カテゴリー: トラブルシューティング

The following SDK components were not installed: platform-tools and extra-google-m2repository

atomのインストールを終えたので、Android Studioの設定の続きでもするかと思って
起動してみたら、
androidstudioinstall_error001

androidstudioinstall_error002
みたいなエラーが(´・ω・`)

何度かアンインストールとインストールを繰り返したが解消されず。
よくわからないのでぐぐる。

AndroidStudio1.0の初回起動時に起動できない時の対処方法(The following SDK components were not installed)
という回避策らしきものがヒットしたが、何だか面倒くさいので更にぐぐる。

Android Studio doesn’t start, fails saying components not installed

どうやら、Cドライブへの書き込み権限がないから、コンポーネントのダウンロードに
失敗するということらしい。”管理者として実行”をすれば良いようなので、その通りに
試してみたら、特に問題もなく行った模様。但し完全にクリーンな状態で試してないので
もしかしたら、まだ他に原因があったりするかもしれない(ノ∀`)
まあでもLinuxやMacでも発生してるみたいだから、書き込み権限の問題でいいのかな?

取り敢えずAndroid Studioのインストールを修正した。

Java.lang.NoSuchMethodError: android.graphics.Typeface_Delegate.getSystemFontConfigLocation()Ljava/io/File;

レイアウトXMLがグラフィカルレイアウトで表示されないヽ(`Д´)ノ
レンダリング中にエラーがどうとか
renderingError01

ぐぐる。なんかヒットした。
Issue 77726 – android – Eclipse + Android 5.0 SDK = parseSdkContent failed – Android Open Source Project – Issue Tracker

中身をほとんどよく読んでないのでよくわからないがfixされている問題らしいので
これとは関係ないか…(´・ω・`) APIレベルを19にするとか21にするとか書いてあるような。

取り敢えずマニフェストファイルのandroid:targetSdkVersionが21だったので
適当に20にしてみる。
 
 
 
 
 
何も変わらない(´・ω・`)


再び画面を眺めていて左上に22という数字が表示されているのに気づく。
何となく20にしてみる。
renderingError02
 
 
 
 
 
グラフィカルレイアウトが表示された(・∀・)
renderingError03


まあ本質的な解決方法ではないのだろうけれどもw
取り敢えずのところはこれでいいやw


2015/05/11追記

解決したと思ったら再発…(ヽ’ω`)

再びぐぐる。
ヒットしたandroid – XML Error in Eclipse while viewing Graphical Layout of Xml
内容ではプロジェクトのAndroid SDKバージョンと左上のバージョンを合わせると直るとある。

合わせて再起動する。
 
 
 
 
直らない_| ̄|○

この件とは関係無かったけれども、そう言えばなぜAPIレベルが20の次が22なのかと
疑問に思い、SDKマネージャーを起ち上げたら21はインストールされていなかった。
一瞬これが原因かと思ったが、これは21(5.0.x)でセキュリティかなんかのバグがあって
早々に22(5.1.x)にアップデートされたかなんかしたからだったかな?

エラーメッセージだけだと特にヒットせず、検索ワードをどんどん削っていったが
どれも関係のない話ばかり…(ヽ’ω`) モウアカン…

諦めかけた時にEclipseのグラフィカル・レイアウトエラーがヒット
そうか、eclipseを-cleanオプションを付けて起動すれば良かったんかヽ(`Д´)ノ

なんで俺氏はプロジェクトのクリーンを試してたんだろうか…eclipseのUIだからeclipse自体をcleanオプションで起ち上げないと意味ないよな…(ヽ’ω`)

まあ何はともあれ、これで完全解決(`・ω・´) だといいなぁ(´・ω・`)

appcompat_v7] WARNING: unable to write jarlist cache file

android-support-v7-appcompat] Unable to resolve target ‘android-16′の問題を
解決したと思ったら、”appcompat_v7] WARNING: unable to write jarlist cache file”という
警告が新たに発生した(´・ω・`)
android-7

ぐぐったら、

Thats because you need ALSO Adriod Version 2.1! Go to Andriod SDK Manager and download Andriod Version 2.1 (API 7)

appcompat – Unable to write jarlist cache file while creating android project

ということだったので、SDKマネージャーでダウンロードした。
そうしてからeclipseを再起動したら警告が消えた。


でもAndroidプロジェクトを新規作成すると自動的に”appcompat_v7″で始まる
謎のプロジェクトが増殖し続けるエラーの回避方法がわからない(´・ω・`) チョウサチュウ

android-support-v7-appcompat] Unable to resolve target ‘android-16’


サポートライブラリの使い方を書いていて遭遇したエラー。

  • Android SDKを新規にインストール
  • SDKマネージャで初回起動時にチェックが入ってるパッケージのみをダウンロード
    (デフォルトでサポートライブラリにチェックが入っていた)
  • eclipse(Pleiades All in one)を新規インストール
  • Googleプラグインをインストール

そしてGoogleプラグインインストール後の再起動でタイトルのエラーが表示された。
android-16

ぐぐったら、解決法らしきものがあった。
eclipse – Adding Support Libraries to Android project – Stack Overflow

  • android-support-v7-appcompatのライブラリプロジェクトを一旦削除してから、
    インポートし直す。
  • android:targetSdkVersionを18等に変える。
  • SDKマネージャでAPI 16のパッケージをダウンロードする。

特に深く考えずAPI 16のパッケージを入れた。
api-16

それでエラーが消えたが原因は謎のまま(´・ω・`)

Android Unable to resolve target ‘android-16′ After appcompat-v7 install
この人はAPI 17の段階でこのエラーに遭遇していることを踏まえると
API 16とAPI 17の間に何かあるということかな。

Android4.1(APIレベル16)からはJellyBeanだから、
APIレベル17がAPI16の何かを参照してるのかな?

まあいいか(・∀・)