年別: 2015年

覚え書き

E/ActivityThread(2733):
Activity com.example.musicplayer.MusicPlayerActivity 
has leaked ServiceConnection 
com.example.musicplayer.MusicPlayerActivity$1@44ac5bd8 
that was originally bound here

色々なパターンで出るらしいが今回の場合はunBindしてないサービスを再びbindしようと
していたのが原因みたい。あとonDestroyでunBindしていない場合にも発生した。


QCMediaPlayer mediaplayer NOT present

android – Why MediaPlayer throws NOT present error when creating instance of it? – Stack Overflow

It means your platform does not support QCMediaPlayer. 
QCMediaPlayer provides extended APIs and interfaces to get 
and set MPD attributes for DASH protocol in compatible 
Snapdragon builds. So, this error should not affect on 
media playing in normal case

”あなたのプラットフォームがQCMediaPlayerをサポートしていないことを意味します。QCMediaPlayerはSnapdragon互換ビルド?でDASHプロトコル用のMPD属性を取得や設定する為の拡張されたAPIやインターフェースを提供します。従って、このエラーは通常の場合メディア再生に影響しないはずです。”

みたいな感じなので、無視していいみたい。SOL25がsnapdragon搭載だから出てるのかな?



MediaPlayer Should have subtitle controller already set

Should have subtitle controller already set というエラー – Google グループ
Should have subtitle controller already set Mediaplayer error Android – Stack Overflow
Android MediaPlayer warning: Should have subtitle controller already set – Stack Overflow

kitkat(4.4)以降で出るようになった模様。subtitle controllerが動画の字幕関連の
ものらしく、音楽再生には関係ないらしい。二番目のページで空のSubtitleControllerを
作ってMediaPlayerにセットするという回避法らしきものがあったけれども、面倒なので
試していない(ノ∀`) 歌詞ファイルでも読み込んで適切な時に歌詞をくれるなら意味が
ありそうだが、そんな機能はあるんだろうか?


MediaPlayer.create() と setAudioStreamType() は相性が悪い

何を調べてる時にヒットしたのか忘れたが、こういうこともあるのか。


stop called in state 1

元にしたチュートリアルのServiceのonUnbind()と同じ

mp.stop();
mp.release();

にしていたが、終了方法が違う場合にエラーが出た。

idleかなんかの状態でstop()を呼んでるのがいけなかったらしい。
stop()をreset()にしたら、エラーは出なくなったがこれでいいんだろうか?
そもそもrelease()が呼び出せる状態がanyだからreset()する必要はあるのか?
謎だ。


ViewPagerでの無限ループ移動が出来るかどうかぐぐった。
→ あるにはあったが、なんだかようわからんのでパス(´・ω・`)
→ ViewPagerにListFragmentを載せる方法がわからなくて四苦八苦
→ 色々ドキュメントを読んでようやくわかる∩(・ω・)∩
→ 画面回転時にアクティビティが再作成されてService内で色々とエラー地獄
→ MediaPlayerをunBindせずreleaseもせずやろうとするも違うエラー地獄
→ android:configChanges=”orientation|screenSize”を指定して自分で
レイアウトをいじる方法を探すかと思う(´・ω・`)
→ 指定したらエラーが消えて何故か画面回転してもきちん横長なレイアウト?になる
→ フシギ(・∀・) ←イマココ

なんで大丈夫なんだろうか。大元がmatch_parentなViewPagerだけで中身が
setRetainInstance(true)してるFragmentだからレイアウトが関係ないと
いうことなんだろうか。基礎知識がないのでよくわからないw

今回の件でようやくAndroidの基礎的な部分を調べ始めた(ノ∀`)


仕事探さなきゃといいながらこんなことやったり、Androidの基礎編とか
訳し始めながら、ソリティ馬やったり、ねこあつめでまんぞくさんの為に
高級カリカリを用意したりする日々。これではいけませんね…( ´・ω・)

FF10

ずっと前に105円で買っておいて忘れてたFF10をクリアした…(ヽ’ω`)

