月別: 2015年7月

ファイアーエムブレム トラキア776 をやった(3)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


第七章 トラキアの盾

狭いところでダルシンを盾にして戦おうかと思って左側に移動したが、
何故かここでフィンとサフィが変なところに出現Σ(゚∀゚;)
カリンで担ぎに行けば良かったが、そんなことは気づかず、
傭兵部隊が迫って来るわ、山賊に毒食らうわで、リセットした(ヽ’ω`)
フィンって強いと思っていたけどそうでもないな。山賊達が強すぎなのか。

今度は普通に南下作戦。傭兵達もダルシンとアスベルで或る程度殲滅し、追手達も
難なく倒して余裕かと思いきやメティオ使いのビショップにラーラを沈められる(ヽ’ω`)

次は再び西の山賊を倒す方向で行こうとしたら、やっぱり傭兵達がフィン達の方向に
向かってしまい、カリンでサティを担いだものの、シヴァがフィンに攻撃してきた。
「フィンが死んじゃう(><;)」と焦ったが、何とかこらえた(・∀・)

と安堵したのも束の間、フィンがクリティカルでシヴァを殺してしまう_| ̄|○ ソレハソレデアカンノヤ…

再度スタートした時に( ゚Д゚)ハッと閃く。
全軍を北に進軍して増援ユニットの出現マスを塞いでみた。
当然のことながら増援ユニットは出現しなくなった(・∀・)ヒャッホイ

アイゼナウは中々硬くてアスベルと一進一退の攻防を繰り広げている。
中々死なないので取り敢えず傭兵達を倒す方に兵を振り分ける。
シヴァにリーフやマチュアで話しかけようとしても話すコマンドが出て来ない。
こいつはまた捕まえないといけないんだろうか?
カリンで東側に運んだサティとフィンをシヴァに話かけられる位置まで持っていく。
なんてことをしていたら、ちょっと油断してマチュアが死亡…_| ̄|○

再びやり直す。今度はナンナ以外のナイト三体を北上、リフィスとラーラに西の民家訪問、それ以外は南下という作戦を試す。北上した3ユニットは全てを塞ぐのではなく真ん中だけ空けて、出現した増援ユニットを囲む形に配置した。3つとも塞ぐと経験値的にも良くないのと、あとで出て来るメティオ使いのビショップを捕獲したいから。この作戦は中々良かったが、途中で敵ナイトのレイピアをなめていて体力を回復せずに居たらクリティカルでフェルグスが…_| ̄|○

再び同じ作戦で、途中まで上手く行っていたが、欲をかいてここでダルシンで銀の剣を持つ傭兵を捕らえようとして失敗、キルソードを持つ傭兵にクリティカルを受けた後に銀の剣の傭兵に攻撃されてあえなく戦場に散った(ヽ’ω`) アア、ダルシン、シンデシマウトハナニゴトカ…

しつこく同じ作戦+傭兵から武器を奪うことは諦めるで傭兵撃破、メティオx3、ライブx3をゲット。十数ターン経過したら、今まで動かなかったアイゼナウが突然攻撃してきて焦った。ブライトンかヒックスかフェルグスか忘れたが、瀕死状態にされるもクリティカルで相手も瀕死状態までに追い込む。ダルシンは南の方でシヴァの道を塞いでいたので、捕らえられそうになかったので、他のキャラで止めを刺す。そう言えばシヴァも何故か攻撃して来なかったな。ダルシンを攻撃しても倒せない時は攻撃して来ないんだろうか。

左側の山賊達はアスベル先生が一人でほぼ全滅させる。盗賊の鍵を奪い取ろうと思っていた盗賊はマチュアとの一戦後のターンに向こうから攻撃して来て死んでしまった…(ヽ’ω`) マア、シャーナイ

微動だにしないシヴァの攻撃範囲外に、いざとなったら捕獲するしかないと全軍を集中させたところで俺氏の邪心が…
「ここまで来たらクリア同然だから、攻略を見てもいいよね(・∀・)」
と第七章の攻略を見る。

ああああああああああああああああああああヽ(`Д´)ノ
そうだ、サティで話しかけることを試みてなかった…_| ̄|○
そうだよな、ファイアーエムブレムで傭兵系のスカウトは女の子キャラでやるのが
パターンだったな。カリンが駄目で、サティを試そうとした時はマチュアが
死んで試してなかったんだ。なんか損した気分(´・ω・`)

