カテゴリー: 特撮

『シン・ゴジラ』を観た

ややネタバレあるお(´・ω・`)

俺氏は褐色のショートカットの子良いよね(・∀・)と思いつつ、ふしぎの海のナディアを観たことはなかった。

巨乳のショートカットの子が良いよねと三輪ひとみ目当てでラブ&ポップを観たが、なんだかようわからんかった。(これは村上龍の原作の問題もあるとは思うがw)

エヴァンゲリオンを観た時には既におっさんであり人格障害や合ってるかどうかはともかくもなぜそうなるのかについての考察を既にしていたので、エヴァンゲリオンには何も感銘を受けなかった。(使徒とかカヲルくんは良かったが)
あと序盤の展開もそうだが、最終回とかの酷さ故に何だこの人(´・ω・`)って思ってた。

故に「アオイホノオ」を観ても、「なんでこんなに持ち上げられているのだろうか(´・ω・`)」と思っていた。

でも、この映画を観て「あ、この人凄いわ(・∀・)」と素直に思った。でもそれは特撮に関してではなかったりするw


序盤は「リアルを追求するのはいいが、ソッチの方のリアルさかよw これ特撮目当てに来た人怒るで(・∀・)」なんて思いながら観てた。

その後も
「蒲田と品川やられたー(・∀・)」
「鎌倉も駄目ー(・∀・)」
「武蔵小杉もどっかーん(・∀・)」
「はい世田谷も目黒もオタワ(・∀・)」
なんて感じでニヤニヤしながら観ていた。

最初のモブの声だけの演技が酷かったり、政府関係の俳優の中にも微妙な人が居たりで阿藤快風になんだかなぁと思って観ていたが柄本明とか余貴美子とか國村隼と渡辺哲辺りが空気を締めてくれたので、徐々に見入るように。

途中、巨災対達の部屋で矢口が「この国はまだまだ行ける(`・ω・´)」みたいなことを言った時に何故かちょっと目頭が熱くなった。そしてその後を見続けるうちに一つの確信を持った。

この映画は庵野秀明による「これが日本(`・ω・´)! This is Japan(`・ω・´)! That’s Japan(`・ω・´)!」という、良いとこも悪いところも含んだ日本への愛、つまりはトータルでの肯定、エールなんやと。幾度ともなく訪れ、そしてまたこれからも訪れるであろうゴジラ(災害)に、日本は決して負けないという宣言だと。 (いや、ただの勘違いというか思い込みかもしれないがw)

そうしたらもうあれですわ、歳取って涙腺脆いおっさんはマジ泣きにならないように気をつけつつも涙ちょちょぎれながらの鑑賞ですわ(´;ω;`)

自衛隊も米軍も具現化した災害に対しては武力攻撃しか出来ないから(というか特撮怪獣映画だからというのもあるがw)、ああいう表現になったけれども、東北大震災やその他の災害で自己の犠牲や労苦を厭わずに災害救助した姿じゃないか(´;ω;`) 職務の一言で片付けられるもんじゃない。最後の民間企業の協力を得てゴジラを倒す流れなんて、あの時、一丸になって震災に立ち向かった日本じゃないか(´;ω;`)

などと確証のない思い込みを抱えながら最後まで観ちゃったのであんまり細かいことは覚えていません(ノ∀`)


特撮やらミリタリーは詳しくないのでよくわからないw

序盤は特撮すげーって思うよりも、これどうやって撮ったんだろう(´・ω・`)みたいな、見せられた手品に喝采を送らずに、その手品のタネを考えてしまう日本人のようになっていたw

ゴジラのギミックは良かったな。最初観た時は「だせぇ、きもい(・∀・)」という感想だったが、最終的に「カコイイ(・∀・)」と思った。

戦闘ヘリや戦車や米軍機のシーンは結構興奮した(・∀・) カコイイ
MOP2を落とした後のシーンのヤバイヤバイハヤクニゲテ感は異常w
興奮よりも次の展開が見えていたのでw

最後の方は感極まっていたので無人アタックでもちょっと感動してしまったw
なんかうしおととらとかの最後みたいに皆の力を結集した総力戦風だったので。

ケチをつけるとしたら橋が落下するシーンや無人アタック後の落下シーンはなんかちょっと変な感じがしたかな。

あと特撮の絡みではないが泉の紹介シーンで左側が切れていたな。
なんかぐぐったら映画館によって画面が左右で切れてるとかどうとか。
確かに矢口とカヨコが立川モノレールの所に居るシーンで、どうみてもカヨコの右側にもう少し余白が必要だろうと思われるカットがあり、最終的にカヨコが映らなくなっていたが、それの絡みだったんだろうか?それとも演出として意図的に映らないカットにしたんだろうか(´・ω・`)?


矢口役の長谷川博己は名前は知っていたけれど、出演作を観たのは初めてかもしれない。いい男とは思わなかったが俳優としてはいいのではなかろうか。
カヨコ役の石原さとみはなんか違和感はあったけど、それは設定由来の部分もあるのであれはあれで良かったのかもしれない。
竹野内ボイスは健在で今回も俺の脳内子宮をうずかせたぜ(・∀・)

泉役は田口浩正にしてはなんか違うなぁと思っていたが、実際に違った(ノ∀`)
松尾諭と言う人だった。SPとかトリハダの「好奇心が猜疑心を超えた結末」に出てた人か。あの頃はまだフジテレビ観てたな、そういや。
市川実日子やツダカンも良かったな。

あと上述のベテラン俳優陣以外でいい味出してたのは平泉成かな。まあそれ以外にも良かったベテラン俳優は居たけどあんまり覚えていないw ピエール瀧とか鶴見辰吾とか居たのはわかった。悪夢探偵の塚本晋也も出てるのかw

っていちいちキャストに言及してられるかヽ(`Д´)ノ 328ニンテナンダヨ
でもまあ、端役でも出演出来た人は良いな(・∀・)
一生自慢出来るで、これは。

あ、ちょっとだけ失敗かなと思ったのは片桐はいり。別に演技がどうこうとかじゃなくて、あれだけインパクトがでかいとチョイ役で出すのは凄く不自然w


俺氏が感じ取ったメッセージが本当に庵野秀明監督の意図かどうかはともかく、東北大震災やその他の災害の被災者、直接の被災者ではなくとも、心を痛めた人全てに観てもらいたいと心から思う作品だった(`・ω・´)

あまちゃんと同様に繰り返し繰り返し放映してもらいたい。

尻尾とかの難しい話はわからない(・∀・) トイウカドウデモイイ
一つだけ気になるとすればシンは新なのか真なのか、神なのか罪の意味なのかはたまた震なのだろうか( ・´ω・`)?

アイキャッチ画像を作る方が大変だった…(ヽ’ω`)
絵が下手だけど、あれは東京駅だよ(´・ω・`)