『ジャック・ハンター クリスタル・ロッドの謎』を観た

ジャック・ハンター クリスタル・ロッドの謎

まあ…劣化インディ・ジョーンズとか言ってしまえば簡単だけれども、本当の映画じゃなくてテレビ映画であり、予算が少なかったであろうことを考えたら頑張った方(・∀・)?

適当なあらすじ…というか冒頭の部分。

シリアの古代都市国家・ウガリットの秘宝にして恐るべき兵器であったクリスタルロッドと莫大な財宝はエジプトの侵攻時に行方がわからなくなっていた。その後も歴史上にも現れることがなかったことから、ウガリットの生き残りによって密かに隠されたと考えられていた。その隠し場所を示す詩をウガリット語で刻んだ石盤は現在、フランスの私立美術館に収められていた。トレジャーハンターのジャック・ハンター(アイヴァン・セルゲイ)は恩師である考古学者フレデリック(ショーン・ローラー)の依頼によって、その詩の撮影を依頼されたが…

その他の登場人物はフレデリックの助手であり、なんか怪しいリズ(スーザン・ウォード)、シリアで盗掘をしているリットマン(トゥーレ・ライフェンシュタイン)、リットマンの悪行を阻止しようとするアリ(Muhammed Cangören)とナディア(ジョアンヌ・ケリー)、頼りないシリア観光庁のタリク(マリオ・バッシル)等々。


序盤から終盤まで基本的に薄味なストーリー展開。一応格闘アクション、カーアクション、ガンアクションはあった。リズとの寸止めラブシーンもあった。ナディアはおっぱいがまあまあ大きいよね(*´・ω・) ステレオタイプなジャックとナディアの対立やら、一人脳天気なタリクとか一通りのお約束はこなしている。主人公のジャック自身が自らの好奇心の為に冒険に出るわけではないところは他のこの手の物とは違うかな。あと、最後の最後で「お(・∀・)」と思ったがこの作品だけでは完結せず、2へと続いてしまう(ノ∀`)

アマゾンのレビューを見てみたらこの続編ありきの制作手法に怒ってる人がいたw
確かにhuluやレンタルで観る分にはそれほどの痛手ではないので、特に気にはならないがDVDを買ってしまってたら、ぶち切れる気持ちもわからないこともないw

テレビ映画の為に日本語情報が少ない。上記の役名(役者名)はIMDbのデータを参照した。
評価は4.6。レビューで酷評してる人が居るなw
Jack Hunter and the Lost Treasure of Ugarit (TV Mini-Series 2008)


ちょっとネタバレ気味になるが、リズがずっとリットマンのスパイだとか、タリクがシリア政府の回し者でクリスタル・ロッドを途中で掠め取ると思っていて、すいませんでした(´・ω・`) ウタガッテゴメンナサイ

最後の方でリットマン達はどっから入って来たのかと思ったけど、彼らの正規の入り口から入って来たのだろうか? だとするとあの通路ってそんなに重要じゃないのか?


取り敢えず2と3を観てみるか(´・ω・`)