加えて誰かが離脱すれば援軍?が出たのか…まあそれはどうでもいいかw

クリアしたら他の仲間ユニットが何人か戻ってきた(・∀・)

 

第8章 紫竜山

なんとハンニバル将軍、かたじけない。・゚・(ノД`)・゚・。

ついに進撃前設定が出来るようになった。今まで戦って来たユニットは皆疲労状態だったので前章で加わったり、戻って来たユニット達で進軍。なんだこいつら、皆、毒の武器装備してる…(ヽ’ω`)

取り敢えず毒の武器奪ってやるわとフィンの勇者の槍で敵を攻撃。
よっしゃ捕獲(`・ω・´)と物交換をしてみると毒の斧から鉄の斧に変わってしまう……
毒の武器は手に入らないわけか…

なんやかんやで話を進めて行くとマーティが敵に混ざってたΣ(゚∀゚;)
オーシンだかハルヴァンで話しかけたら味方に戻った。

適当に増援ユニットを倒しつつ、何事も無くクリアかなと思ってたら、館を守ってたルーメイがいきなりドラゴンナイトになってシヴァを急襲。雑魚敵しか湧いて来なかったので毒状態でちょっとダメージを食らってた状態のシヴァは簡単に屠られた_| ̄|○ ドラゴンナイトだから体力が万全でも殺されてたかな?

まあ何にしてもやり直し(ヽ’ω`) ルーメイがなんか嫌な奴そうだったので全力で屠ってしまっても良いのだろうかと思いぐぐる。まさか仲間になるんだろうか…?

捕まえないといけないのかΣ(゚∀゚;) チッ

ターン数制限もあるらしいので、フィンとリーフは民家等を守る山賊はスルーして進軍。
そいつらはオーシンやハルヴァン、ロナン等々に任せた。攻略サイトではリーフの光の剣+フィンの勇者の槍で行けるとあったが、リーフの攻撃が当たらない_| ̄|○
フィンの勇者の槍で捕らえようとするも、どうみても数値的には無理なので、取り敢えず通常攻撃で削ることにした。
 
 
 
 
 
なんとなく、クリティカル…_| ̄|○ ソウイエバ、ヤッシーッテドコイッタンダ

これ以降は全軍でそのまま進軍。一、二回山賊を捕獲出来なくてやり直したw
鉄の斧を売っても大した金額にならないのだけれどもw

マーティを仲間にして、館の前に集結。でもリーフ+フィンでは今回も駄目だったw
だけれどもオーシンとハルヴァンもプージや勇者の斧を持って参戦したので無事に捕獲出来た(・∀・)

後は毒状態のキャラを利用してサティのライブの杖自主練を行った。
4つも聖戦士の書を持っていたが、そんなにパラメータは上がらないものだな。

あれだな、攻略サイトというか攻略日記は、それぞれ力を入れて育ててるキャラが違うから、あんまり当てにならないw

俺氏は基本的にマージ、弓系、プリースト系、アーマーナイト、盗賊を育てる方針。まあ弓系とプリースト系は育て易いという点と育てておかないと後で苦労するのがわかってるから。アーマーナイトは壁になるから。

マージは暗黒竜と光の剣のマリクからの伝統。どうせ邪教の魔法使いとか竜が出て来るだろうしw 盗賊は趣味。まあこれも敵陣に飛び込んでいかなくてはいけない割にやられやすいから。育て上げたジュリアンが強かった思い出があるからというのもある。
何気に正解だった育成方針

 

第8章外伝 ダグダの館

リーフ、アスベル、ダルシン、ナンナ、リフィス、オーシンで進軍。
まずいかなと思ったが特に問題もなくクリア。まあライブリングを2つを
使ったアスベル先生が先陣を切ったからかもしれない。

左ルートにアスベル、ダルシン、リフィス、オーシンを行かせ、
そんなに敵は強くないと踏んで右側はリーフとナンナを行かせる。

デビルアクスって使えるんだろうか。売り飛ばした方が実はお得だったりして。
ゴメスの2つ前にダルシンを配置してダルシンのマゾ経験値稼ぎとナンナのライブの杖
自主練を行う。ゴメスがたまに再行動して青ざめたが、なんとか殺されずに済んだw

ナンナがレベル20になってしまった(ノ∀`) アスベルは17、タニアは19、ダルシンは16。ナイトプルフが溜まっていくのに、ナイト系は皆レベル11くらい。どうせならレベル20にしてクラスチェンジしたいけども…

