巌窟王 1巻 / ケン月影・久保田千太郎

1815年、商船ファラオン号に一等航海士として乗り込んでいたエドモン・ダンテスは、重病のルクレール船長からエルバ島に流されている元皇帝ナポレオンへの小包を託された。ダンテスはエルバ島に渡り、ナポレオンから一通の手紙を預かる。航海を終えたダンテスは、船主モレルから死んだクルレール船長の後任を命じられたが、彼を妬む会計係のダングラールが、メルセデスに横恋慕するフェルナンを唆し、ダンテスがナポレオンと接触した事を当局に密告させる。ダンテスはメルセデスとの婚約披露の夜に逮捕された。検事ビルフォールはナポレオンの手紙の宛先が父のノワルチェだと知って、手紙を焼き捨て、ダンテスを牢獄に閉じ込める。岩窟王の完全劇画化!

無料配信で1巻だけ読んだ(・∀・)

ケン月影というと劇画系アダルトコミック(官能劇画?)の人のイメージだが、
こういった普通の漫画も描いてたんだねぇ。

巌窟王はなんとなくストーリーは知っているけど、劇画の精細な絵柄と
マッチしていて続きが気になったw 1巻が良いところで終わるしw


右側が我らが主人公 エドモン・ダンテス、左は悪役のダングラール
Monte-Cristo_00

運命の別れ目、この頼みを引き受けなければ…(´・ω・`)
Monte-Cristo_01

船長に選出、なんと人望厚き男か
Monte-Cristo_02

ダンテスの婚約者 麗しきメルセデスちゃん(・∀・) ベンツジャナイヨ
Monte-Cristo_03

幸せの絶頂、結婚式の最中にダンテスは逮捕される(´・ω・`)
Monte-Cristo_04

もう一組のカップル。このビルフォールが保身の為にダンテスの不幸のどん底に突き落とすヽ(`Д´)ノ
Monte-Cristo_05

ビルフォールがノワルチェの息子とは露知らず
Monte-Cristo_06

ビルフォールはダンテスの為を装って証拠隠滅をするが…
Monte-Cristo_07

疑心は尽きることなく、その矛先はダンテスへと襲いかかる
Monte-Cristo_08

シャトー・ディフ。”巌窟”王というから岩場の洞穴に閉じ込められていたのかと思っていたが、
本当はちゃんとした牢獄に閉じ込められていたらしい。サイ、カワイソス( ´・ω・)
Monte-Cristo_10

この期に及んで呑気なダンテス。・゚・(ノД`)・゚・。
Monte-Cristo_09

ようやく我が身の不幸に気づくも時既に遅し(´・ω・`) そして次巻へ続く
Monte-Cristo_11


全6巻くらいなので、これもいつか読破出来そう(・∀・)