『フリー・ウィリー』を観た


フリー・ウィリー

母親に捨てられた少年と母親から引き離されたシャチ。互いに孤独な境遇の両者が交流を深め、成長していく姿を美しい自然描写の中に描いた感動作。続編『フリー・ウィリー2』、『フリー・ウィリー3』、さらにオリジナルビデオ『フリー・ウィリー 自由への旅立ち』も制作された。

続編が2作もあるくらいだから人気があった模様。
でもあんまり合わなかったw
IMDbの評価が全てではないが、5.8と結構低い。
子供向けにヒットした感じなのかな?

あらすじというか冒頭の展開はちょっといじって

孤児院暮らしのジェシー(ジェイソン・ジェームズ・リクター)は、脱走してストリートチルドレンとなっていた。ある夜、パトカーに追われて、さびれた水族館に逃げ込んだジェシーはシャチのウィリーと出会う。孤児院に連れ戻されたジェシーは子供のいない里親に引き取られるが、母親が迎えに来ると信じるジェシーは心を開かない。水族館でした落書きを消す作業を命じられたジェシーはウィリーと再会。

みたいな感じ。

あんまり惹きつけられるところがなかったので、途中でながら観になってしまった(ノ∀`)
俺氏にハートウォーミングな動物モノは合わないということかもしれないw


ジェシー役のジェイソン・ジェームズ・リクターは「ネバーエンディング・ストーリー3」の
バスチアン役ということで、おお(・∀・)と思ったが「ネバーエンディング・ストーリー」は
1までしか観てなかった(ノ∀`) バスチアンって誰だっけ?
少年が読んでいた本の中の主人公だっけ?

レイ役のロリ・ペティもレン役のマイケル・マドセンは両方とも知らないな(´・ω・`)
マイケル・マドセンは結構聞いたことのある名前の映画に出ているみたいだが。


シャチのケイコ(1998年12月)
本作でウィリーを演じたシャチのケイコは、メキシコの遊園地で劣悪な環境の中で飼育されていたのをプロデューサーに見つけられて撮影に使用された後、再びこの遊園地に戻されていたため病状が悪化していった。
そこへ本作の大ヒットで世界中の子供たちから「ウィリーは解放されたのに、なぜケイコは解放されないのか」という声が上がり、基金が集められた結果、アース・アイランド研究所を主体に「フリー・ウィリー・ケイコ基金」が設立され、1996年、オレゴン州ニューポートに建設された専用プールに移されて自然に帰るための特訓と病気の治療を受けた後、1998年、故郷のアイスランドに帰された。
ケイコは2003年12月12日、ノルウェーで27歳で死亡した。

プロデューサー酷いなw
まあどうしようもないといえばどうしようもなかったのかもしれないがw

更に
ケイコ (シャチ)
には色々と詳しく書いてあって色々と興味深い。

一連の野生復帰運動に反対する意見も多くあった[5]。長年にわたって人間の飼育下にあったシャチが、野生に帰ることはできない。野生へ帰さず、人間のそばにいさせることがケイコを幸せにする。また、1頭のシャチにかけたばく大な費用についての批判などである。

無理に野生に帰す必要はなかったのではないかとは思うものの、

ノルウェーの政治家で捕鯨支持者のスタイナー・バステセンは、新聞のインタビューにおいて、野生復帰のための活動は「常軌を逸した金の無駄遣い」であり、「ケイコの肉を60000個のミートボールにしてスーダンの飢えた子どもたちに送ったほうが有益だろう」と意見した。

は言い過ぎだろw

他にもぐぐったら色々とページやエントリがヒットした。
結構有名なんだろうか。
ケイコ~水族館から生まれ故郷の海に戻されたオルカ

非常に長いけど色々と詳しくケイコについて書いてあった(・∀・)
なぜかケイコ(Keiko)という日本の女性名を持つオスのシャチ 世界一有名になったシャチの生涯と謎を追ってみた


映画そのものより、ケイコの数奇な一生の方が面白いな。
面白いと言ってしまっていいのかわからないが(´・ω・`)