この時は知らなかったが今作ではナイトプルフが全ユニット共通のクラスチェンジアイテムだった。

 

第9章 ノヴァの紋章

あんまり深く考えず西進。アスベル先生なら死なねぇべと鼻をほじりながらドラゴンナイトの攻撃範囲に置いたらマーロックのキラーランスによるクリティカルを食らった…(ヽ’ω`)

その後南進組と西進組を分けて何度か試したが、マーロックにブライトンが屠られたり、マーロックを倒したものの、残りのドラゴンナイトに山荘防衛組が屠られたりで何度かやり直す(ヽ’ω`)

結局、聖戦士の書を持たせたアスベル先生を西進させてマーロックやドラゴンナイトを倒してもらい、ついでに進軍してきた槍兵やアーマーナイトの大部分を潰してもらい、あとは適当に右下軍団のアーマーナイト等を倒したり、リブローを奪ったり。

西進と書いてよくよく考えてみたら左側が西で下側が南とは限らないなとどうでもいいことに気づいた(ノ∀`) マアイイヤ

クリア後に攻略ページを見たら、カリオンが出撃してセルフィナと話すとなんか貴重なアイテムがもらえたり、マーロック達は攻撃範囲内に入らない限り、山の所からは動かないという衝撃的な事実を知るΣ(゚∀゚;)

その他のシーフのレベルアップ方法なども知ったが、やり直すのは面倒くさいので先にそのまま進むことにした。

幾つかの攻略サイトや攻略日記を適当に見ているが、やっぱりみんな強いユニットというか強くしたユニットを~先生と呼んでるなw

そして適当にぐぐっていて知る。ナイトプルフってナイトだけのクラスチェンジアイテムじゃないのかΣ(゚∀゚;)
今のところレベル20はタニアとナンナくらいか。
まあこれで何の心配もなくレベルアップ出来るな。

お金がなくてSドリンクが2つくらいしか買えなかった…(ヽ’ω`) ヒモジイ…
デビルアクスは高くはなかったが売っぱらった。

『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』を観た

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


夢アチャラカは浦島寅次郎が竜宮城での饗宴の後、地上に帰る。以前とは違う
故郷の姿に愕然としつつ、偶然出会った自分の妹の女孫(又姪、姪孫)である
さくらとの会話により、地上では50年もの歳月が流れた事を知る。

呆然としながらも乙姫様がくれた玉手箱を開く。立ち込める白煙をかぶったのは
何故か亀の源公。怨嗟の声を上げながらアチャラカは終了w
なんだこのオチはw

今回はマドンナがアチャラカに出て来てたけど、今までにそんなのあったっけ?
タコ社長絡みで本編の話にも出て来たのも結構珍しいような。

OPコントはサイクリングを楽しむ男二人と女一人の三角関係。
寅さん自体はそんなに関係してなかったな。


さくらがバイク乗ってるΣ(゚∀゚;)
この頃ってノーヘルでもOKだったんかな?
まあ後の方のシーンではヘルメットかぶってたけども。

仕事の受注の少なさに悶える社長と呑気な寅が夢アチャラカの話で一悶着。

夜が更けても一向に戻って来ない社長を心配する博達。
おいちゃんの言葉で社長が身投げでもしたのではないかと早合点する寅。
源公を引き連れて江戸川沿いをひた走る。

更に時が経ち23時、ひょっこりと酔っ払った社長が帰って来る。
遠方の友人からの仕事を受け、ついでにその友人の誘いで一杯引っ掛けて
いたらしい。そこに疲れ果てて帰って来る寅と源公。

酔っ払って機嫌の良い社長と早合点と言えども心配して必死に駆けまわって
いた寅が出逢えば、衝突が起こるのは必然。いつもの大喧嘩に。
今回は主な舞台が大阪でとらやの茶の間シーンが少ないからか、ここで
寅の名調子が披露されてた。そういや満男が吉岡秀隆だ(・∀・)

さすがに深夜なのですぐには出立しなかったが翌朝早くに旅立つ寅。
「社長は幸せだ、心配してくれる人が大勢いるから」みたいなことを
言い残して行ったが、これが今回のテーマのようなもんか。


旅先で今回のマドンナである浜田ふみ(松坂慶子)とファーストコンタクト。
えらい積極的にアプローチするな、今回は。松坂慶子もこの頃はまだ綺麗で
演技も普通だったのに、なんで今あーなってるんだ(´・ω・`)
関西弁としては駄目らしいが、その辺はよくわからない。

