風邪を引いて会社を休んだり、副鼻腔炎が再発したような気がするけど、私は元気です(´・ω・`) ←いや、それは元気じゃない

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


お金がないから、取り敢えず歯科治療だけ続けて、耳鼻科は給料日以降に行こうという意向(´・ω・`)

なんやかんやでthymeleafやbootstrapのことを調べて、少しだけ進んだ。
bootstrapのグリッドシステムなんて知らなければ、「この”col-x”ってなんだべ(´・ω・`)?」ってずっと悩むなw


( ´・ω・)エ? この子が?っていう人と俺氏に負荷を掛けまくっていた人が同時に先月で終了となり、うーんと言った感じ。

後者の人は自発的に退場したみたい。まぁ、残ろうが居なくなろうが最早最低限にしか相手にしないモードになっていたのでどうでも良かったのだが、あそこまで負荷をかけて俺氏の進捗を邪魔した挙げ句にそのオチなのかと思わぬところもない。

前者の人はまあ、呼び出し元の会社からすると今ひとつ努力してないというか真面目に仕事に取り組んでいないように見えたのかもしれないけれども、彼なりに頑張っていたし、結構頭の働く子だったのになぁ(´・ω・`)

少なからず、ヒントワードを与えれば自分で検索したり自分で考えて先に進める人だったような。俺氏の眠気覚ましの下らないトークに程良く付き合ってくれていたので、居なくなると少し寂しい(´・ω・`)イタシカタナイガ


次は我が身かと思いつつ、まぁ、自分に出来る限りの範囲で頑張るしかないなと思った。

ちょっと今回の現場で思ったが、国策的に技術系外国人を招き入れるのはいいが、本当に経験豊富で高度な技術力を持つ外国人じゃないと意味がないかもしれない。或いは初級・中級レベルの技術者だったら、日本語がネイティブレベルじゃないと意味がないかも。そうじゃないとコミュニケーションコストを支払わなければならない現場の日本人技術者が疲弊して病んだり辞めたりするだけの悪循環になりそう。

専門の通訳を置いた方が最終的には皆が幸せになりそうな気がしないでもない(´・ω・`)