うにのトゲは刺さると痛い(´・ω・`)-25

リリースしてすぐに改修すべき点が幾つも見つかったので、色々と修正して1.0.1をリリースした。

最初のリリースの際にはファイルパーミッションを必要としていたせいか、週末だったせいかはわからないが、公開状態になるまでに60時間以上かかったが、今回はほぼ一瞬で終わった。新たに他のパーミッションを要求してない修正だったからかな?

だがしかし、ストアの掲載内容に関しては、今回も50時間以上経過してもアップデート処理が終了にならない(´・ω・`)

こっちは人間がチェックしてるのだろうか?


結局、オーバーレイ表示は視認性が低いので、詳細表示にすることにした。36枚モードだとかっこ悪い感じになってしまったが、キニシナイ(・3・)

あと

  • 前回は小学校2年生分までだった漢字の読み仮名と対応する(もしくは近い)意味を持つ英単語の情報を小学校6年生分まで追加した。
  • 漢字とExcelのApplication.GetPhoneticで無理矢理つけた怪しい読み仮名一つのみの中学校で習う漢字を追加した。
  • 日本地図を追加した。
  • IMGUIで無理矢理表示していたメニューダイアログ、結果ダイアログ、ハイスコアダイアログを、普通のGameObjectで作ったダイアログもどきに変更した。
  • タイトル画面での設定項目を詳細設定ダイアログもどきに移した。
  • 国旗・国名モード以外でも裏面を分けられるようにした。

考えてみるとオーバーレイ表示絡みとIMGUIダイアログには非常に長い時間と労力を費やした気がしないでもないが、まあ致し方ない……(ヽ’ω`)

日本地図カードセットに利用した無料素材サイトと官公庁サイト:
白地図の一覧
平成29年全国都道府県市区町村別面積調_国土地理院
総務省統計局 2- 2 都道府県別人口と人口増減率


そういえば、Google Playのアプリページの権限の項目で、このゲームで使用するファイルアクセス以外にネットワークアクセスが載っていて、まあそれ自体はadmobで広告表示をしているから、それはそれでいいんだけれども、インストール時に許可を求められなかったなぁ…とちょっと疑問に思った。

Google Playサービスの方で権限を得ているということなんだろうか? 作ったゲーム側でネットにアクセスする場合は新たにユーザーの許可を得ないといけないのかな?


毎回パスワードを求められてうざい(´・ω・`)

リリース版をビルドする時に証明書関連でパスワードを設定したが、このために修正時にビルド&ランしようとするたびに毎回パスワードを要求されるようになったヽ(`Д´)ノ  ← まあこれは当然の挙動だけれども

その回避方法は、「Keystore」セクションの[Key]の[Alias]を”Unsigned(debug)”に戻すだけでいいらしい。

参考:
UnityのAndroidビルド時にkeystoreのパスワードを毎回要求しないようにする


あるGameObjectがActiveかどうかを調べる

GameObject.activeSelfで取れた(・∀・)

参考:
【Unity】GameObjectのactive状態を取得するときの注意点


sqliteから小数点以下の数値を取得

sqlite側でcolumnのデータ型は”REAL”、C#側は”Double”。初めはfloatで受けようとしてエラーになった(ノ∀`)

参考:
C#でDataTableのカラムのデータ型を読んでみた
SQLiteの使用方法


フォントの使用方法

フリーの日本語フォントを同梱しようかと考えた。Androidの海外端末で日本語フォントが入っているのか、どう表示されるのかがいまいち解らなかったので(´・ω・`)

だがしかし、イマイチ漢字表示に向いてそうなのを見つけられなかった(というかすぐに諦めた(ノ∀`))為、CJKくらいはきっと標準で入っているんじゃないかなぁという希望的観測によって今回は同梱しなかったw

参考:
【Unity】お気に入りのフォントを追加する!
unityでtextのフォントをスクリプトから変更したい


取り敢えず漢字系のデータを更新しつつ、何処かで見たことがあるようなカジュアルゲームみたいなのを練習として乱発しようか(´・ω・`)