ここでは余所行きのかっこつけ寅なので、名前を聞く程度で終了。
関係ないけど瀬戸内海の風景はいいのぅ(・∀・)
島が間近に見えて良い。


所変わって大阪で宿の支払いを溜め込んで、渋々働く寅だけれども、いつもと
勝手が違うのか、寄り付く客も居やしない。愛の水中花って松坂慶子の歌じゃないかw

なんやかんやで二人は再会Σ(゚∀゚;)
もっと間に何かしら挟むのかと思ったら、もう再会かw
結構速い展開だな。

ふみの姐さん役の正司照江と花江ってかしまし娘なのかΣ(゚∀゚;)
関係ないけど、かしまし娘の項目で出て来たミスワカナの話も興味深いな。
ミヤコ蝶々も多少関係してたりして。

普通に恋愛話だけで展開していくのかと思っていたが、
突如、ふみの弟の話になって話は全然違う方向へ…( ´・ω・)

据え膳だったんでしょうか、どうなんでしょうか(´・ω・`)


今回の話のベースというか大枠は「寅次郎ハイビスカスの花」と同じかな。
あれの沖縄と同じように異郷である大阪という竜宮城での出来事が
今回のお話か。最終的にふみは他の男と結婚しちゃうけど、やっぱり
寅に惚れてたんだろうな、きっと(´・ω・`)

ふみの旦那になる男を斉藤洋介がちょろっと演じてるけど、斉藤洋介って
こんな頃から出てたんだな。昔は映画やドラマを全然観なかったから、
スマップxスマップ?で始めて認識した人だったw

何となく既視感のあるような設定と、「( ´・ω・)エ?」っていう唐突な展開が
ミックスされた感じの作品であった。ぼちぼちでんな(・∀・)

ファイアーエムブレム トラキア776 をやった(2)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


第四章 地下牢獄
 
前章同様にNPCをうまく脱出させないといけないみたい。
「上手く行った(・∀・)」と思ったら増援ユニットにやられてしまってやり直しというパターンが何回かあった…_| ̄|○
 
ここでまた味方ユニットが増えるな。名前を覚えきれない…
 
何度かのやり直しの後、ようやくNPCを全員逃して、増援ユニットを倒しながら
画面上部の扉を左側から開けると10ユニットくらいの守備兵がΣ(゚∀゚;)
 
のっそのっそと歩いて来たダルシンにラーラが一撃の下に斬り捨てられる…_| ̄|○
またやり直しか…(ヽ’ω`) ダルシンて前章の村の家の一つでお兄さんと言っていたな。
仲間になるのか…
 
その後も微妙なミスでやり直しつつ、今度は扉を右側から開ける。
( ゚Д゚)ハッ しまった、ダルシンではないにせよ、どっちにしても攻撃されるか_| ̄|○
と、やり直しを覚悟したが、リフィスはなんとかこらえてくれた。考えてみたらリフィスじゃなくてラーラで扉を開けた後、体格のあるキャラでかつげば良かったのか。
 
左から来たダルシンとリーフが話して仲間にしたが、どう見ても多勢に無勢、「どうやって勝つんだよ(´・ω・`)」と思っていたが、ダルシンとブライトンとマチュア、フェルグスのローテーションで壁を作りつつ、増援ユニットから傷薬を盗んでは壁ユニットに供給し、じわじわと削っていったらなんとかなった。
 
最終的に増援ユニットは湧かなくなったので敵のプリーストx2からライブを奪って離脱した。

 

第四章外伝 風の勇者
 
なんで前章のダルシンがたいまつを持っているのであろうかと思ったが、この章で使うためだったか。不用意に進軍して、「死ぬ(;゚Д゚)」と焦ったがなんとかなった。子供たちを逃し、セティとアスベルとも話し、このままクリアもいけるかなと油断してリフィスで左上の宝箱を取りに行った結果…(ヽ’ω`)
 
いや、敵が潜んでる気はしてたんや(´・ω・`) ホントホント
でも扉を開けた後に再行動可能の♪マークが出たから、その流れには
逆らえなかったんや 気持ち的に行くしかなかったんや。・゚・(ノД`)・゚・。
 
