無料配信漫画等々をいろいろ読んだ(・∀・)-11

はたらく細胞 1巻 / 清水茜

白血球、赤血球、血小板、マクロファージ、記憶細胞、キラーT細胞、NK細胞、B細胞、マスト細胞…etc.人間の細胞の数、およそ60兆個! 彼らは皆、体の中で休むことなく働いている! 体内に入ってきた細菌・ウィルス・異物には徹底抗戦! そこには細胞たちの知られざるドラマがあった!シリウス新人賞出身の清水茜が描く、細胞擬人化ファンタジー!

医療漫画とは違った切り口だったので、まぁまぁ面白かった(・∀・)
小学校の保健室や図書室に置いておいていいかもしれない。
化膿レンサ球菌とか怖い((((;゚Д゚)))

一番好きなシーンかもw


ヒーローマスク 1巻 / 【作画】鶴ゆみか【脚本】オカベタカシ

まあまあ面白かったけど、リリコの言うことは暴論だよね(´・ω・`)
公式サイトで”「ヒーローマスク」は連載が終了しました。”とあるが、それは「試し読み」ではなくて「お知らせ」とかじゃないのだろうか? タグ?が間違っているような。

力なくして、人はヒーローになれるのであろうか(´・ω・`) アブナイヨネ


彼岸島 1~3巻 / 松本光司

つまらなくはないけども、あんまり続きは気にならなかった。
とはいえweb上のネタになっているから、やはり現代ネット教養として読んでおくべきであろうか( ・´ω・`)?
でも33巻だから、ネカフェ以外の選択肢はないなw

丸太さえあれば、人は何処でも生きていける。


流されて八丈島~マンガ家、島にゆく~ たかまつ やよい

青い海と大自然に囲まれた八丈島在住の作者が描く、笑いあり癒しありの八丈島ライフエッセイコミック!!
絶品島グルメや穴場観光スポット、マル珍風習など、八丈島のすべてをご案内!
オタク一筋だった作者が一転して、八丈島LOVEに!? 島初心者も、島好きも読めば読むほど、八丈島に行きたくなる!!

ぼちぼち面白かった(・∀・) これは99円セールかなんかで買ったのかな?
八丈島とか離島のことは全く知らないので移住したいとは思わないけど、行ってみたい気はする。まあ八丈島じゃなくてもいいんだけども。だかしかし金がない(´・ω・`)

でも八丈島って吸血鬼ウィルスに襲われたらどうするんだろう、丸太あるのかな(´・ω・`)?

続編が4冊出てて最新作で10年目と行っているから、もうほとんど島の人と同化して、八丈ギャグを使いこなしているに違いない(・∀・)


地雷震 1巻 髙橋ツトム

むかーし、ちょっとだけ雑誌で読んだことがあるかな。
ハードボイルドっぽい作風で、まあ嫌いではない。
でもそれ以上の感想が出て来ないw
続編である『地雷震 ディアブロ』の1巻も併せて読んだが、北朝鮮が開発したウイルスを日本の孤島でばら撒いたとかどうとかと丸太が必要になりそうな話だった(・∀・) アタマヲツブセ

新宿署の刑事・飯田響也


カレチ 1巻 / 池田邦彦

昭和の時代の国鉄を舞台に、長距離列車に乗務する客扱専務車掌(=カレチ)がプロの仕事を追求する、一話完結シリーズ。いまでは失われてしまった日本ならではの職場慣行や、働くという事の真の意味をドラマチックに描き出し、読者から共感や憧れの声が殺到!

電車には全く興味はないが、中身は人情物なので、中々良かった(・∀・)
最初の話はなんとなくオチが判っちゃうよね。職業まではともかくも。
読み切りも中々。

カレチニハナヲサカセマショウヽ( ・∀・)ノ ← 違う