結論から言うと、ストーリーは非常に良かった。7以降なら一番の出来じゃないかな。
登場キャラクター達も鬱陶しいのはいなかったし。歳をとって涙腺が脆くなっている
というのもあるが、しばしば涙がちょちょぎれた。・゚・(ノД`)・゚・。

ティーダは最初、「またチャラいやつか(´・ω・`)」と思ってげんなりして始めたけど、
そういうわけでもなかったし、ユウナは8のリノアみたいなアレじゃなくて良い子だったし。
ルールーはBLTの朝河蘭のコスプレそのまんまだったし、アーロンは渋かったし、キマリと
リュックもそれぞれのバックグラウンドがあったし。ある意味でワッカはちょっと損な
役回りだったかな、熱心なエボン教徒でアルベド族を嫌う頑迷なキャラ設定で。

途中でユウナとティーダの立ち位置が変わるところとかも良かったかな。
これ普通に連続アニメとか漫画でも評価を得られるようなストーリーだったな。

アーロンとシーモアはなんかオチがわかるというか、やっぱりそうかという感じの
キャラだったw 考えてみると、ティーダのお母さんの影が薄かったな。

ムービーは綺麗で、「あーこれは金かかってるなー(・∀・)」という感想が素直に
出て来たが、通常画面との落差が大きくて、最初はちょっと「アレ(´・ω・`)?」と
思った。

7以降のライフストリームの設定が好きではないので、今作は出て来なくて
ほっとしていたが、幻光虫がライフストリームへとつながるものらしいw


ゲームシステムもスフィア盤という成長システムが面白かった(・∀・)
通常のゲームである経験値量でレベルが上がって複数のパラメータが一気に上がるのを
その数分の一で盤面と所持パラメータスフィアに依存した形で単一のパラメータを
上げていく糸型成長システムとでも言うべきか。

戦闘システムはATBからカウントタイムバトル(CTB)に変更されたということだが、
特に問題もなくプレイ出来た。ATBのように焦る必要がないのでこっちの方が何かを
やりながらやるにはいいな。

ブレイブリーデフォルトであった限界突破ってFF10のものを継承したんだろうか。

そういえば一つだけ糞みたいな仕様な部分があったなw
なんで武具防具の整頓機能や改造から装備画面に移動出来たりしなかったんだろうか。
凄い面倒臭かった。改造に関しては面白かったけど、名前が変わっちゃうから、それが
また見つけにくい原因になってしまって、これはどうなんだろうかと思ったりもしたw


ただ、ストーリーとゲームシステムは良かったが、これをRPGゲームとして評価すると、
余りにも自由度が低すぎて、
「これ戦闘システムとミニゲームがついたADVゲームなんじゃねぇか(´・ω・`)?」
という気がしないでもない。そういう感じの理由でこのゲームを好きじゃない人が
居ても不思議ではないと思った。実際にストーリーやキャラに引き込まれるまでは
正直、ちょっと苦行だったしw

でも考えてみると8も9もそうだったような気もするな…7はどうだったかな…
まあストーリーとゲームシステムが良かったならこれはこれでいいのか。

あとブリッツボールが面倒臭かったw

wikipediaの項目には
“開発中は同時発表された『FFXI』同様に視点を自由に回転できたが、画面酔いしすぎてプレイできないという直良有祐の強い要望で、カメラの動きが制限されたものが発売された。”
とあるが、視点を動かせるタイプにして欲しかったわ(´・ω・`)
そうしたらドラクエ8みたいにもっと快適にプレイ出来たのに…


ラスボスというかセミラスボス(というかやっぱり真の最後の敵になるか?)戦前の所で
経験値稼ぎしていたのに、セーブポイントがなく、そのままバトルに入り、全滅(´・ω・`)
第二形態の時かなんかに一人吹き飛ばされて一人石にされて、残りの一人を殺された…

