カテゴリー: ドラマ

『仮面ライダー龍騎』を観た

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


仮面ライダー龍騎

仮面ライダークウガ」、「仮面ライダーアギト」とそれほど凄く面白いとは
思わなかった俺氏なので、どうせこれも駄目だろうなぁと思って観てたら
意外と面白かったw 平成初期三作品の中ならこれが一番好きだ(・∀・)

まあ仮面ライダーかと問われると何とも言えない部分はあるw


仮面ライダー龍騎である城戸真司役の須賀貴匡が前二作の主人公たちのように
作り笑顔があんまり気持ち悪くもなかったから好印象だったのだろうか。
ロン毛はちょっとうざかったけど。この人は他に何に出てるのかなと思ったら
「カーネーション」の泰蔵かΣ(゚∀゚;) 髪の毛で輪郭が隠れてたから全然
違う顔に見えるな。他にも「デッドボール」でカミヤマ役をやっていたのかw

神崎優衣役の杉山彩乃の演技はちょっと酷かったw
視聴を止めるべきか悩むくらい酷かったw
地方の人で方言が酷いのかなと思ったが、神奈川県の出身ということなので
あれは単純に台詞回しが酷かったんだな…(ヽ’ω`)
「GTO」の作者の藤沢とおると結婚したらしく、それの絡みで
ドラマ版の「GTO」や「仮面ティーチャー」に出ていたらしい。
少しはまともになっていたのだろうか?
この人の発声にようやく慣れてきた頃に森下千里が加入して来て
またなんかもにょもにょしたのは良い思い出…(ヽ’ω`)

仮面ライダーナイトである秋山蓮役の松田悟志もちょっと発声というか
演技に癖があってどうかなぁと思わぬこともないが、この人は
「ケータイ捜査官7」の桐原役で知っていたので、まああんまり気にならず。
関係ないが、編集長役の津田寛治も「ケータイ捜査官7」に出ていたので
なんかちょっとおかしい気分になった(・∀・)
由良吾郎役の弓削智久も第一話に出ていたらしい。

おやっさんポジションのおかみさん・神崎沙奈子役の角替和枝って
意外と馴染んでて上手いなぁと思っていたが柄本明の奥さんかよΣ(゚∀゚;)
虹をつかむ男 南国奮斗篇」で吉岡秀隆のお母さんかなんかをやっていた
ようだが、覚えてないなw

まあなんやかんやでスケールが壮大過ぎず、各ライダー達が自分たちの欲望や
目的の為に戦い、その欲望や目的には背景があるというシンプルな形が良かったのかな。

考えてみると神崎士郎ってほむほむ(・∀・)?
 ↑ 未だにあのアニメの全話を観てない


複数の結末
TVシリーズが放送中であるにもかかわらず、劇場版では最終話として構想されていた内容が先行公開された。予定調和の否定が『龍騎』の当初からの狙いだからである。TVスペシャルは、TVシリーズや劇場版とは設定が大きく異なり、「戦いを続ける」「戦いを止める」という2つの選択肢が提示され、テレゴングを使った電話、インターネット投票によってドラマの結末が変わった。結果、劇場版・TVSP版の2つ・TV本編と、4つの結末が存在することとなった

どういうことだってばよ…( ;・´ω・`)ゴクリッ
いつか観る(`・ω・´)

しかし特撮物は長くていけない…(ヽ’ω`)

『アオイホノオ』を観た

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



アオイホノオ

芸大生の主人公が、マンガ家デビューを志す様を描いたコメディー作品。『吼えろペン』が島本和彦自身の現在進行形をモチーフに描いたのと同じく、大阪芸術大学の学生でプロデビュー前の島本をモチーフとした、自伝的作品である。

アオイホノオ

という漫画原作のドラマ。
根拠の無い自信、上から目線、超理論による現実逃避、大きい口は叩くが
手がちっとも進まない、現実と直面して途方も無い絶望感を経験する、
自惚れによる勘違いといったありがちな若者の特徴が満載の、ある意味で
非常にビターな青春物語。

