カテゴリー: IT/PC関連用語

OAuth

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


OAuth(オース)ってなんだべ(´・ω・`)?

OAuth は、ブレイン・クックとクリス・メッシーナが始めたオープンプロトコルであり、デスクトップ、モバイル、WebアプリケーションなどにセキュアなAPI認可 (authorization) の標準的手段を提供する。(OAuth

んー、よくわからない(´・ω・`)
余計なところを端折っていくと「セキュアなAPI認可の標準的手段を提供する仕組み」…?
まだあれか。secureが「安全な, 危険のない 」だから「安全なAPI認可をする仕組み」かな?


API認可ってなんだべ(´・ω・`)?
ってぐぐってみたがこれズバリのヒットは見当たらなかった。
OAuthを解説してるページによれば

OAuthは,以下の特徴を持つ「認可情報の委譲」のための仕様です。
・あらかじめ信頼関係を構築したサービス間で
・ユーザの同意のもとに
・セキュアにユーザの権限を受け渡しする(ゼロから学ぶOAuth

そもそもOpenIDはIDの持ち主が本人か確認する「認証(Authentication)」情報をやりとりするためのプロトコルであり、OpenIDプロバイダで認証されたIDがどのリソースにアクセスできるかといった「認可(Authorization)」情報については一切関与しない。(APIアクセス権を委譲するプロトコル、OAuthを知る

認証(Authentication)
そのユーザーが自分の物であると主張するIDに対して、そのIDが確かにそのユーザーの物であるということを保証すること
認可(Authorize)
認証されたIDを受け入れ、サービスに対して適切な権限を与えること
(第1回 仕様から学ぶOpenIDのキホン)

とあった。API認可=APIへのアクセス権の認可ということか。
全然違うけど、OpenIDは入場券でOAuthの方は乗り物券みたいだ(・∀・)


解説ページを読み進めるとこの仕組みは、

OAuthには,大きく分けて3つの登場人物がいます。1つ目はOAuth Service Provider(以下Service Provider)と呼ばれる,ユーザの認可情報を第三者に渡すサービス。2つ目はOAuth Consumer(以下Consumer)と呼ばれる,Service Providerから認可情報を受け取り,ユーザに代っていろいろな情報にアクセスしたり変更/追加を行ったりするサービス。3つめが,Userです。UserはService ProviderがConsumerに認可情報を渡すことを許可したり,すでに受け渡した認可情報を無効にするといったことができます。(ゼロから学ぶOAuth

とある。
Service Providerが「ユーザの認可情報を第三者に渡すサービス」というと何か混乱してくる。
他のサービスを提供せず、”認可情報を第三者に渡す”部分のみに特化して独立的に存在
するのだろうか。
それともあるサービスを提供していてそれと付随または一体化して存在しているのだろうか。
ちょっとわからないけれど実装によるということなんだろうか。


まあ「ユーザーが利用している複数のサービス間で、利用対象サービスのAPIを
他のサービスから安全かつ簡単に利用できるようにするための仕組み
」みたいな感じで
覚えておけばいいかなぁ…(・∀・) 「ユーザーの同意のもと」とか、「サービスプロバイダと
コンシューマの間で事前に信頼関係を構築」というのも厳密には必要なんだろうけれど。
特に自分でOAuth対応プログラムを組まない限りはリクエストトークンとかアクセストークンやら
その辺のことはそんな感じで実現してる程度の知識でいいかな。


でもこれって認可するAPIの設定が甘々だといずれ大変なことになる
んじゃないんだろうか(´・ω・`) 今のところはスパムくらいだけれども…
「OAuth」とは 日本のユーザー襲った“Twitterスパム”の正体 (1/2)
これはどうなんだろうか((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
twitter の OAuth で思ったより豪快に認可してしまっている件

Java Web Start

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


Java Web Startってなんだべ(´・ω・`)?

