『麻雀放浪記』を観た


麻雀放浪記

原作は二巻くらいまで読んだような記憶があるがあんまり覚えてない。
作品の雰囲気を活かすためにわざとモノクロにしたらしいけど
見やすい映像だった。

原作を読んでいたからより一層面白く観られたのかもしれないが
読んでなくてもそこそこ楽しめるかな。

ドサ健(鹿賀丈史)とまゆみ(大竹しのぶ)のラブストーリーのような気が
しないでもないが、メインストーリーは博打打ちの話である。
ドサ健もげろ(・∀・)


相変わらずの人の顔認識能力の低さゆえに坊や哲が最後まで誰だか
わからなかった(ノ∀`) 真田広之であったか。

上州虎役の名古屋章、女衒の達の加藤健一、出目徳の高品格と
脇役陣も素晴らしい。ドサ健も素晴らしいが彼は脇役なんだろうか
という疑問がないこともないw

というか坊や哲が主人公なんだろうかという疑問を呈すべきかw

出目徳役の高品格が出てきた時は思わず「牛さんじゃねぇかΣ(゚∀゚;)」と
声が出た。長七郎江戸日記の牛吉役も好きだったのでちょっと嬉しかった。
wikipediaの項目を見たら、元ボクサー?
しかも「嵐を呼ぶ男」でボクサー崩れの用心棒役で出てた…だと…( ;・´ω・`)

女衒の達役の加藤健一も雰囲気がいいのぅと思って他の出演作を
見てみたが「蘇る金狼」に松田優作演ずる朝倉の同僚として
出ていたらしい。まあ同僚役って数シーンくらいしかないから
先に知っていたとしても気づかなかったかな。
関係ないけどゴウライガンのガンさん人間体はこの風体に似てるw
まあこういう任侠風に似せたんだろうから当然か。

オックスクラブのママ役の加賀まりこは基本的には良かったけど、
坊や哲に積み込みを教える時の牌めくりのたどたどしいところは
どうにかして欲しかったかなw

冒頭の博打シーンで内藤陳や天本英世が出てた。
他にもクマさんこと篠原勝之や笹野高史が出ていたようだが
気付かなかったなぁ。


「晴れ、ときどき殺人」を観た後だったので、
『「晴れ、ときどき殺人」、糞つまんなかったわ(´・ω・`)』

二の二の天和(`・ω・´)!!
という脳内連想が自然発動したw

ラストの方で「奥さんカワイソス、これからどうやって生きていくんだろ( ´・ω・)?」
などと思いつつも、上州虎と再会し皆で喜楽荘へと向かって行くシーンで
青春映画のような清々しさを感じてしまった(ノ∀`)

何故かDVDがブルーレイ版より高いw