月別: 2016年1月

学園天国 / 遊人

美少女だらけの女学校・楽天寺女学園高等部に臨時教師として働くことになった、忍野まことは、初恋相手の朝霧あやのと再会を果たす。しかし、その一方で忍野は女子生徒の鳴沢つむぎに迫られるのだった。

学園天国

マンガ読破EXで2月末までの公開だったので読んでみた。全8巻。

無料で読んでいて文句を言うのもなんだが
これは酷かった(#^ω^)

そういえばこれ、女帝みたいな白消しってなかったような気がする…
基準はなんなんだろうね?掲載誌に依存するとか?


主な登場人物

忍野まこと 主人公。酒を飲むと理性をなくしてしまう。
朝霧あやの ヒロイン。家庭科教師。

鳴沢つむぎ サブヒロイン。生徒。まことと関係を持つ。
メガネッコ瞳 生徒。まことと関係を持つ。
忍野ひいな 女としてまことを愛するまことの義妹。中学1年生。
宇津九 藍 ソフトボール部ピッチャー。生徒。
国広倫子 PTA会長の娘。生徒。痴漢事件の被害者。まことと関係を持つ。
身延京子 校長代理。まことの従姉妹。世間知らずでまことと相思相愛と勘違いしている。

ハレンチ学園プロジェクトチーム「スーパーブリーフ」
ギャランドゥ河口 体育教師。「スク水着セクハラ」事件を起こす。
Dr.波平 万引きをバラすと脅し、瞳にシミーズを着用させ、セクハラ身体検査を繰り返す。
グーマン韮崎 音楽教師。ひいなを襲おうとするも巨根による貧血で倒れる。他の二人と「Hな身体検査」事件を起こす。

モーレズ猫夜叉組
招木ミケ 姉。妹のタマと共に「モーレズシンドローム」事件を起こす。
招木タマ 妹。


遊人はどうも初恋相手設定が好きなのか今作でも『ANGEL』と同じように、まこととあやのが
幼馴染のような設定だった。『ANGEL』と大きく異なる点は二人が結ばれる時期。
『ANGEL』では最終巻である7巻でようやく結ばれるが(先っちょまでなら途中の巻であるが)、
この作品では三巻の初めくらいで結ばれてしまう。

基本的な話の展開は二人の恋愛関係?の進展と並行して発生する学園内でのハレンチ事件を
解決し、そこで知り合った女性と共、なんやかんやで関係を持っていってしまうパターン。

で、まあ、京子が一時退場して兄の金次郎の登場、臨時教師仲間の出現、痴漢事件の解決
くらいまではまぁ良かったのだが、この次からわけがわからなくなってくるw

エンジェルバトラー編である(#^ω^)

この話のちょっと前に、女生徒が心と体が結ばれた相手に制服のリボンを送る習わしが
あるみたいなエピソードがあったのだが、このリボンをくれた女生徒を駒として戦うのが
エンジェルバトルということらしい。いきなり話の方向性が変わったので何かと思ったが
集英社で連載している漫画はどうしてもこうなる運命なのだろうか?ハーレムキングとか
言われても…(´・ω・`)

テコ入れとしてエンジェルバトラー編を始めたのかもしれないが、全然人気に火が
付かなかったのか、エンジェルバトルは計3回くらいしか行われなかったんだったかな?
敵のエンジェルバトラーはグーマン韮崎と上条だけしか出なかった。

その後も1巻くらいは続くけど、ええ、まあ、漫画坂を駆け上る遊人の背中が見えたよ(´・ω・`)
エンジェルバトラー編がなければ普通の打ち切りに思えたのに…


なんでこんな展開にしてしまったんや…遊人(´・ω・`)