若い人が観たらわからないかも知れないが中年男性が見ると、かつての
痛い自分を観ているかのようで、思わず「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」と
変な声を出して耳を塞ぎたくなるようなシーンもちらほらある(∩´・ω・)
まあ俺氏は現役で痛い事を言い続けているのだけれど(ノ∀`)

勿論それだけで終わるわけではなく、〆るところは〆る感じで熱い。
最終回の庵野の一言とバイク屋のおっちゃん(島本和彦)のシーンは
良かったわ(・∀・)

原作自体は読んだことはないけれども、「燃えよペン」「吠えろペン」は
面白かったので、おそらくこれの原作も面白い内容だとは思う。いつか読みたい。
まあ原作が面白いかどうかはおいておいても、単純にこれは良い作品だった。

「可哀想なあだち充、俺だけは認めてやろう」はツボに入ったw
あの回、凄く好きw


焔モユル役の柳楽優弥と庵野ヒデアキ役の安田顕が特に良かった。
とんこさん役の山本美月と津田さん役の黒島結菜は顔等は好みでは
ないけれども、キャラとしては非常に魅力的で良かった。

矢野ケンタロー役の浦井健治って人、仮面ライダークウガで
ン・ダグバ・ゼバの人間体をやっていた人かw あれはこの人が
悪かったわけではなかったが、なんか酷かった。矢野ケンタロー役は
ある意味では酷いが非常に良い役なので良かったなと思った(・∀・)

矢野ケンタロー登場シーンはかなりカットされたらしいが、
DVDやBDでは全て収録されているらしい。矢野登場シーンのことは
おいておいてもディレクターズカット版は5話分くらいあるらしいので
是非観たいところだが、金が無いのでいつの日にかということで(ヽ’ω`)

佐藤二朗のMADホーリィはちょっとやり過ぎな気がしたw
山賀役のムロツヨシもなんかほとんどムロそのものでちょっと微妙。
ちょい役で市川由衣や柳楽優弥の嫁が出て来てワラタ
小嶋陽菜は悪くはないが、とんこさんも津田さんもかなぐり捨てて
というほどの美人ではないと思うのでその辺が微妙だった。

福田雄一は「天魔さんがゆく」が微妙だったがこれは「ヨシヒコ」か
それ以上に良かった(・∀・) 「裁判長っ!おなか空きました! 」も
福田雄一作品だったのか。あれも佐藤二朗が出てたけど、そんなには
面白くなかったな。「新解釈・日本史」は観てないが、これで
浦井健治を気に入ったのだろうか?


最初の方観てないから最初から観直したいわ(´・ω・`)
「燃えよペン」「吠えろペン」で続編作らないかな。
何にしても良い作品だった。


「孤独のグルメ」は初回を見逃して、二話目が韓国料理で柴田理恵が出ると
知って観る気無くして、「ここまで来たらこのまま観ないでhuluとかに
来た時に観た方が良いな」と思い、結局観なかった(ノ∀`)

「匿名探偵」は非エロ、シリアス風に路線変更してしまったので、途中で
観なくなった。非エロ云々前になんか話がつまらなかったな。三浦理恵子も
居なくなってたし。あそこまで路線を変えてしまうのであればタイトルも
変えてしまうべきだったな。

「獣医さん、事件ですよ」はそんなに面白いってほどでもないけど、
演技的には酷くなく、他に観るものもなかったのでなんとなく何回か観た。
視聴率は取れなかったようだが、嫌いではなかったな。

「花子とアン」は結局女学校以降は数回観ただけだった。最終回くらいは
観ようかと思ったが、最終回前をちょろっと観た時になんちゃって脳科学者の
茂木健一郎が出ていたので観る気無くした(ノ∀`)
その前に観た時の蓮子様の白髪頭がツヤツヤしすぎててワラタ
醍醐さんも何故か若いままだったのでワラタ

