うにのトゲは刺さると痛い(´・ω・`)-5

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


だらだらしていたら、もう一週間くらい経っていた(´・ω・`)

ようやくGitを使い始める

Unity を Git でバージョン管理する等を参考にGitでバージョン管理をするようにした。というほどのことでもないが。SourceTreeってAtlassianが作ってるGitクライアントなのか。
でもローカルリポジトリだけなので、そのうちVPSサーバの方にクローンしないといけない。
その前にサーバの維持費用捻出出来るかしら(´・ω・`)


あとは特に調べたというほどのこともなく、適当実装しただけ(´・ω・`)

取り敢えず、無料素材のトランプ画像を組み込む(´・ω・`)ワンクリックボキンシタデ

今ひとつUnityでのプラグラミング方法が分からず悩む(´・ω・`)
結局、各カードオブジェクトにくっつけているCardManager.cs内に選択されたカード(一枚目、二枚目)への参照を保持するクラス変数を作って、update内でチェックする形にした。二つとも格納されたら、表示時間を設定して、毎update()毎にTime.deltaTimeで減算していって、0以下になったらジャッジして、マッチならオブジェクトをDestroyし、マッチ/アンマッチ関わらず表示部をクリアするようにした。

 

マッチした時は、何らかのアニメーションを入れるべきか否か。
でもそこら辺は苦手なのでパーティクル?とかでごまかそうかな。
ようやく神経衰弱の骨格部分は出来たので、もう少しゲームっぽい装飾をしよう。
そうしたら、本当に作りたかった部分を実装するかな。
まあしかし、トランプを使ってるからとは言え、カードセットは54枚じゃなくてもいいかなぁ。
後々のことを考えて24,36,48のセットを選択出来るようにすればいいか。