月別: 2016年2月

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜をやった(終)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


ファイアーエムブレム 聖戦の系譜

九章 誰がために

闘技場消化で疲れる(ヽ’ω`)
取り敢えずアルテナ隊が迫って来たので、邪魔なドラゴンナイト(ライダー?)を何ユニットか排除し、
葉っぱでアルテナに話しかける。そそくさと帰るアルテナ。
フィーを左上の村の方に派遣してしまったために、残りのドラゴンナイトを一体だけ倒せず(´・ω・`)

入れ替わりに攻めて来たトラバント王も鼻くそほじりながらファバルがイチイバルで叩き落とす。
「落ちろ、蚊トンボ(・∀・)」

ハンニバル隊も迫って来たので、ハンニバルを死なない程度に攻撃し、
その他のユニットをちょこちょこ倒したが、アレスが思ったよりも弱く、
弓アーマー隊の猛攻によって倒れる_| ̄|○
スリープの剣や勇者の槍を持つユニットを警戒して先に倒したのが失敗であったか。

やり直し。

今度は弓アーマー達を先に倒す。直接攻撃系のアーマー達がファバルに迫ったが、
傷一つつけられることもなく(・∀・)

取り敢えず手負いのハンニバルを逃がしてその他は殲滅。城の入り口にセティを置いて通せんぼ。
意外とハンニバルの部下の攻撃力が高くて一瞬びびるがエルウィンドで返り討ち。

左上の村を襲うマウンテンシーフを倒すべく孤軍先行したフィーは傭兵部隊に叩かれる(´・ω・`)
ライブの腕輪を持っていたので、特に何もせず、マウンテンシーフを倒した後は傭兵は無視して南下。
ルテキア城のディスラーと手槍を投げ合わせて小さい経験値稼ぎをさせる。

先の戦闘にてレベル20に到達したティニーと葉っぱをクラスチェンジさせる。おい、葉っぱヽ(`Д´)ノ
マスターナイトにクラスチェンジ出来るのかよ(・∀・) ムッチャユウノウ
トラキア776の時にもこれくらい強くなってくれれば…

葉っぱも無事にクラスチェンジ出来たので、エリートリングを売却。駄目男ヨハンにラクチェが金を貢ぎ、
持たせて置いたバリアリングを売却して、これを購入。闘技場レベル3の勇者の剣使いが倒せなくて
放置していたが、セリス軍に参加したアルテナの闘技場消化のついでにヨハンの方も一戦ごとに試し続ける。

中々上手く行かなかったが、何とか勇者の剣使いを撃破。なんやかんやでレベル7まで撃破。
レベル20になったのでグレートナイトにクラスチェンジ。果たしてこのあと活躍してくれるんだろうか?
心配なのでエリートリングは持たせ続ける。

ルテキア城を制圧し、仲間になったコープルを左上の村へと向かわせ、寄付金集めをさせる。
傭兵たちは倒すつもりであったが、ルテキア城配下だったらしく、制圧で消えてしまった(ノ∀`)
バリアリングはアルテナに取らせた。

コープルが戻って来るまで、ハンニバルに部下を呼ばせて、それを養分とする。
可哀想なカパトギアの兵士たち…
何度か繰り返すうちに飽きてしまったのでコープルでハンニバルを仲間にする。

北西の村にムーサー隊が攻め込んで来たので適当に殲滅する。
グルティア城のシューター付き軍団も適当に殲滅する。

グルティア城を制圧するとトラキア城からドラゴンナイト部隊が4つも出て来たΣ(゚∀゚;)
急いでワープの杖やリターンの杖を使って各城へユニットを派遣。ユニット達が育っていた
こともあり、突っ込んで来た3部隊はそれほど苦労せずに殲滅。

アリオーン隊、というよりアリオーン退治に一回失敗してアルテナがやられた_| ̄|○
ゲイボルグだから余裕だと思ったら、向こうはグングニルを持っていたよ…(ヽ’ω`)

やり直して、セティのフォルセティだったかファバルのイチイバルで削った後で
アルテナのゲイボルグでとどめを刺したんだったかな?

