『アイム・ノット・ゼア』を途中まで観た


アイム・ノット・ゼア

パス(・∀・)


ボブ・ディランの体験したことや人格的特徴を分割して、それを
6人の俳優がそれぞれ架空の存在として演ずる感じの映画なのだが、
ボブ・ディランの歌もよく知らないし、興味が全くない俺氏に
この映画は苦痛極まりなかったよ (ヽ’ω`)

洋画で初めてのギブアップ…_| ̄|○

一応、観る前の紹介文にボブ・ディランという単語があったのと、
冒頭の6人の特徴の紹介と余りにも繋がらない人物関係等で
各人がボブ・ディランの何かを示してるのかなとか、病院に居た人が
本当のウディ・ガスリーなのかなと思いつつ観ていたが、段々、
苦痛になってきたのでビリーザキッド?のところで観るのを止めた(ノ∀`)

ボブ・ディラン本人が公認していたり、ボブ・ディランのファンの人には
評価が高かったりするようだが、興味のない人には結構きついんじゃないかな。
監督が同じ「ベルベット・ゴールドマイン」はなんやかんやで最後まで観られたけど、
これはちょっとあかんかったw

ほんのちょっとおっぱい出てたよ(*´・ω・)