この後上手く行かず何度もやり直す_| ̄|○
 
最初にマージ達だけを誘い出してリフィスでファイヤーを盗んで、他のキャラで捕らえる作戦に出たが、時間がかかりすぎて左右から増援部隊が出てくるようになったので、やり直す__◯_
 
取り敢えず扉の鍵だか宝箱の鍵を持っているやつだけは確実に捕らえるようにしてそれ以外は場合によってはそのまま倒す方針に変更。敵方は武器を持っていてもラーラやリフィスを狙って来るので上手い具合にリフィスを囮にして何とかしのいだ。ラーラは一撃で死ぬ可能性があるので囮には出来なかったが。カリンは魔法抵抗力が強かったので対マージ戦には良かったがアーマーナイトの攻撃を食らうと瀕死状態になるので危うかった。
 
今度はきちんとリフィスで開けてダルシンを二マス中に進ませて敵の攻撃に備える。
湧いてくる増援ユニットは基本的にセティ先生に任せた。余りにもやり直しが多かったので余計なことをして全てをパーにしたくなかったのでw
 
まあなんやかんやでそのままクリアしたが、離脱時の台詞が
デフォルトのものらしくて少し萎えたw 
アスベルとカリンはセティのことを慮る台詞にしとこうよw
 
古いゲームだからか、公式に攻略ヒントページがあったΣ(゚∀゚;)
ファイアーエムブレム トラキア776

 

第五章 母と娘
 
最初、ナンナの大地の剣の使い方を理解しておらず、
「攻撃出来ないヽ(`Д´)ノ」と怒ったり、ライブの杖を持っていたので
「これで回復しながら時間稼ぎするんだな(・∀・)」と思いつつも攻撃コマンドを選んで
「なんだよ、杖使えないじゃん、こいつヽ(`Д´)ノ」と勘違いしたりした(ノ∀`) ツエコマンドカ…
 
ちょっと進んだらイベントが発生したので
「なるほど、リフィスであの武器を奪い取ればいいんだな( ・´ω・`)」
と早合点したが全然違った(ノ∀`)
 
取り敢えずはナンナと合流して右上に居た一団を倒した後、上部中央の弓兵部隊の
殲滅に取り掛かる。そこまで大してやり直しせずにいけていたので油断した…(ヽ’ω`)
ただのアーマーナイトだと思ってたジェネラル?にマチュアがやられた…_| ̄|○
 
やり直してジェネラルも倒し、左上の一団も殲滅。下の一団も殲滅後、ヨツムンガンド使いを捕らえずに確実に殺しにいった。
 
階段みたいなところから増援ユニットが湧いて来るのかと思ったら湧いて来なかった。
仕方がないのでヨツムンガンドを食らってポイズン状態のマチュアとリーフを残してナンナのライブの杖の自主練に付き合ってもらった。セティの書しかないので大したパラメータアップは望めなかったが後々厳しくなるところで他のユニットの兼ね合いを考えながらレベルアップするよりも安全に確実にレベルアップ出来ることを選んだ(`・ω・´)
 
クリア後に攻略サイトを見たら、エーヴェルは無敵なので死なないだと…( ;・´ω・`)ゴクリッ
しかもガルザスがどうとか書いてあるんだが、そんなの出て来なかったよ…誰やそれ…
 
変な鍛え方をしているせいか、どの攻略サイトの攻略もピンと来ない。右下の一団は
ブライトンをアーマーナイトの攻撃範囲まで移動、他のユニットも適当に移動

アーマーナイトとマージがブライトンを攻撃

このアーマーナイトは残り体力にもよるがダルシンで捕獲

リフィスがマージからファイアーだかサンダーを盗む

リフィスが攻撃されないように他のユニットを移動するか担ぐ、リーフやアスベルを先行

残りのアーマーナイトとマージも倒す(リフィスが魔導書を奪うのが望ましい)

ナンナとエーヴェルは扉の前にひっついておく

リーフやアスベルが移動して闘技場?の敵ユニットを攻撃
(倒しても倒さなくても大して関係ない)

突っ込んで来た槍兵を倒して扉を開ける、
他のユニットで連続的に攻撃を受けないような配置にする

槍兵達を一掃したらマージ達が来るのでちょっと後退する

リフィスで魔導書を盗み一人を無効化、マチュア、カリン、アスベル、ブライトン辺りで
2体くらいは倒せるので、せいぜい次のターンで攻撃を受けるのは1~2体

あとはまあ弓兵をダルシンでおびき寄せる→
リフィスで傷薬を盗む、ダルシンかその他のユニットで担ぐ、アスベルで倒すを二回
繰り返してジェネラルもアスベルで倒す、その時一緒に来る弓兵x2は適当