そんな感じで9章をクリアした(´・ω・`)

 

十章 光と闇と

相変わらず闘技場が面倒くさい。と言いつつ貧乏性なので2,3ユニットを除いて☆マーク取得(ヽ’ω`)
ベルルーク城前に居たダークマージ達は特に問題なく殲滅。何人かは眠らされたけれども。
コープルを除いた全てのユニットがクラスチェンジ済みでレベルカンスト前だったから当然か。

それで余裕をかましていてフィーをヒルダの攻撃範囲に置いたら、ボルガノンで撃ち落とされた_| ̄|○

やり直してセティさんでヒルダを片付ける。続くリデール隊も適当に片付ける。
やや強かったかな。子供達はパティのレベルアップに使う。

ラドス城のボス・モリガンはサイレスで黙らせて、ダークマージ共々適当に片付ける。

門が開いたので突撃。雑魚敵はどうでも良かったが、ユリウスを舐めてて、フィンが瞬殺される…_| ̄|○

 
とここで記録が途切れてる…
最後まで書いたはずなのに…( ;・´ω・`)ゴクリッ

どうなってるんだ…この後は朧気な記憶を頼りに補完してみる…

確か、次はイシュタルの方を二人がかりで倒して、その二人をリーンで
再行動可能にして退避させ、リーン自体はレスキューで引っ張ったんだったかな?

それでユリウスとイシュタルが王都に帰ったのでゆっくりと城を攻略したような。
制圧後に出て来た市民かなんかは全部ティニーにつぎ込んだ。
追手のダークマージは市民救出の為に向かわせたフィーに向かってきたw
遅れてきたアルテナと一緒に倒したんだっけかな?

本当はパルマーク司祭の近くに居れば回復して貰えたらしいw
リブローだかなんだかで必死で回復してたわ(´・ω・`)

アルヴィスは強かったが、フォルセティと何かで削って最後はセリスの
ティルファングでトドメを刺したんだっけかな。ほいでライブの腕輪を
貰いに行ったような気がする。

 

終章 最後の聖戦

物語的には最も盛り上がる章だけど、全く覚えていない( ;・´ω・`)ゴクリッ
なんという締まりのないゲームプレイ日記…(ヽ’ω`)

まあ、ほとんどみんなMAXレベルの30くらいになっていて、つまりは
上級職になっていたので、三姉妹と十二神将くらいだったかな、強かったのは。
ああでも、ヒルダを舐めてかかってフィーが一回撃墜されたような気がする。
と思ったけど、それは前章でのことであったか…再び撃ち落とされたんだったか…
全く覚えてない(・∀・)

三姉妹を撃破した方法は忘れたが、各個撃破であったことは間違いない。
もしかするとイシュタルやアルヴィスを退治する時に使った何人かで攻撃、
リーンで再行動可能にして退避、リーンはレスキューというパターンを
使ったのかもしれない。

アリオーンが出て来て、面倒くせぇと思ったが、アルテナで話したら
中立部隊になってアルテナのストーカーになった。

マンフロイに操られてるユリアはセリスで話せばどうにかなんべと思って
放置していたら、駄目だった(ノ∀`) 

マンフロイを先に倒して城を制圧してからじゃないと駄目らしい。
急いで倒しに行けばいいかと思ったが、ユリアが友軍を攻撃してくるので
諦めてリセットした。ユリアに殺されるというよりユリアを殺しそうだったので。

十二魔将を避けつつ、北上。ユリアは北上部隊のつもりで移動させていたが、
足の遅さ故に置いてけぼりをくらっていたラナをロックオンした模様(´・ω・`)

致し方ないのでラナを北西側に逃がす。追いすがるユリアの攻撃範囲に
入らないよう、ひたすら西側に逃し、次のターンで追いつかれるところで
レスキュー(・∀・)

北東のヴェルトマー城を目指したセリス、アレス、セティは二人ほど、
スリープの餌食に_| ̄|○ ナニシテンノヨ…

回復役のラナがいないのでやばいなぁと思いつつも、何とかセリスで
スリープ使いを倒し、その他二人が眠りから目覚めるのを待ち、マンフロイを
撃破。

無事にユリアを覚醒させる(`・ω・´)

