よくわからないが「Google サイト運営者向けプラグイン(ベータ版)」を入れてみた(・∀・)


Google ウェブマスター向け公式ブログ: サイト運営者様向けの Google サービスを WordPress から利用が可能に:Google サイト運営者向けプラグイン(ベータ版)

この度、 WordPress の管理画面からサイト運営者向けサービスをご利用いただける Google サイト運営者向けプラグイン(ベータ版)の提供を開始しました。

独自のドメインで WordPress を運用されている場合 Google サイト運営者向けプラグインをご利用いただくと、WordPress の管理画面から一部の Google サービスにアクセスすることができます。

なんかよくわからないがWordPress側からAdsenceのデータと
Webマスターツールのデータが見れるのかなって思って入れてみた(・∀・)

だがしかし入れた後でよくよく読んでみたら、

・Google AdSense: ウェブサイトに広告を掲載し、ウェブサイトを収益化するサービスです。Google サイト運営者向けプラグインを利用すると、ウェブサイトに簡単に広告を掲載することができ、HTML コードを手動で編集する手間を省けます。

・Google ウェブマスター ツール: Google 検索におけるウェブページの視認性について詳しいレポートを作成するツールです。新しいプラグインを利用すると、ワンクリックでウェブマスター ツールを使ってサイトの視認性を検証できます。

ということでAdsense公式の自動バナー挿入機能とWebマスターツールを
呼び出すだけみたい(ノ∀`) まあ0.1.0だからそのうち機能が追加されるのかな。


“Google Publisher Plugin (beta)”というのがそれらしい。
pplugin01

入れた後にプラグインを開いた。
pplugin02

<広告の管理>ボタンをクリックすると、こんな感じで挿入部分の提案が。
pplugin03

公式プラグインで管理するなら既存のバナーを削除してねと言われる。
これはAdsense Managerプラグインで入れたんだっけかな?
うちの場合ではamazonのバナーに対しても挿入出来るよという提案アイコンが
出ているけど、他のアフィリエイトをやっていたら、それに対しても出るんかな?
pplugin04


取り敢えず入れただけでそれ以上は何もしていない(ノ∀`)