メティオはダルシンに受けさせて、ナンナのライブで回復みたいな感じだったなぁ。

 

第六章 脱出
 
てっきり見張り(槍兵)が出張ってるところで同一直線上に居なければ見つかったことにはならないという話なのかと思ってユニットを進めたらいきなり攻撃されて左上の一団も進撃を始めた(ノ∀`) こうなるなら上で戦ってもいいのではないかと思いつつ、一本道で戦わないとユニットが殺されちゃうか。
 
どうやって戦おうかなとアスベルを前線に出したら、グリフカリバーが避けられて、予想外のダメージを食らって、その後の敵のターンで死亡…_| ̄|○
 
この後で第五章の攻略を見に行って、「ガルザスって誰や…( ;・´ω・`)ゴクリッ」ってなったがそういえば何ターン目かに司祭に女を預けたやつがガルザスって名前だったかも…
 
もう一度やり直して進軍してきた左上の軍団を殲滅して、「よっしゃ次はカリンでメティオを使い切らせて、リブローを奪うか(・∀・)フフフ」と思ってだらだらやろうと思って居たら左右から増援ユニット(ナイトx4 x左右)が出現Σ(゚∀゚;)
 
油断して適当に配置していたリフィスが二体の攻撃を受けて死亡…_| ̄|○
ナイトは攻撃後に移動するからずるい(´・ω・`)
 
こうなったらと次に思いついた作戦は扉を開けないでみんなをカリンに運ばせる作戦。
これならば左上軍団を殲滅した後に増援ユニットが来ても、奴らは遠回りして来ざるを得まい(・∀・)フフフ
 
せっせとユニットを運ぶカリン。見えた、勝利の方程式が(`・ω・´)
 
 
と思いきや残りユニット2体のところで、増援ユニットが出現Σ(゚∀゚;)
お前ら単純にターン経過で出現するのかよヽ(`Д´)ノ
ストーリー的になんとなく納得がいかない…
そして残り二体の片方がまたまたリフィス…(ヽ’ω`) オーマイ…
 
第二次扉開けないでみんなをカリンに運ばせる作戦開始(`・ω・´)
今度はダルシンとリーフを出現ポイントに配置、残り二体になった段階で
カリンも出現ポイントに配置。そうすると右側で出現する増援ユニットは
一体なので、どれが攻撃を受けても死ぬことはない(`・ω・´)
 
ついでに使うユニットを迷って預けておいたライブリングと手持ちの
ライブリング合わせて2つをアスベルに使用。エーヴェルに預けておいて行方不明に
なっていた聖戦士の書x2が預かり所にあったのでセティの書と一緒に持たせる。
 
何をやって左上の軍団が進軍してきたか忘れたが、とにかく閉ざされた扉の上部に
増援ユニットとともに来たので、サンダーを持たせたアスベルのみを壁際に置き、
マージや弓を持ったアーマーナイトと戦わせる。
 
素晴らしい、作戦通りだ(・∀・)フフフ
 
 
と思ったのも束の間、遠距離攻撃が出来るユニットが居なくなったら、奴ら、壁際に
寄ってこねえヽ(`Д´)ノ
 
致し方なく扉を開けてダルシンを壁に近寄って来たユニットを屠って行く。
数ターンするとガルザスが登場、進軍を開始してきた。なんか変な剣を持ってて
強そう((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
 
取り敢えず左上軍団と増援ユニットを倒して
「ガルザスはどうすれば仲間になるのかな(´・ω・`)」と悩む。
どうも話的にマリータの兄さんくさいからナンナかリーフで話せばいいのかと思ったが話すコマンドは出て来ない。この時道具屋の方に移送しておいたラーラ以外のキャラで試したけど駄目みたい。シヴァみたいに捕らえるのだろうかと思ってみたが、確率をみるとどうみても勝てる見込みがない(´・ω・`)
※ガルザスはお兄さんじゃなくてお父さんだった(ノ∀`)
 
まあ取り敢えずダルシンで様子を見ようと思ってみたが、攻撃してくる様子がない。
他のキャラもガルザスの攻撃可能範囲に置いてみたが動かない。
「これはもしかするとリーフを前線に出したら話しかけてくるパターンか( ・´ω・`)?」と
思い、リーフを動かす。そうすると今まで動きのなかったガルザスがリーフの横に!
「やっぱりそうか、俺氏賢い(・∀・)」
と悦に入っているとそのまま戦闘画面に(´・ω・`)アレ…
 