十二魔将戦は2,3回やり直したかな。まあ基本的に強いユニットを再行動させて
それ以外のユニットは補助か、戦いに巻き込まれないように蚊帳の外ゾーンで
待機させた。致し方あるまい。

なんやかんやで十二魔将を倒したら、あとはユリアのナーガでユリウスで倒しておしまい。

長きにわたる戦いをナーガで〆た(・∀・)
ってやかましいわヽ(`Д´)ノ


エンディング観るのも疲れた。評価はEAAEでCだったかなぁ?違ったかな?
もうだいぶ前に終わらせたゲームなので詳しいことは覚えていないというか、
他のゲームと記憶が混ざってるかもしれないw

悪くはないけど、ゲームシステムはあんまり合わなかったかな。
やっぱトラキアの方が好きだなぁ…葉っぱは弱かったけど(´・ω・`)
あとなんか凄い長かったイメージがあるな。ボリューム的には
初代のリメイクとか覚醒と変わらなさそうなんだけどな。

ファイヤーエンブレムって初代と外伝と初代のリメイクとこれと
トラキアと覚醒しかやったことがないから、他のもやりたいなぁと
思いつつも、GBA時代のバーチャルコンソールはWiiUでしか出来ない
みたいだし、GC版とかWii版のは値が張るからなぁ。

まぁまた今度お金があったら挑戦することにしよう(´・ω・`) ソンナトキガクルノカ?

『釣りバカ日誌3』を観た

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


釣りバカ日誌3

終戦の年に一之助が赴任していた思い出の地、上伊豆町・星ヶ浦(架空の土地)で釣りバカコンビは、かつて一之助と訳ありだった女性の娘・雪子(五月みどり)と釣り船を共にする。カラオケ教室の先生をしている雪子は、美しい星ヶ浦を愛し、建設会社によるリゾート開発の反対運動に参加している。

一方、伝助とみち子さんは幸せな毎日を過ごしているが、唯一の悩みは“子宝に恵まれない”ことだった・・・。

伝助の家の飾り(表札?)が2でやっていた鯛のキスゲーム?を立体化したものだったw

今回の営業三課の香織がTARAKOだった。ちびまる子ちゃんのアニメの開始が1990年1月7日で
この映画が1990年12月22日なので、ちびまる子ちゃん人気の絡みでの起用なのかな?

どうも釣りバカ日誌のマドンナは微妙な人や歳を取った人が多く、今回の五月みどりも
いまいちな感じだったので、どうでもいいなーという感じで観てしまった。
まあ、このシリーズの肝はスーさんと伝助の仲だから、マドンナは若い美人じゃなくてもいいのか。

戸川純の写真立てのくだりや伝助の家や社長室でのドタバタ等々、コメディパートは
文句なく面白かった。ミチコさん役の石田えりが素で笑ってるようなシーンもあったw

ロマネ・コンティや墓石とかスーさん、散財しすぎだろ(´・ω・`)
ああ、携帯電話もあれだなw

今回も伝助は写真が新聞に載って〆られる展開だったw


まあ、オールハッピーエンドでしたわ(・∀・)

Vertical SeekbarでthumbをsetThumb()を使ってアニメーションをさせようとすると上手く行かない件(´・ω・`)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


ようやく重い腰を上げてアニメーションthumb付きのSeekbarをプログラムに組み込む。
特に問題なく動いた(・∀・)

Vertical Seekbarにもアニメーションthumbのコードを追加した。
特に問題なく動いた(・∀・)  …かのように見えた。


次のステップに進もうして眺めているうちに、Vertical Seekbarでのアニメーションが
おかしいことに気づく。アニメーションはしているが、アニメーション中はthumbが移動しないのだ(´・ω・`)

今実装しているアニメーションは決め打ちのアニメパターン(6枚)をsetThumb()で差し替えるものであったが、
追加時に面倒くさくて4枚しかdrawableフォルダにコピーしてなかったので発覚したのであった(ノ∀`)
この状態だとアニメパターンはループせずに4枚目を表示した後に停止し、setThumb()を呼び出さず、
thumbの移動が開始する。試しに残りの2枚も追加するとVertical Seekbarではthumbが全く移動せずに
ひたすらアニメパターンが繰り返し描画された。

