テイルズオブシンフォニアをやった(終)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


さてデリス・カーラーンか。
またデリスエンブレムが必要になるトラップか(´・ω・`)

ロイド一人の探索は嫌だなぁと思っていたらコレットと合流(・∀・)

何かよくわからない展開。幻云々はともかく、セレスがゼロス煽りに出てくるのは無理がないか(´・ω・`)? ←なんかどうも色々と複雑な関係らしい。

ゼロスとしいなを回収(・∀・)

牢屋のとこにプレセアとリーガル。ここはアリシアか。もしかして、このクモとかナイフがデリスエンブレムなのか(´・ω・`)?

赤い血だまりを調べて、なんか言われたけど良くわからずにはいを選んだら、裁かれしものとかいうのと戦闘になった。HP 20000だけど雑魚だった。

さっきのクモのところもなんかあんのかな?

やっぱり居たわ。逃○せしもの? 画質が悪くて字が読めない(´・ω・`) 改竄の竄みたいな字だけども。こいつもHPは一緒の雑魚か。

リフィルは一人だけか。と思ったら、ねこにんジーニアスも居た。お母さんはともかく、村長はなんだろうかw 人間代表ってことか。疎まれしもの。

余所見してたら、デリスエンブレムを入手?
あれ?デリスエンブレム自体は別にあるのか(´・ω・`) ←どうも、~もの達が落としたアイテムが合体してデリスエンブレムになるらしい。


過去の石版とかいうのを手に入れただけだが、このまま竜を倒して先に進んでええんやろか。

ユグドラシルと再戦か。
かえる(´・ω・`)ケロケーロ?

何というシスコーン

ミトス HP 55000

第一形態は状態異常にさせられながらもなんとかなった。

ミトス HP 60000
第二形態も大して苦労せず。

おや…もしかして終わりなのか…( ;・´ω・`)ゴクリッ?

ムービー始まっちゃった(´・ω・`)コレハオワリダワ

だらだらやっていて、パーティーのレベルが72くらいになっていたからなぁ…

そう言えばハイエクスフィアとかの話ってなんだったんだろうか… ←クルシスの輝石のことだった(ノ∀`)

ロイドが天使に( ;・´ω・`)ゴクリッ
母ちゃんのハイエクスフィアの力なのか。

初めての共同作業か。

タバサ、お前は一体何者なんだ(´・ω・`)?

マーテルがタバサと一体化して受肉したマーテル神になるんか(´・ω・`)?

なんかしゃべってるけど、よく聞こえない。ムービーは字幕が入らないから駄目だな(´・ω・`) 大樹カーラーンが復活した。←大樹ユグドラシルらしい。

終わった…だと……( ;・´ω・`)ゴクリッ

なんだこの終わり方w


ノイシュとかって、結局あんまり話に絡んで来なかったな(´・ω・`) ←古代カーラーン大戦の頃から生きていて、ミトスやクラトスとも顔見知り(?)だった模様

お、エピローグがあるんか。ミズホの頭領って結局目覚めないのか。

なんだかんだでゼロスくんがキャラ的に一番好きでした(・∀・) ←尚、攻略ページにてゼロスが完全に裏切る展開も有り得たと知り、愕然としたΣ(゚∀゚;)

よくよく考えてみると、エルフ達はデリス・カーラーンから来たとするならば、エルフ達は宇宙人なんじゃね(´・ω・`)

って終わった。


基本的に戦闘はオートでしかやらないので、戦闘システムの良し悪しについて詳しく述べることはないけれども、観てる分には3Dのこのシステムは楽しかったな(・∀・) 

ユニゾン・アタックは結構使ったけど、空振りも多かったわ(ノ∀`)

この路線でずっと行くのかと思ったら、次作のリバースは餓狼伝説みたいな感じの3ライン戦闘に戻っているみたいなので、ちょっと残念(´・ω・`)

結局、術技は消したりしなかったな。武具防具のカスタマイズは最初は面白そうだったけど、途中からあんまり関係なくなっていった気がする。

ストーリーの基本部分は、まぁまぁ良かったかな。主人公であるロイドが単純熱血系で、ロイドだけが突っ走ったら理想主義的過ぎる主張や展開になってアレだったろうけど、リフィルやリーガルやクラトスやゼロスという周りの大人達が比較的冷静な意見を述べたりしていたので、ある程度のバランスは保っていたかなぁ(・∀・)

御都合主義的展開とか雑な展開も結構有ったような気がしないでもないが、キャラクター達が良かったので、まあその辺は不問に付そう(´・ω・`)

結構普通にやっていたら愛着が湧くであろうキャラクターの二択展開とかそういうサブイベント等に依って展開が変わるギミックが仕込まれていたのは良かったけれども、大筋の攻略ルートにあんまり自由度がなかったのはちょっとあれだったかなぁ。


まあなんやかんや言って、結構楽しんだ気がする(・∀・)