Java Web Start(ジャバウェブスタート)はJava Swing APIなどで記述されたJava製GUIアプリケーションをウェブサーバなどで見つけると即座に自動ダウンロード、自動インストール、自動アップデートして、サンドボックス上にて実行可能な仕組み。問題点が多くFlashよりも劣りつつあるJavaアプレットの代替物になるリッチクライアントと言われている。(Java Web Start)

とある。Flashみたいな感じでJavaアプリを動かす仕組みなんかな。アプレットとどう違うん?とおもたら、
続いて

例えば、ウェブブラウザでJava Web Startに対応したJavaアプリケーションを見つけてそれをクリックするとJavaアプレットのようなブラウザ埋め込み型ではなくメディアプレーヤーなどのような外部アプリケーションのようにJava Web Startが起動する。

とあった。んー、まあリソース群を内包して再生環境への依存を出来るだけ低減する方法と捉えていいんじゃろうか(“・ω・゙) なんか違うな…


Java Web Start は、Web ブラウザに関連付けて使用するヘルパーアプリケーションです。ユーザが特別な起動ファイル (JNLP ファイル) へのリンクをクリックすると、ブラウザによって Java Web Start が起動されます。Java Web Start は、指定された Java テクノロジベースのアプリケーションを自動的にダウンロード、キャッシュ、および実行します。通常は、すべての処理が完了するまで、ユーザによる介入はまったく必要ありません。最初に一度クリックするだけです。 (Java Web Start テクノロジ

んー(´・ω・`)

Java Web Start の基盤となるテクノロジは、Java TM Network Launching Protocol & API (JNLP) です。 このテクノロジは、Java Community Process (JCP) を通じて開発が進められました。Java Web Start は、JNLP 仕様のリファレンス実装 (RI) です。JNLP テクノロジではさまざまな標準が定義されています。JNLP ファイルと呼ばれる、アプリケーションの起動方法を記述するファイルの標準ファイル形式も、その 1 つです。(同上)

む、これか( ・´ω・`) Java Community Process (JCP)は技術的な部分では関係ないから……JNLP仕様というものがあり、それを実装したソフトウェアが「Java Web Start」なのか。


そういやリファレンス実装の意味をよくわかってなかった(*´・ω・)

リファレンス実装(-じっそう、reference implementation)は、なんらかの機能を実現するハードウェアまたはソフトウェアであり、他者がそれを参考にして独自に実装することを助ける目的で作られたものを言う。参照実装とも呼ばれる。(リファレンス実装

なるほど、そういう意味なんか。ということは他にも他者が実装したこういう仕組みは存在するんだろうか。まあいいか。


JNLPってなんだべ(´・ω・`)?

The JNLP protocol, defined with an XML schema, specifies how to launch Java Web Start applications. JNLP consists of a set of rules defining how exactly to implement the launching mechanism.(3 Java Network Launching Protocol (JNLP))

んー、まあXMLで記述した構造を使ってネットワーク経由でソフトウェアを起動というか配布するためのプロトコルって感じなのかな。


“JNLPはネットワーク経由でソフトウェアとその再生環境を配布する仕組みで、「Java Web Start」はそれを実装したソフトウェアの一つである”という感じで覚えておこう(・∀・)

Web2.0

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


今更であるが、図解 Web2.0 BOOKの図解じゃない古い方を105円で買ってきて読んでみた(・∀・)
Web2.0ってなんだべ(´・ω・`)?

Web 2.0(ウェブ にーてんぜろ、ウェブツーポイントオー)とは、2000年代中頃以降における、ウェブの新しい利用法を総称するマーケティング用語である。
ティム・オライリーらによって提唱された概念で[1]、2004年11月には初めての「Web 2.0 カンファレンス」がサンフランシスコで開催された。その後この用語は大きな広がりを見せ、盛んに用いられるようになった。ティム・オライリーによる定義を超えて新しいビジネスモデルであれば何でも、「Web 2.0」の用語が用いられることがあり、バズワードの様相を呈してきている。(Web2.0

 2004年頃から登場し始めた新しい発想に基づくWeb関連の技術や、Webサイト・サービスなどの総称。「2.0」という表現はソフトウェアの大幅なバージョンアップをなぞらえたもので、1990年代半ば頃から普及・発展してきた従来型WWWの延長ではない、質的な変化が起きているという認識を込めたもの。(IT用語辞典

Web2.0とは、「インターネット上でこの数年間に発生したWebの環境変化とその方向性」です。
特定の技術やサービス、製品などを指すものではありません。第二世代のWebという意味です。(図解 Web2.0 BOOK

とある。明確な何かというよりは、「web2.0」的であると認められる条件群があり、その中のいくつかを満たしているモノ・事象・概念は「Web2.0」であるって感じか(´・ω・`)

