『ちりとてちん』 他 を観た

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



ちりとてちん

んー、そこそこ面白かったかな(・∀・)
朝ドラとしては面白いと感じられる部類だと思うけど、
それほどははまらず観てない回も結構有る。


はまらなかった最大の理由は最後の最後までB子こと和田喜代美(貫地谷しほり)が
好きになれなかったからw 貫地谷しほり自体は別に嫌いじゃないんだけども、
B子のウジウジ感がどうしても好きになれなかった(ノ∀`)
一応朝ドラのヒロインとしては珍しい前向きじゃないキャラというのが売りだった
みたいだけども受け付けなかったw 

だからというわけでもないけど、C子こと、野口順子(宮嶋麻衣)が良かったな。
ファイナリストだったんか(・∀・)

卒業から半年ほどして受けた2007年後期のNHK連続テレビ小説『ちりとてちん』のヒロインオーディションで、最終選考の3人に残るものの落選[7][4]。しかし、後日演技力を買われてヒロインの親友役としての起用を告げられると、優柔不断なヒロインを叱咤激励するしっかり者の親友・野口順子を演じて存在感を示した。

A子も悪くなかった。
A子役の佐藤めぐみって「ピーナッツ」に出てた女の子だったんかΣ(゚∀゚;)


2つ目に挙げるとすれば、B子の母親の和田糸子(和久井映見)の存在。
和久井映見自体は好きだが言ってることが異常過ぎるところがあったり、
キャラの人格に連続性がない感じがしてイマイチ。製作者側には
都合が良すぎる存在というか。あと五木ひろしが何度も出てくるので
興ざめしてしまう。やはり現実を混ぜるのは程々にしないといけないと
思った。もっと完全なコメディならそれでも良かったんだろうけれど。

3つ目は草若退場以降の話がつまらない。朝ドラ基本路線の女一代記っぽく
するためには年代ジャンプして木曽山とかの弟子話を入れる必要があったんだろうけど、
その辺がつまらないのがどうもなぁ(´・ω・`) あと徒然亭一門のキャラは良くて
面白かったけど、脇役陣が微妙だったのもイマイチだったな。
やっぱり朝ドラは長すぎて時間の割り方が違うし、脇役も沢山出てくるから、
その辺の間延び感や内容が薄くなる期間が発生してしまうんだろうか。


草原(桂吉弥)、草々(青木崇高)、小草若(茂山宗彦)、四草(加藤虎ノ介)の
徒然亭一門は良かったな(・∀・) この四人達が集まって草若(渡瀬恒彦)を
翻意させて一門が復活する流れは面白かったので、この辺りに関しては
人気があった理由が理解出来る。土佐屋尊建役の波岡一喜もいい感じで
悪役っぽいポジションを好演してて良かったw

キャラとしては四草と小草若が好きだったな(・∀・) ソコヌケニ~カケマスカ?

小次郎(京本政樹)と緒方奈津子(原沙知絵)は何か微妙だったかな。
和田秀臣(川平慈英)は意外と上手かったw 「吾輩は主婦である」での
演技しか知らなかったから少し驚いたw


徒然亭一門の部分だけなら普通に面白いドラマだと思った(・∀・)
「タイガー&ドラゴン」を観ていなかったら、もう少し評価は高かった
かもしれないけど、やっぱり”朝ドラにしては”という冠付きになるかな。
やっぱりだれない朝ドラってないのかな。


ごちそうさん

第一話で観るのをやめたが、最後の方はちりとてちんを観たあとにチャンネルを
変えるのが面倒で観るつもりなく流していたのでなんとなく話を知ってる。

まあ、普通の朝ドラって感じだったなぁ。キムラ緑子が演じていた義理の姉か
なんかがいけずで人気があったらしいが、なんとなくわからないこともない。
最後の方の話はなんだかなぁと言った感じだったな。杏と東出昌大の演技は
まあ良かったんじゃないかなぁと思った。そんな感じ。


花子とアン

今のところ、「カーネーション」とじじいの間にやっているので観てる。
花役の子は頑張ってるとは思うが、話自体がちょっと。
無理にアンのストーリーとかぶせようとしているところがいまいち。
もっと普通に原作というか事実に基づいたドラマが観たかった。

女学校編になってともさかりえ(いけずキャラ)が出て来て
ちょっと盛り上がるようになってきたかも。ハリセンボンの春菜も
ツッコミどころとしては成立はしているw
吉高登場以降がどうなるかだな。


「カーネーション」って本当は「あまちゃん」の時に再放送されるはず
だったんだけれども、岡村役の河野智宏という人が強制わいせつで
逮捕されて流れた。それなのに、なんで放映可能になったんだろうかと
思ってぐぐってみたら、不起訴になったらしい。証拠不十分や冤罪と言う
記述があるんだけれども、なんかおかしいような気がする。

もしも河野智宏側に一切の非がなければ、マスコミ等で記者会見を
開いたり、最低でも文書を送って訂正を求めたりすると思うんだよね。
それ以降のテレビ出演もないみたいだし。
所属事務所も事件から4ヶ月弱経った辺りで社名変更をしてたりする。

2005年に株式会社NASAエンターテインメントとして発足し、2013年5月1日付で株式会社NEWS PROMOTIONに社名変更した。
NEWS PROMOTION

加えて言うと、被害者を美人局を複数回繰り返している悪質な女だと
実名を出して誹謗しているような書き込みがぐぐればヒットする。
なんかしつこく書いてる部分が京都教育大学集団準強姦事件の
被害者に対する誹謗中傷書き込みと似た感じなんだよね。

陰謀論好きの俺氏が脚本家だったら、

  1. 流れはともかくも強制わいせつ、少なくともわいせつ行為は存在した。
  2. NHKの大河ドラマ等にちょこちょこ出てるのでこのままだとまずいので大きな力が示談へと動く。
  3. それなりの金額の示談成立。
  4. 一段落したのでダーティーなイメージを払拭するために所属事務所は社名変更。同時に色々とケジメをつけさせられる。
  5. 示談で口を封じたので、関係者(ファンの女等)が被害者を誹謗中傷する書き込みをしたが全然火が点かず失敗。

という展開のドラマを書くね( ・´ω・`)

何にしても凄くグレーだなw