『ジャック・ハンター2 失われた砂漠の秘宝』を観た

ジャック・ハンター2 失われた砂漠の秘宝

テレビ映画「ジャックハンター」シリーズの第二作目。一作目で見捨てなかった人なら十分に楽しめるのではないかというか楽しめた(・∀・)

一作目に較べてジャック・ハンター(アイヴァン・セルゲイ)、ナディア(ジョアンヌ・ケリー)、タリク(マリオ・バッシル)の三人に慣れたのかあるいは愛着が生まれたからかもしれないw

他の主な登場人物は1から引き続き登場の敵のリットマン(トゥーレ・ライフェンシュタイン)、エジプトで発掘作業を行っている考古学者にしてジャックハンターの元恋人・リナ・ハルストム(アライナ・ハフマン)、トレジャーハンターを嫌う遺跡の管理者・サイード(Tuncel Kurtiz)等々。リズ(スーザン・ウォード)はちょい役、謎の集団の長と大佐の名前はよくわからない。謎の集団の長がMustafaならSinan Tuzcu、大佐がEgyptian soldierならEmre Cosarか。

冒頭から中盤は

クリスタルロッドを奪って姿を消したリットマンの行方は依然として分からず、もう一つの秘宝の手がかりであるオベリスクを発掘したリナの要請により、ジャック一行はエジプトへと入った。オベリスクに書かれたウガリット語の碑文を解読し、一行はアクナーテン(アメンホテプ4世)の墓を目指す…

みたいな感じ。

観てる時はアクナーテンっていうファラオが居たのかぁ(・∀・)と思っていたが、アメンホテプ4世の改名後の名前じゃねぇかヽ(`Д´)ノ
なんで民衆に裏切られたとか言ってたのかと思ったがアメンホテプ4世なら納得が行くw
一神教に改宗したファラオだったな。


ストーリー展開は相変わらず薄味というかチープな感じw
1の時はジャックハンター一行vsリットマン勢vs謎の集団という三つ巴戦だったが、今回はそれにエジプト軍が加わった4巴戦。そういう絡みもあってか、前作以上に格闘アクション、ガンアクション、カーアクションばっかりだったような気もする。これに加えてジャックを巡る女の戦い、キャットファイト、相変わらず通常運転のタリクといった感じだった(・∀・)

嫉妬するナディアはちょっと可愛いかもしれないw
格闘シーンを観ていて思ったが、ジャックハンターはパンチ力がなさすぎw
毎回相手を殴っても威力がないのかそのままネックハンギングツリーみたいな状態に追い込まれるw

Jack Hunter and the Quest for Akhenaten’s Tomb (TV Episode 2008)
よくはわからないが酷評レビューがまたあったw


もうここまで来たら3まで観るしかないよね(`・ω・´)