ブラックジャックによろしく・新ブラックジャックによろしく・漫画貧乏 / 佐藤秀峰

ブラックジャックによろしく

無料で入手していたが為にずっと「後でいいや(・∀・)」と放置していた『ブラックジャックによろしく』を読み終えた(`・ω・´)
(『新ブラックジャックによろしく』は一冊11円、全巻で99円のセールの時に購入)

物語の中身はWikipediaの主人公の説明でほぼ記載されている。

斉藤 英二郎(さいとう えいじろう)
本作の主人公。名門の永禄大学卒の研修医。25歳。実家は千葉県銚子市とみられる。5人兄弟の2番目で、父親は中学校の英語教師。大学卒業時には医者としての理想を抱き希望に燃えていたが、実際の医療現場に携り、理屈や正義で解決しない辛辣な現状を知ることとなる。性格は純粋で一直線。患者のためを思い奔走するが、そのたびに医局や教授、日本の医療事情の現実と衝突する。

物語の構造は基本的に

  1. 研修医・斉藤が永禄大学付属病院のさまざまな診療科に配属される
  2. その背景が説明される
  3. 担当した患者に対する既存の治療方針に対する疑問を抱く
  4. 周囲を巻き込みつつ事態が進行する
  5. 解決ではないけれど、一つの答えというか現実を経験し、次の科へ配属される。

みたいな感じ。

俺氏は医学知識とか全くないから、この漫画の内容が正しいのかどうかよくわからない(・∀・)
昔、病院の夜間外来受付のバイトをしていたので、研修医みたいな若手の先生が当直に来てたのは知っていたけれども。
加えて無印の連載が2002年~2006年、新が2007年~2010年ということなので、現在の医療の現場とは事情が異なると思う。

また、この作品をリアルであると言う医療従事者と全くのフィクションと言う医療従事者も居るので内容を鵜呑みにするわけにはいかないとは思うが、これはこれで良い作品なんじゃないかなぁと思った(・∀・)

正直、斉藤の思考や行動は理解しがたいものでw、その部分を重く捉えてこの作品を低く評価する人がいるようだが、この作品のテーマは「有限の生命を持つ人間の”生きる”とは何か」、「人間の生死に緊密に関係する”医師”とは何か」であり、法の制約や現場医師達のポリシーなどによって構成される医療の現状に斉藤という狂言回しを投じて、それによって生じる波紋を描くことによって何が正しく何が誤ってるのか、”正しい”は本当に”正しい”のか、”誤り”は本当に”誤り”なのかという疑問を提示し、再考を促しているので、その部分のみをあげつらって、この作品を単純に評価すべきではないんじゃないかなぁと思ったり。

まあ、これを斉藤という主人公の人間の成長物語として読むと確かにちょっとどうよ感に襲われるのは致し方ないかもしれないけどねw 恋愛パートとかは特にw


NICU(新生児集中治療室)編、第四外科編、移植編辺りが好きかな。色々と深いような、難しい問題のような気がする。小児科編もピリッとしていた部分があって悪くはない。読後感は良くないかもしれないが。昔、夜間外来受付のバイトをしていた時にベッドがなくて受け入れられないということは実際にあったな。輪番の時なんか特に(´・ω・`)

精神科編はなんかちょっと精神病患者の方に寄りすぎな感じがした。『漫画貧乏』で2005年12月に”ある団体から重大な抗議を受ける”とあるが、実はこれに関連してるのだろうか? 精神科編は9~13巻で無印の連載終了は2006年だし。

移植編の後の年代ジャンプはいいとしても、その後がなんか雑な終わり方をしたような気がしないでもない。
イラストカバーの件でも揉めてたから打ち切りだったんだろうか?

高輪教授が一番美味しいところを持っていったような気がする(・∀・)


この作品を二巻の途中くらいまで読み進めていて、ふと、「あれ?俺この人の漫画を読むの初めてだけど、この作風は何処かで見たことあるぞ、あれだ、あれ、あの漫画……弟子かアシスタントか(´・ω・`)?」と思ってぐぐる。

漫画なんだっけ? -> 宮本から君へ
作者誰だっけ? -> 新井英樹

Wikipediaの新井英樹の項目を見る。
関連項目に

佐藤秀峰 – Twitterで新井の影響を受けた発言をしている。

とあった。

更にぐぐると

実は僕は作家としては漫画マニアの間では常に新井英樹さんと比較されてきました。「新井英樹のパクリ作家」と呼ばれたり、中には「宮本から君へ」の作者と僕と勘違いしている方もいました。

僕の好きな漫画8「宮本から君へ」 | 佐藤秀峰

ああ、やっぱ皆そう思うよねw
パクリ云々はともかくも読んだ人が判っちゃうくらいの影響力ってちょっと面白いと思った(・∀・)

関係ないけど、新井英樹の奥さんって入江喜和……「のんちゃんのり弁」の人か。
映画は凄く微妙だったな…(´・ω・`)


漫画貧乏

『ブラックジャックによろしく』の後に読むと面白いw
斉藤英二郎は佐藤秀峰とある種似ているなと思えるだろうw

佐藤秀峰側の一方的な視点なので、実際のところはどのくらいが真実なのかはわからないが、出版社側の傲慢さが横行しているのだなというのが読後感。小学館の雷句誠問題や昨今のその他の漫画家の告発を踏まえると、それほど嘘は言っていないのではなかろうかと思う。電子化に移行したとしても認識を改めない限り、出版業界斜陽の加速は免れないだろうな。

コンセプトは異なるが”漫画 on Web”と似たようなサイト、”マンガ図書館Z”があったなぁ、この二人は対談とかしてないのかなとぐぐったけどなかった。
ヒットした300万ダウンロード突破『Jコミ』が目指すもの – 赤松健インタビュー(前編)
という記事で赤松健が佐藤秀峰に言及していたりしていてちょっと面白い。
否定とは言わないけれど、ばっさりと切り捨てている感じがしたw

まあ赤松健自身も自分の漫画家としての才能というかスタイルの限界を理解し、自らをもばっさりと切り捨てているのでそれほどの悪意は感じない。確かに赤松健の漫画が無料公開されていても読む気にはならんもんな。漫画プロデューサーの道を邁進して行ったほうが良いよなぁ。
実写ドラマの『MAGISTER NEGI MAGI 魔法先生ネギま!』は太もも目当てでちょっと観てたけど(*´・ω・)

まあ、新しい世界への道は一つじゃないだろうし、どちらからでも辿り着けるかもしれないし、どちらからも辿り着けないかもしれないので、それぞれ模索を続けて行って欲しいのぅ(“・ω・゙)


そう言えば佐藤秀峰って不倫して離婚しなかったっけとぐぐってみたら、色々と記事がヒットした。
元奥さんも漫画家で佐藤智美という人らしい。
何を描いてる人かなと思ったら『ムショ医』の人か。
あれも無料配信の時に何冊かダウンロードしたはずだけど、まだ読んでないな。
そのうち読もう(´・ω・`)

入江喜和の『おかめ日和』と佐藤秀峰の『特攻の島』もセールで買って読んでないから読まないと(´・ω・`) イソガシイ

※2017/07/01追記
そういえば忘れていたが、新ブラの4巻 P79辺りのこのシーン。”以外”じゃなくていいのかな?