ムッキーヽ(`Д´)ノとなってひたすら最後のセーブポイントで経験値稼ぎに勤しむ。
ユウナとルールーが連続魔法とアルテマをゲットして、皆のHPが5000以上に
なってから再戦(`・ω・´)

アーマーブレイクやメンタルブレイクをぶちかましてからアルテマやらフレアを
連続魔法で打って、第一形態を突破。第二形態の時に取り敢えずバハムートの
メガフレアで80000くらい削って、後はまた連続魔法でアルテマやフレアを打ってたら
余裕だった。それ以降の展開で「やべぇ(・∀・;)」と一瞬思ったが大して問題もなく。
その後も連続魔法とエーテルターボなどで力押しした。あとで攻略サイトを見て
そんなことをしなくてもどうにかなることを知った…_| ̄|○


wikiや攻略サイトを見て知ったが、これ2001年のソフトかΣ(゚∀゚;)
最初の方の展開からか何故かスマトラ島沖地震を連想し2004年の作品だと思って
プレイしていた。つーかこれPS2初のFFなのか。そういえばディスクの交換を
しなくてすんだもんな。

2013年12月にHDリマスター版が出て、今年にもプレステ4用に出るらしいが、
まあ、その人気もわからないことはないかなぁ(・∀・)

やり込まないのが俺のジャスティスなので、同じく105円で買ったX-2をやるか…(ヽ’ω`)

東京震災記

田山花袋著。

1923年9月1日に起きた関東大震災について、自身の体験や被災者から聞いた話を
まとめた作品。田山花袋と言えば、変態私小説「蒲団」のイメージしかなかったが、
この作品はとても興味深い内容であった。

こんなことを言うと田山花袋が墓から跳び出てきて思いっ切りぶん殴られそうだが、
随所に入る文学的表現や自作品からの引用等は読むのがちょっと煩わしかったw
その辺を考慮しつつ読むのであれば良い被災体験記であったと思う。


東京の下町方面や皇居周辺の地理は余り詳しくないので、今ひとつピンと来なかったが、
基本的にほぼ全部が焼失したのだけはわかった。持ち出した家財道具に執着したが為、
火災の広がりを甘く見たが為に命を失ってしまった人も大勢いたようだ。家財道具を
載せた大八車や多数の人間が橋などに集中し、身動きが出来ない状態になったまま
火の手に囲まれたらしい。火を避ける為に川に飛び込むも火勢の激しさや体力の消耗で
命を落とした人もかなりの数居たようだ。

序盤で田山花袋は代々木の自宅にほとんど被害がなく自分の家族が全員無事なのに
頻りに被害の大きかった地域を見に行こうと試みるのが不思議でたまらなかったが、
読み進んで行ったら、「ああ、なるほどw」と合点がいったw 気持ちがわからないことも
ないが相変わらずだなと思った。

不逞鮮人云々の話や自警団の過激化、自警団を装う追い剥ぎ連中、甘粕事件への言及も
あり、これもまた当時の状況を窺い知ることが出来て良かった。発展前の渋谷や東中野に
関する記述も、今読むと面白い。


当時の神奈川県の被災状況はよく知らなかったので、地震発生時に横浜沖に居た
船頭のUの話や箱根・熱海方面から避暑客達が歩いて東京都を目指した話は非常に
興味深かった。都内を目指して汽車のレール上を歩いて行く人々は救恤品として
“パンの一片や握り飯の一つや二つ”を入手することが出来たり、真鶴で動物を
採取していた外国人がそういった対応にえらく感激していたという話があり、
「昔から日本人はこういうところがあったんだなぁ(・∀・)」と妙な感慨を覚えた。

大磯の停車場や馬入川の鉄橋崩壊や横浜の被害状況、信濃坂については見知っている
場所だけにこれも興味深い記述だった。横浜の辺りも全滅に近い状況だったようで、
「そう言えば三渓園の原三渓が私財を投げ打って復興に尽力したんだっけか」と
ふと思い出した。