おおまかな原因を突き止めている現在にこういう風に書くと、誰が見てもおかしいのはsetThumb()にあるのは
すぐにわかるが、それを突き止める為に数日間を無駄にした…(ヽ’ω`)

まあ専従でバグを突き止めようとしていたのではなく、dmm見放題ライトのavを流しつつ、kindle等で無料
配信されていた漫画を読んだり、テレビを横目に見つつだったり、PS2のゲームをやりつつ、ちょろっと
思いついたことを試したりしていたので余計に時間がかかったのかもしれない(・∀・)


一番最初に疑ったのはVertical Seekbarのコード。これは覚え書き 主にレイアウトの背景色の時に
参考にしたものだが、完全には理解してない(ノ∀`)

というわけで、このコードの部分を変更したり削ったりしてみたが、状況は変わらず。

次に疑ったのはアニメーション用に追加したValueAnimatorだったが、これはよくよく考えてみたら
横方向のCustomSeekbarにも同じように追加しているので犯人でないw

ますますもってわからなくなり、最後にsetThumb()をコメントアウトし、その状態で実行すると
問題なくthumbが動くことから(ValueAnimator追加前に戻したとも言える)、setThumb()を疑うことに。


なんかバグじゃろかとぐぐったりしたが、特にヒットすることもなく。
悩んだ挙句に親クラスを追っていった。

すぐ上のSeekbarはsetThumb()を持ってない。2つ上のprogress barはthumbを持たないはず。
ということはAbsSeekbarか( ・´ω・`)!!

でまぁ、中を適当に見たがよくわからない。しばらくこれとVertical Seekbarの挙動を眺めた末に
setThumbPos()に対して渡す引数がgetWidth()とか横向きのSeekbarしか想定されていないのが
原因なんじゃないかなぁと推測した。setThumb()する度にここで横向きの位置にセットされてしまい、
縦方向は移動せず、その幅から横方向にも移動せず、その場に止まっているように見えるのでは
なかろうかと。

で、じゃあsetThumbPos()をオーバーライド出来ないかと思ったけど無理(´・ω・`)
setRotation()を使う形にしてdrawThumb()をオーバーライドしてどうにか出来ないかと思ったが無理(´・ω・`)
とにもかくにもAbsSeekbarを触るのは駄目らしい。


ここで考えられる対応策は

  1. Progressbarを継承してAbsSeekbarの実装を移して、更にSeekbarの実装を移す。
  2. 最低限の単純な機能しか持たない独自の嘘んこSeekbarを作る。
  3. Vertical Seekbarでのアニメーションthumbを諦める。

くらい。

でもまあ1番目の策はめどい(´・ω・`)
そしてそこまでの能力はない。故にパス。

2番目の策もめどい。でも最悪これもありか?

3番目の策はアリといえばアリだが、この先も出てくるであろう妥協しなければならない点を
踏まえるとここで妥協カードを早速使ってしまっていいのだろうかと悩むw

どうしようかと思いつつ色々と試す。
そして上手くいくかどうかはともかく思いつく( ゚Д゚)ピコーンッ

「setThumb()しなければ、位置は動く。drawThumb()は変えられないけど、SeekbarのonDraw()の中で
thumbの位置に絵を描いちゃえばいいんじゃね(・∀・)?」

			Drawable d = getResources().getDrawable(i);
			c.save();
			c.translate(super.getPaddingLeft()-super.getThumbOffset(), super.getPaddingTop());
			d.setBounds(getThumb().getBounds().left,
						getThumb().getBounds().top,
						getThumb().getBounds().left + d.getIntrinsicWidth(),
						getThumb().getBounds().top+d.getIntrinsicHeight());
			d.draw(c);
			c.restore();

みたいな感じ。
c.save()とc.restore()ってやる必要があるかどうかわかってないw

まあこれでValueAnimatorのonAnimationUpdate()でカウント用の変数をインクリさせて、onDraw()で
アニメパターンを変更しているけど、これでいいのかどうかはわからないw

何はともあれ、これでthumbをアニメーション化出来るみたいだ(・∀・)
まあ今回は元の絵(アイコン)とアニメパターン(元の絵にちょっと追加しただけのもの)は基本的な部分が
同じなので問題はないが、実際の実装時にはアニメーション時のデフォルトthumbは何も描かれていない
画像をセットしなくちゃいけないかな?


