マッシュアップ(2)

もともとの音楽用語としてのマッシュアップは

マッシュアップとは2つ以上の曲から片方はボーカルトラック、もう片方はオケトラックを取り出してそれらをもともとあった曲のようにミックスし重ねて一つにした音楽の手法である。バスダードポップとも言う。
マッシュアップは、リミックス、アレンジ、メドレーの3種類の手法とはよく間違われるが、相違点として
リミックスは、元の音源の一部(ワンループ以上、もしくは一部分の音のみ)を広げて使う。
アレンジは、元のメロディーラインなどを流用して、違う楽器を使うため別のもの。
メドレーは、元の曲をそのまま、または演奏している状態で、カットインでつなげる手法。
が上げられ、冒頭の説明の通り、マッシュアップはボーカルトラックとオケトラックを使う手法となっている。
マッシュアップとリミックスは、あくまでも元の曲をそのまま使うことが前提である。(後略)
(wikipedia)

とある。さっぱりわからない(´・ω・`)

“マッシュアップ(2)”の続きを読む