学園シャンプー 1巻/望月三起也

主人公・白河総司(しらかわそうじ)、14歳。少々セコイところもあるが、明るくさわやかで、シャンプーと呼ばれている男の子だ。総司は古代ミュー大陸人の子孫で、超能力者だが、その腕はまだまだ未熟。ある日、電車の中で不良にからまれてしまい、総司は超能力を使うが・・。

学園シャンプー

望月三起也作品にしてはコメディ色が強い感じ。「Oh!刑事パイ」路線に近いのかな。
考えてみるとSF作品というのも珍しい気がする。
赤いネコもミュー大陸の生き残りなのだろうか(´・ω・`)?

amazonに載っているあらすじには総司は”古代ミュー大陸人の子孫”とあるが
一巻の段階ではそんなことは描いてなかったような気がするから、続刊で判明するのかな?


冒頭、赤いネコ?に襲われて墜落する飛行機。操縦士は総司の父であった。
gakuenshanpu-01gakuenshanpu-02

シャンプーこと白河総司。別におしゃぶり癖が中学生になってもとれてないわけではない。
gakuenshanpu-00

ミュー大陸の古代地球人の子孫。ネコじゃない。
gakuenshanpu-03

自称・総司のフィアンセのトモ子のサービスシーン。ちなみにトモ子もテレパス能力を持つ。
gakuenshanpu-04

謎の第七騎兵と呼ばれる男。無茶苦茶強いが中学生w 松田優作辺りをモデルにしたんだろうか?
gakuenshanpu-05

ゼロハン強盗団。今だと単体のひったくり犯が横行してるな。
gakuenshanpu-06

総司の超能力の一部。いや、軽能力かw
gakuenshanpu-07

トモちゃん大ピンチヽ(`Д´)ノ
gakuenshanpu-08


全3巻。そのうち読む。