圧倒的な強さで屠られるリーフ_| ̄|○
 
あかんわ…とリセットしようと思ったが、画面を見るとゲームが終了していない。
「リーフは殺されたんじゃなくて捕まっただけや(・∀・)」と安堵の俺氏。
だけれどもやっぱりガルザスを捕らえられそうもない…
とするとこれはこのままガルザスに連れて行かせると話が展開するのかと思って
リーフを担いで走り去るガルザスを見送る。ガルザス、画面上部から離脱する。
 
そうしたらナンナが
「ああ、リーフ様死んでしまうなんて…(´・ω・`)」
 
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
違うのかよ__◯_
 
こうなってくるとガルザスにどう対応すべきなのかよくわからない。
前章で子供を助けた絡みで新規加入するアクスナイトかラーラで話すのだろうか?
或いはまだ到達していない左側の二軒になんか秘密があるのか?
 
もしどんな状況でもリーフ以外を襲って来ないのであれば、リーフをカリンにかつがせて
下に逃すか他のユニットで囲んで移動することによってどうにかなりそうだが。
考えてみるとマリータの兄さんだとしたら、マリータを仲間にしてからじゃないと
仲間にならないような気がしないでもない。何はともあれやり直しか…(ヽ’ω`)
 
再度挑戦して、左上軍団と増援ユニットを殲滅した後、再びガルザスと対峙する。
予測が正しければガルザスは襲って来ない筈…
 
 
だったが、ガルザスはダルシンを容赦なく襲い、捕獲した…(ヽ’ω`)
 
いや、待てよ( ・´ω・`)
離脱ポイントがあるマップでリーフが先に離脱した場合に残っていたユニットは
捕虜になって次のマップとかで解放出来るはず…。さっきはリーフだったから
死亡扱いになったのか…そうか、そういうことなんだな(・∀・)と納得し、
重いダルシンを抱えてよたよたと走り去るガルザスを見送る。
「あとで助けてやるから元気にしてるんだぞ、ダルシン」
 
ガルザス離脱後、残りのアーマーナイトやジェネラルを殲滅し、メティオを使い切った
ビショップからリブローを奪い取り、意気揚々と離脱する。そう言えば左側の民家は
オードの書とエリートMだった。やっぱりガルザスはここでは仲間にならないのか。
 
次の章が始まる。あれ(´・ω・`)?
なんか捕虜とかが出てきそうなステージじゃない…
 
幾つかの攻略サイトで第六章の攻略を見る。誰一人としてガルザスに捕獲され連れ去られたユニットについて言及していない…嫌な予感がする…( ;・´ω・`)ゴクリッ
ぐぐってもぐぐってもわからない……
 
もしかすると後の章で捕虜として出て来るかもしれないけど、それまで居ないのはなんだし、もしも死亡扱いだったら目も当てられないので、結局やり直すことに。
 
取り敢えず、ガルザスの脅威を避ける為には、やはり扉を開けないことが肝要と思い、第三次扉開けないでみんなをカリンに運ばせる作戦開始(`・ω・´)
 
するも途中で操作を誤ってカリンが扉の鍵で扉を開けてしまってやり直し_| ̄|○
 
 
第四次扉開けないでみんなをカリンに運ばせる作戦開始(ヽ’ω`)
今回は右側の増援ユニットを殲滅後ダルシンを右端だったかそこの一つ手前に
残して置き左上軍団等を引きつけてからカリンでかついで離脱。
ライブリングを2つを使ったアスベルでマージ、弓アーマーを倒し、残りのユニットも
カリンを壁上に配置しておびき寄せて殲滅。ヒックスの民家以外は適当に攻撃を
それほど受けないようにしながら訪問。ヒックスは訪問後、右側に逃して馬から降ろし
次ターンでカリンが担げば問題なく回収出来た。
 
結局、左上の攻撃不可能なプリーストとジェネラル、ビショップx2とガルザス以外は
殲滅出来たので、リブローは諦めて離脱した。
 
なんか色々と疲れた(ヽ’ω`)

これでもくらえ!バーニングブック!ヽ(`Д´)ノ -11

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


サービスを訳した。

暑くて翻訳作業が停滞中…_| ̄|○