月別: 2016年7月

冒険してもいい頃 みやすのんき

冒険してもいい頃

浪人生・小金井純平は、大学受験を目指していたが、高校時代の先輩に誘われ、心機一転し先輩の勤めるAV会社「アポロ企画」にやってきた。それでも小金井は帰って模試の勉強をしようと引き返そうとするが、扉からアポロ企画の女性監督・若葉美和が現れ、面接に誘われる。小金井はおどおどしながらも面接に受かるが、ポルノ男優という想定外の仕事を背負うことになる。しかし美和のお色気に負けて、アポロ企画に入社することを決意。小金井の苦難と青春のAV会社での生活が、今始まる。

こないだ、kindleで90%オフセールをやっていた時に全巻買ってやった。
全巻買ってやった(・∀・) ダイジナコトナノデニカイイイマシタ

まあ昔漫画本で持っていたので、ストーリーは知っていたのだが
改めて読んでみて、ハチャメチャな漫画だなと思ったw


小金井純平
今作の主人公。田舎から上京してきて映画監督を目指す巨根です(´・ω・`) モテモテデス
1巻で千恵に「大きいのね………18センチくらいあるんじゃない?」と言われてるので
そのくらいなんだろうとは思うものの、漫画内表現からすると明らかに40~50cmは
あるのではなかろうかと思われる巨根です。
koganei

若葉美和
この漫画のヒロイン。アポロ監督の女性監督。恋愛物のヒロインのお約束として、
やや潔癖タイプでありながらも時々欲情し、嫉妬心が強いw 
1巻というか第一話の時はかなり「やるっきゃ騎士」風であるがすぐに絵柄が落ち着く。
miwa
志乃原千恵
人気AV女優。純平の筆下ろし相手となる。何気に何回も純平と関係する。主人公に執着しないお姉さんタイプのサブヒロイン。6巻でダーク映像の所属となり、アポロ企画と対立することになる。
chie

三上翔子
原宿で純平を逆スカウト?した、地味な生活を送っていた女子高校生。アポロ企画のレズビデオ「聖少女の憂鬱」に出演したことをきっかけにポリプロにスカウトされる。特にアイドルになることに興味はなかったようだが、自分に振り向いてくれない純平を忘れる為、純平の夢である映画監督の道を拓くことを条件にアイドルになる。主人公を追いかけ続ける妹タイプのサブヒロイン。「天国城大戦」編の後は最終回の一回前に出てきて、純平と美和の合体の手助けをするのみ。なんかカワイソス( ´・ω・)
shouko

氏木正美
アポロ企画社長。金に目がくらむこともあるが人情家。
時々アレなところがあるが基本的には尊敬出来る人物。
石川先輩
純平をエロビデオ業界に引きずり込んだ張本人。
凄くいい加減で駄目な人(´・ω・`)
11巻に収録されている番外編「石川先輩物語」では、上京前の石川先輩のことが
描かれている。ところで純平とはどのくらい歳が離れているのだろうか?
純平達が標里高校に入る6年前に映画研究部を創設したとあるので、6~8歳差か。
ujikiishikawa

安藤さとみ、ゆき子、ちえみ
翔子をポリプロに取られたことによって起きた社長との口論でアポロ企画をクビになった純平が故郷に帰る電車内で知り合った聖友女子短大生三人組。後にアポロ企画のレズビデオ「聖少女の神話」に出演する。 関係ないけど21回も出したら絶対死ぬよね…(ヽ’ω`)
andohsatomiyukikochiemi

島村由美子
高校時代、純平と恋仲に近い関係であった女性。6巻でダーク映像のAV女優となり、アポロ企画と対立することになる。
yumiko

森本美緒子
翔子の芸能界仲間のアイドル。登場回以降、出て来たか?
出て来ていたとしてもモブみたいな扱いだったような…
morimoto

——ここまでが3巻までの登場人物——
3巻の後半以降からは純平は大監督・渋谷正造の下で竹松映画50周年記念映画「誰が涙を見たのか!?」の撮影スタッフとなる。
この辺りからせっくるシーンが変な感じになっていくw
というか美那佳子のシーンがおかしいだけかもしれないw


渋谷正造
この頃はまだ普通で写実的な渋谷監督。
後の「小川真砂子AV出演騒動」編で美那佳子みたいにおかしくなるw
モデルは深作欣二?
shibuya

美那佳子
ベテラン女優。モデルは三田佳子かねぇ?
「手の内シビレフグ」「阿修羅固め」の使い手。
yoshiko

小川真砂子
女優志望の渋谷監督の秘書。6巻では彼女のAV出演を賭けて渋谷正造事務所vsアポロ企画の戦いが勃発する。
masako

ジミー山村
純平に勝るとも劣らないイチモツで千恵と由美子を籠絡したダーク映像社長。
村西とおる辺りがモデル?
jimmy

——ここまでが7巻までの登場人物——
4、5巻が「『誰が涙を見たのか!?』撮影」編で、
そこから6巻の前半までが「小川真砂子AV出演騒動」編、
6巻後編~7巻は「ダーク映像」編と言った感じ。
映画の結末はわけがわからないw ヤッパリミンナキョコンガイイノカ…(´・ω・`)
「ダーク映像」編は甘酸っぱさがちょっと残る感じの終わり方だった。


馬内大作
マジTV社長。鹿内信隆がモデルか?
mauchi

五島久美子
馬内大作の孫娘にしてモデル界の女王。もしもモデルが後藤久美子以外だったら笑うw
gokumi

城崎満ちる
純平がアポロ企画を辞める際に出て来る。実は…という展開だったが、
その後は全く出て来ない、聖闘士星矢の美穂ちゃん並に忘れられた存在(ノ∀`)
michiru

六社秀雄
純平が問題を起こして「天国城大戦」の監督を降ろされた後に、監督を引き継ぐ。
五社英雄がモデルだろう。渋谷正造同様、最後の方はおかしくなるw
musha

奈取裕子
六社秀雄の子飼いの女優。暗い過去を持ち、セックスマシーンとして育て上げられた。
名取裕子がモデルだな、主婦の勘によれば( ・´ω・`) ダレガシュフヤネン
natori

今田みき、浅田温子、有林也美
天国城の亡霊に演技指導された三人。それぞれ今井美樹、浅野温子、有森也実か。
ちなみにこれ以外に最低3人は演技指導されてる模様。
imada
asada
narimi

——ここまでが10巻までの登場人物——
正確には北王子暁雄と福山美智子は2巻段階で出ているので、10巻段階で
この漫画の主要人物は登場済みである。
「天国城大戦」という映画の結末もわけがわからない(ノ∀`)


北王子 暁雄
2巻で既に登場していた、この漫画のラスボスキャラ。
美和さんに執着し、付け狙う。

福山美智子
北王子に付き従う秘書。北王子の命令ならば何でも聞く。
どうでもいいがイレポンダシポンて表現はなんだよw
fukuyama

「北王子暁雄」編は結構微妙かもしれない。千恵の相手を選ぶイベントは
弓月光の「みんなあげちゃう」のフリンピックのパロディだったんだろうか。


というわけで、紙上からわかる小金井純平の経験人数は16人ですかね(*´・ω・) イイデスネ

エロ部分を除いても美和さんや翔子とのラブコメ部分が面白かったので、
まあトータルでも読んで損はない漫画かなぁ(・∀・)
「めぞん一刻」辺りの影響を受けてたりするような気がするけどどうだろう。

ちなみに同じ作者の作品「AVない奴ら」でも主人公が田舎に帰って云々という回がある。
作者はこのパターンが好きなようだが、東京出身らしいんだよなぁ。そこは謎だw