中々先へ進まない(´・ω・`)

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜をやった(3)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


ファイアーエムブレム 聖戦の系譜

六章 光をつぐもの

やっと子供世代だ(´・ω・`) ナガカッタ…

武器継承の用意は前章の砂漠進軍の前に済ませておいたので特に問題もなく。
セリスにはエリートリングを持たせておいたので成長が速いな。

こんな4ユニットだけで勝てるんじゃろかと思い、ターンを進めたら、
オイフェとディルムッドとレスターが増援に来た。
最初、「この髭面ダンディ、誰や?フィンか(´・ω・`)?」と思ったらオイフェだったw

一つ目の城を制圧したら、フィーとアーサーが現れた。
適当に進軍してて、アクスナイト隊が本軍に迫って来ている状態だった。
フィーは右下の、アーサーは上の村に居る盗賊を始末してもらおうと思ったが、
アクスファイターの部隊がアーサー目指して迫って来た((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

この後、山側に逃げることが出来ることに気づかずにアーサーが斧でみじん切りに
されたりしたが、リセットを繰り返して、何とかセリスが助けに来るまで持ちこたえることが出来た。
アクスナイト部隊を必要以上に養分にしてからラクチェで話しかけたのが原因かもしれないw

取り敢えずアクスファイター隊を倒した後、シュミット隊との衝突。
いかずちの剣を持ったディルムッドが敵の体力をいい具合に削ってくれたので、意外と楽に殲滅出来た。

特にあとは何も無かったかな?

 

七章 砂漠を越えて

あんまり記憶に残っていないw
初回は盗賊娘がやられてしまったんだったかな
あと初回は葉っぱをナンナのリターンで本城へすっ飛ばす作戦にしたが、
あんまり意味がないようだったので二回目にやり直した時にはもうやらなかった。
前半でフィンをデュークナイトにさせてしまっていたのでアーマーナイト達は
さして問題ではなかった。どうもここで葉っぱを鍛える為にフィンは前半で
ある程度まで強くしたら、そのままにしておくべきだったらしいw まあいいや。

アレスの育ての親?みたいなジャコなんとかいう雑魚傭兵隊長も三人娘も
ブルームの息子とその相棒も特に問題なく。
リーンが囚えられている城のボスでティニーのレベルアップを図る。
ブルームでレスターのレベルアップとその回復でラナ、妹、ナンナのレベルアップを図る。
ナンナ以外はクラスチェンジした。

レベル19のレスターがゆうしゃのゆみを装備していてもなかなか攻撃が当たらずイライラするヽ(`Д´)ノ
レスターを本城へリターンしたあとはオイフェおじさまをトールハンマーの受け役にして回復を続ける

 

八章 トラキアの竜騎士

段々飽きてきたのか、記録がほとんど残っていないw

ナンナとフィンが育っていたので、オーヴォ隊はどうにかなるかと思ったが、
ワープの杖で何体か増援を送った気がする。送り過ぎて、セリス側でユニットが
足らなくなり、ムハマド隊を殲滅するのに時間がかかったような記憶があるw

三姉妹は各個撃破していったので特に問題なく。

フィーが先行して敵の盗賊を倒し、本隊がゆっくり進んでファバルをパティで
仲間にしたんだったかな?

イシュタルはフィーにつられて右往左往しているうちにいなくなったような。
フィーはファバルにもイシュタルにも攻撃されることはなかったけど、
守備兵のマージだかなんかのサンダーストームを食らってビビったような気がする。

ブルームはあんまり強くなかったので、レベルアップに利用したんだったかな。

コノート城制圧後は、パティで逃げてきた市民狩りをして大幅レベルアップをした。
竜騎士隊が何故かアルスター城方面に行ったのでファバルやら何体かをリターンさせて殲滅させた。

盗賊はフィーとセリスで倒した。シーフの腕輪はセリスが入手してしまった(ノ∀`)
マンスター城はセティと話して、そのままミーズ城へ向かった…んだったか?

ロングアーチが多少うっとうしかったが、ミーズ城は大して苦労もせずに制圧したような…
加入組の闘技場をこなして疲れる。