図解入りの方はわからないが、古い方は前半は「Web2.0」の説明とその実際について、後半はカンファレンスレポート、対談などが載っている。「ビルゲイツまんせーヽ(・∀・)ノ」というか古いIT世界観しかない自分にとって前半部分はわかりやすく非常にタメになった。後半は…あんまり面白くなかった(´・ω・`) カンファレンスレポートは名前の羅列ばっかりで余り内容がない感じ。2006年のこの本出た当初に「Web2.0」に可能性を感じ、ベンチャーを目指した人達にはきっと興味深い話だったんだろうと思う。
この本を読んで自分なりに感じた「Web2.0」というものは

(1)Webがプラットフォームである
・ハードウェア的な意味でのプラットフォームをユーザーは余り意識しない(携帯・PC・ゲーム機の違い)
・ソフトウェア的な意味でのプラットフォームをユーザーは余り意識しない(Windows・UNIX/MacなどのOSの違いやブラウザソフトの違い)
(2)XML、Ajaxをベースとした枯れた技術によるユーザーインターフェイス・サービスが整備されてる(ソフトウェアやサービスの進化・整備により、敷居を下げてる)
(3)限定的ではない幅広い種類の人間が参加してる
・コンピュータに詳しくなくい、年齢や職業などの異なる、一般的なさまざま人が参加できる。 
・参加した各ユーザーに偏在する知識・想念・知恵・経験を蓄積・利用できる
・技術や学術的知識に偏り勝ちだったWebがより現実の世界に近い姿を映し出すようになる。

である。マッシュアップやらクラウドコンピューティングなどの方が重要なのかもしれないが、自分にはそれ以上にこの三点の方が重要なのではないかと思えた。
WebがPCやケータイ・インターネットと同様かそれ以上に「インフラ」として認識され始めたこと。その「インフラ」を利用するための方法が確立され整備されたこと。それによって限定されない人々が参加し、誤りも悪意も含みつつも参加者の叡智が集積される。
つまりWeb1.0時代には知識や費用などの点から結果的に切り捨てられた人々を、(1)と(2)により色々な意味での差分や問題を吸収・解決して拾い上げたところにWeb2.0の本質、Web1.0との違いなのではないのだろうかと思った(・∀・)


Docomo2.0ってなんだべ(´・ω・`)?

NTTドコモは2007年4月23日に904iシリーズを5機種発表し、同時に様々な新機能を発表した。そのとき「ケータイが次のステージに進化するシンボル」としてDoCoMo2.0のロゴが掲げられ、変化をアピールした。2000年代に入ってから使われているインターネット用語のWeb 2.0を意識している。
(中略)
このキャンペーンを持ってしても顧客のDoCoMo離れを止めることは出来ず、「DoCoMo2.0」が「どこもにいてんぜろ」と読めることから「ドコモに移転ゼロ」、「ドコモにいい点ゼロ」と揶揄される体たらくであった。(DoCoMo2.0

とある。ナンバーポータビリティが始まった頃か。最近は「Answer」とかやってるな。


USB2.0ってなんだべ(´・ω・`)?

USB 2.0
2000年4月発表。USB 1.1の規格仕様に、High Speedモード(最大480Mbps)を追加した。IEEE 1394aの規格上の最大速度(400Mbps)を超える。(USB2.0

USBとSD(MMC)はいつの間にかに市場を制覇しつつあるなあ。

USB 3.0
2008年11月17日に、USB 3.0規格はVersion 1.0として正式なものとなった[1]。早ければ2009年の年末からストレージ機器などの採用機器が登場すると見込まれている。(USB3.0

3.0もようやっと出てくるようで。WirelessUSBとBlueToothはぶつかりあうのだろうか、棲み分けるのだろうか。なんにしてもBlueToothは高いからなあ(´・ω・`)


Web2.0の次は何が来るだろう。Web3.0ではないことは確かだし。より進んだユビキタス絡みかな(・∀・)?
          
