うにのトゲは刺さると痛い(´・ω・`)-12

進んでいるように見えて後退してる(´・ω・`)?

と思いながら、漸進中…(ヽ’ω`)

実際は後退はしてないんだけども、最初の想定が甘すぎたので、やらならければならないことの実際量を目の当たりにして自分の中の適当工程表が長くなり、相対的に後退しているように思えてるだけ(ノ∀`)

この動画だと潰れていてわからないが、sqliteで読み取った日本語と英語のデータを対にしてカードにセットし、裏面も替えられるように出来た(・∀・)

問題は糞長い国名を持つ国をどうするかであるw
TextのBestFitとかでもいいんだけどねぇ。まあでも出来ればRichTextでsizeを指定してしのぎたいw

長いのってこの三国だけなんだけどねぇ…

  • セントクリストファー・ネーヴィス(セイント・キッツ・アンド・ネイビス連邦)
  • イギリス/グレートブリテン及び北アイルランド連合王国
  • セントビンセント及びグレナディーン諸島

まあ日本語表記ではこれだけだとしても、ひらがな表記、えせローマ字表記では更に長くて問題になる国は出て来るだろう…これについては単純にsizeを小さくして対応するしかない。老眼の俺氏では最早読むことは叶わないだろうがこの二種の表記はそもそも俺氏のような日本人中年男性向けのものではないので、読みにくくても

かまわん(・∀・)

いずれにしても、この確認作業が色々めどい(´・ω・`)
この後、国旗との同時表示モードも試さないといけないし。
プログラミング(技術調査?と実プログラミング)もデータ作りもテストも自分一人でやるのは大変だと思いました(・∀・)(小並感)

まだもうちょい、先に作ろうとした単純神経衰弱のゲーム的なギミック作成に入れない(ノ∀`)
カードデータ・セットももうちょい作らないといけないし…

何はともあれ、思ってた以上にスマホで小さいフォントを使うと老眼の人には読めなくなるのだなと知った…(ヽ’ω`)


お気に入りに入れてあるから、おそらくは参考にしたんだと思うんだけども、色々やりすぎてどの局面で参考にしたかよく覚えていない(´;ω;`)

多分、抽象クラスを継承させたクラスを処理系内部で判別して処理を分ける必要が出て来て調べたり、ImageやTextをどうにかして字を突っ込んだりいじったりしようとして調べたんだと思う…

参考:
Text
オブジェクトの親子関係のまとめ – Unity
Object.GetType メソッド ()
Genericsメソッド内で型に応じた処理を行う【C#】
Unity スクリプト 親子関係 形成・解除・取得
【Unity uGUI】Imageコンポーネントを徹底解説