東海道線と異なり、東北方面の線路は被害がなく避難民が殺到したらしい。
震災当日とその翌日は制しても屋根の上にまで人が乗るような有り様で
それ以降は上野から大宮辺りまでは無蓋貨車で人を運んだようだ。

弘前在住の予備役中佐だった花袋の弟が召集され、上京/帰郷した際に見聞きした話では
上京時の列車内では不審人物のチェックがあり、帰郷時は混雑の為に難儀したとあった。
いずれの時も福島辺りまでは酷い混雑だったようだ。

花袋の兄・實が地震学の関谷博士に依頼され、「大日本地震資料」を編纂した絡みで
聞き知っていた、関谷博士の跡を継いだ大森房吉の話や活動写真好きのK翁の話も
読み応えがあった。


花袋をはじめ、当時の人々の中には江戸・明治時代から部分的に更新されて来た”東京”が
国際都市としては不十分と考えていた人も居たようで、この震災を機に新しい日本の首都と
して復興することを望んでいたが、”そこには歴史もあり由緒もあり伝統もあり利害も
あるに相違なかった。焼出されたものでも、出来るならば、元のところに帰って住みたいに
相違なかった。人の心の落附いて行くにつれて、次第に消極的の議論が出るように”なり、
“今では復興ということより復旧ということに重きを置かれるようになった”ようだ。

こんなにも新”東京”へ期待する花袋に対し、「でもどっちにしろ、東京大空襲で東京は
また焼け野原になっちゃうんだぜ(´・ω・`)?」と思いつつ読んでいたが、後の方の章で
花袋自らが『飛行機でもやって来る段にもなると、とてもこの地震の比ではないそうだね?
この東京などは、一度で滅茶々々になってしまうってね?』と話していて、そのことを
予見していたかのように思えて驚いた。まあこれは全てが確定した事象を知っている
人間が現在から見るから予見していたかのように思えるだけだけども。


田山花袋は百年近く前の時代の人だけれども、現在生きる人々と考えてることや
感じることに大きな違いがなく、その事は人間という生き物の限界とも不変性とも
言えるような物悲しいモノを想起させると同時に奇妙な親近感を抱かせてくれた。
そういう不思議な読後感も含めて、兎にも角にもこの本は興味深い、interestingな
面白さがある作品だった。

もっと色々と書こうと思っていたことがあったが忘れた(ノ∀`)
というか疲れたからもういいや。

東京夜の駆け込み寺

去年書いたエントリがまだ残ってた(ノ∀`)


酒井あゆみ(著)

ヘルス嬢、ホテトル嬢、企画AV女優、愛人、AV女優マネジメントを経験した著者が
出会った風俗嬢のお話集。当然のことながら基本的に明るい話はない。一見、話が
明るい感じで終わっていても、なんとなく不幸な結末が待っていそうに見える。

家族関係が崩壊したり、付き合ってる男に言われて性風俗産業に墜ちていくパターンが
ほとんどかな。家族から離れて帰る場所がないとか男に言われてとか、手っ取り早く
金を稼ぐ為に墜ちていく。


第4章の真弓[ヘルス嬢・元AV売れっ子女優]って誰だろう?
再会したのが写真撮影会で、その日のメインとして飯島愛の名前が上がっているので
1990年代前半の人か。

考えてみれば、AV女優史上、一番成功したと言える飯島愛ですら、あんな最期を
迎えたことを考えると、ほとんどのAV女優はもっと哀しい最期を迎えたりしてるんだろうか。
まあ表舞台に出ないような風俗の人は過去を隠したり、或いは納得の上で結婚した相手と
ひっそりと幸せに暮らしているのかもしれないけれども、その辺は観測出来ないので
何とも言えないな。


読後にやっぱり安易に性風俗や水商売に行かない方がいいんじゃないかなぁと
思いつつも、AV等にお世話になってる俺氏が言うことでもないなと考え直した(ノ∀`)

まるで風俗に行って射精後に賢者タイムに入り、真顔になって
「こんなことをいつまでもしてちゃいけないよ(`・ω・´)」と
説教をし始める親父みたいなもんだもんなw