(;><) アイタッ
                  ドシタ?(・ω・` )
( ・∀・)  ユビキッタス

逆引きDNS

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


昨日、HEROSがやってた時間帯(15:55~)位から実況スレで「重い」とか「繋がりにくい」とのレスがあった。自分の接続状態には問題なかったが、運用系のスレを見てみると多少の障害報告があった。経路障害かDNSの問題か。その後、ニュース、ケータイ捜査官7とつつがなく実況。強い睡魔に襲われて寝たが、この頃、スレ一覧が更新できなかったような。夜中に起きたら直ってるみたい。
原因は逆引きDNSの設定がうんちゃらかんちゃらとのこと。

526 名前:reffi@報告人 ★[] 投稿日:2009/02/18(水) 20:19:44 ID:???0
原因見えたかも
どうも逆引きできないのが原因っぽい
トップは逆引きできるけど実況鯖は逆引きできない
PC知識ある人向け
hostファイル書き換えたら繋がるかも(【実況】 live23+live24 Part28

逆引きDNSってなんだべ(´・ω・`)?

逆引き(reverse lookup、reverse DNS lookup)とは、DNSを使って、IPアドレスからドメイン名に変換する行為や、結果を言う。これに対してドメイン名からIPアドレスを引くことを正引きという。(逆引き(DNS)

DNSなどを使って、IPアドレスに対応するホスト名を調べること。通常のインターネット上のサービスを利用するためにはあまり必要ではないが、ログ(通信記録)に残ったIPアドレスを集計して統計情報を作成したり、アクセス元の詐称を防止するなど、管理上の用途に用いられる。(逆引き 【reverse lookup】

とある。”DNSを使ってIPアドレスからドメイン名/ホスト名を取得”することか。
 

DNSってなんだべ(´・ω・`)?

Domain Name System(ドメイン ネーム システム、DNS)はインターネットを使った階層的な分散型データベースシステムである。1983年に情報科学研究所 (ISI) のポール・モカペトリスとジョン・ポステルにより開発された。現在ではおもにインターネット上のホスト名や、電子メールに使われるドメイン名とIPアドレスとの対応づけを管理するために使用されている。(Domain Name System

インターネット上のホスト名とIPアドレスを対応させるシステム。全世界のDNSサーバが協調して動作する分散型データベースである。IPアドレスをもとにホスト名を求めたり、その逆を求めたりすることができる。(DNS

とある。
DNSサーバってなんだべ(´・ω・`)?

 インターネット上でのコンピュータの名前にあたるドメイン名を、住所にあたるIPアドレスと呼ばれる4つの数字の列に変換するコンピュータ。 個々のネームサーバは自分が管理するネットワークに接続されたコンピュータのドメイン名とIPアドレスの対応表を持っており、外部からの問い合わせに答える。(DNS 【ネームサーバ】

“各DNSサーバがドメイン名とIPアドレスの対応表(DB)を管理し、IPアドレスやドメイン名/ホスト名の問い合わせに対し答えるシステム”がDNSということか。

ホスト名からは常に対応するIPアドレスを割り出すことができるが、IPアドレスには必ずしもホスト名を割り当てる必要は無いため、逆引きは失敗することがある。

「実況鯖は逆引きできない」とは設定がされてなかったっていうことか。でもなぜ今までそれで大丈夫だったのに突然障害が発生したんだろうか。2chではなく2ch実況鯖のデータを含むDNSの方が設定変更したんだろうか。わからんちんである(´・ω・`)
関係ないけどWINSサーバーとかって使われてるんだろうか…
ついでに

ドメイン名
インターネット上に存在するコンピュータやネットワークにつけられる識別子。インターネット上の住所のようなもの。
 数字の羅列であるIPアドレスは人間にとって扱いにくいため、アルファベットと数字(と一部の記号)を使うことができるドメイン名を別名として運用するようになった。(ドメイン名 【ドメイン】

ホスト名
 ネットワークに接続されたコンピュータを人間が識別しやすいようにつける名前。システムによって異なるが、英数字で数文字を設定することが多い。
 もっとも一般的に使われるのは、インターネットなどで使われるドメイン名の左端部分の端末識別子と、Windowsネットワークのコンピュータ名(NetBIOS名)である。
 TCP/IPネットワークのドメイン名は、ネットワークを階層構造で管理しており、各階層のネットワーク名を「.」で区切って並べて表記する。このうち、もっとも左にある識別子が個々のコンピュータを識別する名称であり、これをホスト名という。
ホスト名 【host name】