「マッサン」は泉ピン子を観たくないからパスだな。

『仮面ライダーアギト』を観た

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



仮面ライダーアギト

以前に途中まで観た時と大して感想は変わらんな。
つまらなくて途中から流し観になってしまったのがいけなかったか(´・ω・`)

wikipediaの項目に目を通したけど、話が壮大なのはいいんだが、それを仮面ライダーの
世界に押し込めようとしたところに無理があるなw まあこれの一番駄目なところは
そういうところにあるんじゃなくて、出演者のほとんどがド下手ってところだなw
それだけで萎えるw あと闇の力役の人はもっと良い男というか中性的なハンサム
じゃないと駄目だろw 普通の役ならともかく神とか悪魔役は凄い美形じゃないと
観ていて萎える。

アナザーアギトとG3は中々かっこ良かった。
エクシードギルスは触手プレイの薄い本とか出たのだろうか。
クウガの時の平成ライダーって怪人の存在にウェイトが置かれてなくて
イマイチ面白くないな。

最後の方のさそり座絡みの話って蛇足過ぎな気がした。

翔一(賀集利樹)と氷川(要潤)の掛け合いは結構好きだったが。
何となく要潤の人気があったというのもわかる。
氷川が香川県警なのは要潤が香川県出身なのだからだろうか。


次は平成じゃなくてアマゾンを観ようかな(・∀・)

『嬢王』を観た

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


嬢王

箱入り娘の女子大生藤崎彩(北川弘美)は父の会社の倒産により1億5000万円の借金を背負ってしまい、追い討ちをかけるように父が倒れ入院してしまう。そんな中、彩の耳にキャバクラ嬢の友人荒河静香(小川奈那)からキャバクラ嬢ナンバーワン「嬢王」に賞金5000万円をプレゼントするというイベント「R-1グランプリ」が開催されることを知り、借金返済のため彩自身キャバクラ嬢の道を歩むことを決意する

ドラマ版は最初は「R-1グランプリ」ではなかろうかと思ったので微妙に改変した。

原幹恵の「嬢王 Virgin」は観ていたが、これは飛び飛びにしか観ていなかったので
改めて観直してみた。

話はまあ普通で北川弘美の演技も問題はなかったのでそれなりには楽しめたかな。
今ひとつ北川弘美が好きになれないのは、この人の顔が藤原紀香似だからかも
しれないと思ったw

二階堂亜莉沙(蒼井そら)、望月メグ(吉沢明歩)、如月麗華(飯沢もも)辺りの演技は
正直酷いw まあ濡れ場でおっぱい出したりヌードを晒す役目なので特に問題ない(・∀・)

橘真帆役の麻丘実希って背中くらいしか露出しなかったので、AV女優ではないなと
ぐぐってみたら、昔上白土なおこの名前でグラビアアイドルをしていたらしい。
「殿様のフェロモン」にもちょっと出てたのか。

荒河静香役の小川奈那はよく知らないがちょこちょこドラマ出演をしているようだ。
店長の長谷川役の井之上チャルと頑張ってた感はある。

序盤で亜莉沙の太客であった大神役の榊英雄って名前は記憶にあるなぁと
思っていたが「探偵はBARにいる」のスポーツバーのマスターか。
他にもゴーバスターとか色々出ている人なのか。

オーナーの西崎 達也役の金子昇も色々と出ているがあんまり記憶にない。
金子昇と北川弘美はオスカープロモーション所属だな。小川奈那も
2005年に移籍とあり、この作品も2005年制作であることを踏まえると、
移籍後の出演かな?メインがオスカープロモーションに占められていたのかw
そういえば殺し屋なんとか蜂もオスカーのモデルばっかりだったな。
調べたらドラマ24出演者のオスカー占有率は高いのかもな。


正直、観ていると彩の性格にイライラするけど、まあ店長と静香のコントや
蒼井そら、吉沢明歩、飯沢もものおっぱいやヌードという見どころはあるので
まあまあ楽しめる感じかなぁ(・∀・)?