭、ヒロイン=浅丘ルリ子という部分だけが変わらないようだw
実写でこの作り方は凄いw 途中で交代したりしてるようだけれども
悪役で登場して最終的に仲間になる=宍戸錠や金子信雄、白木マリや中原早苗と
脇役陣も何作か出演している。

一作目の『ギターを持った渡り鳥』に比べて西部劇っぽさが増してる気がするw
小林旭演じる滝伸次は馬に乗って現れたけれど、50年前の地方だったら、
もしかしたら普通だったんだろうか…( ・´ω・`)

まあ何にしても違う意味で笑えた(・∀・)

ぼちぼち復元中

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



eclipseでのgithubからのimport~maven build~ライブラリの追加
DevQuiz絡みを何ページか復元した(`・ω・´)

2-legged OAuthは動作確認してないけど、パックマンシミュレータ、
パッチワークや漢字変換サーバの動作確認した。漢字変換サーバはGAEに上げ直した。
一瞬桁もアルファベットに変換挿入されることを忘れていて焦った(ノ∀`)

1.5点しか取れなかったスライドパズルのページが無いような…( ;・´ω・`)ゴクリッ
一応公開していたようだけども、ページのバックアップがないな。
コードは一応残っているけど、これは参考にしたコードなのか
改変したコードなのか不明だな…


そう言えばDevQuizって2011年が最後なのか。
DevFestとかもないんだっけか。GDDのサテライトかなんかを
京都の方でやっていたような気がしたけれども、あれは違うか。

何にしても色々懐かしい(・∀・)
でもまだ2~3年しか経ってないのか…