月別: 2018年6月

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』を観た

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

 1941年。ヒトラー率いるナチス・ドイツがヨーロッパを席巻していた頃、祖国アメリカを愛する青年スティーブ・ロジャースは、兵隊となって正義のために戦うことを願っていた。しかし、体が小さく虚弱な体質の彼は入隊テストをパスできず、悔しい思いを募らせていた。そんな時、謎の軍医アースキン博士から、軍の“スーパーソルジャー計画”というプロジェクトに誘われ、極秘実験の被験者第1号に志願する。みごと実験は成功し、超人的な肉体と運動能力を獲得したスティーブ。しかしその直後、博士は自分がナチ党時代に生み出したカルト集団“ヒドラ党”のスパイによって絶命、“スーパーソルジャー計画”も頓挫してしまう。その結果、戦力として貢献する道を絶たれたスティーブは、彼の意に反して単なるマスコット“キャプテン・アメリカ”として、軍のPRに駆り出されることになるのだったが…。

これは普通に好き(・∀・)

特に前半やラスト辺りが丁寧に描かれていて良かった。
あとシニカルな台詞とか、間の取り方が気に入った(・∀・)

逆にマーベルシネマ的必須要素である、人質奪還作戦くらいからラストバトルのアクションや特撮等々は雑すぎてワラタw
いつも通りと言えばいつも通りなんだろうけれども、前半の”ストーリー物”的丁寧な作りとの温度差が激しく、いつも以上に雑な出来に見えてしまった(ノ∀`) あとちょっと展開が御都合主義過ぎだったり、レッドスカルに良いとこなさすぎだったw

あとマイティ・ソーのアスガルドの仲間達と同様にスティーブ配下となる特殊部隊達も微妙だったかな。なんであんなに強いんだよとか、あの突撃はなんだよとかw 戻って来る機能がついているわけでもない盾を投げちゃうのはどうかなってのもあったな(´・ω・`)スグニジョウハンシンヲハダカニシテタラ,シリュウッテヨバレテタナ

これもGoogle Playで観た。これはYouTubeではなかったな。「マイティ・ソー」との違いはなんなんだろうか。

以下はネタバレを含むヽ(`Д´)ノ


俺氏は何処と無く悲哀を内包したストーリーのトーンが気に入ったが、世間的には結構不評な模様w
マーベルシネマにマーベルヒーローのアクションを求める層(←当然の要求)とアクションとかなくてもええよ(・∀・)(←いい加減)という違いかな。特にキャプテン・アメリカに期待していなかったから、それほどの不満を感じなかったというのもある。

不評の理由は大体、

  • 戦闘シーンの盛り上がりに欠ける。
  • キャプテン・アメリカがピンチにならない。
  • レッドスカルやヒドラ達が弱い。
  • この辺は確かにその通りだなと思ったw

    imdbの点数の低いレビューをごっぐる翻訳して読んだら、「ナチスとはではなく、ヒドラと戦った。」や「1940年代にあんな武器や潜水艦はあり得ない」というような意見もあったな。

    キャプテン・アメリカは元々マーベル・コミックで枢軸国と戦ったり、後に別人設定されたが、赤狩りをする感じで少し政治色というか、その名の通りの愛国心が強いキャラみたいだから、その辺の原作を読んでいる人とそうでない人とで受け止め方が少し変わってきちゃうんだろうな。

    俺氏は「エージェント・オブ・シールド」で先にMCUのヒドラを知っているから、あんまり違和感がないというか、後のシリーズ展開の為にヒドラを敵にして、70年間の壁を越えさせる為のタイムカプセルである超巨大爆撃機の存在を納得させるが為の超技術力なのかなぁと思った。

    あと後の「アベンジャーズ」に参加する為に必要な功績がナチスの一部門壊滅だとちょっと小さすぎるんだろうねぇ。他の連中は桁外れの能力を持ってるし。まあ弓おじさんとブラック・ウィドウには勝てる気はするがw

    功績を大きくする為にナチス壊滅だと史実がおかしくなるし、ナチスの超技術力だと、なんでそれが前線に投入されなかったんだって話になってくるし。じゃあナチスから放り出されたカルト集団・ヒドラってことにしてそこにコズミックキューブ+超技術力ってことにして話を落ち着かせたんだろうか。まあそれでもヒドラの超技術力は異常かw コズミックキューブ以外に宇宙人の遺物を解析して利用したってことにした方が妥当だったかも。

    そういえば超巨大爆撃機にあった有人飛行が可能な原子爆弾的なモノにちょっと引っかかったな。なんか人間魚雷や特攻と原子爆弾を組み合わせたような…(´・ω・`)

    スティーブのある種、病的というか強迫的な性質というか正義感が見え隠れしていたけれども、これはアースキン博士の血清の副作用なのだろうか。こういう経緯で生まれたヒーローならば、社長ことトニー・スタークとは性格は合わないだろうなぁと思ったり(´・ω・`) どっちが良いとではなく。


    コズミックキューブってインフィニティストーンだよね(´・ω・`)
    なんで何百年も放置されてたんだ……宇宙人は寿命が長いから時間感覚が違うのか…?

    ガリガリなスティーブ。縮小合成とか色々やったらしい。

    ヒロインのペギー・カーター。スピンオフの「エージェント・カーター」をもっと真面目に観れば良かったな(´・ω・`)

    エイブラハム・アースキン博士。ええ人だったのに。・゚・(ノД`)・゚・。

    この映画の良いところは、真面目なストーリー、クスッとさせる会話、そして仄かなエロや(・∀・)

    チェスター・フィリップス大佐。よく見たら、トミー・リー・ジョーンズだったw

    ハワード・スターク。トニーの父ちゃん。

    何故か唐突にバイクバトル。原作の方でバイクとかに乗ってるのかな?

    一人だけお酒を飲むレッドスカルさん。もう酔っ払ってるんじゃない? 顔赤いよ(´・ω・`)?

    ∩(`・ω・´)∩ ハイルヒドラ ←あんまりかっこよくないポーズだと思う(´・ω・`)


    いつものように出演者が他に何に出ているかを列挙しようかと思ったが、バッキー・バーンズ役のセバスチャン・スタンのところで出演作を眺めていて猛烈なネタバレを食らってしまったのでやめた(ヽ’ω`)

    ついでにヒドラの項目を読んでいて更に猛烈なネタバレを食らってしまった…_| ̄|○
    全然関係ないけど、原作のヒドラは”日本の忍者集団ザ・ハンド”とナチスかなんかが組んで結成されたのか。

    まあ何はともあれ、次はウィンター・ソルジャーか(´・ω・`)
    ※尚、俺氏、「マイティ・ソー」と今作と「ウィンター・ソルジャー」を一遍に借りてだらだらしていたが為に、「ウィンター・ソルジャー」のレンタル期限が切れてしまった模様(´・ω・`)