“appcompat_v7″フォルダの自動作成ってバグなの?仕様なの(´・ω・`)?

追記20150115
久しくAndroidプロジェクトを新規作成していなかったので気付かなかったけど
最新版だと”appcompat_v7″プロジェクトが自動増殖せずに同じものを参照する
ようなのでこの手順は不要の筈。


ここでのやり取りを見ると仕様のようだな… (ヽ’ω`)
https://code.google.com/p/android/issues/detail?id=66975

The templates are frequently updated, so in the future we may create a template version that does not use AppCompat at all.

とか言ってるし。

他の事をやっていて気が付かなかったが、このアップデートでサポートライブラリの
インポートやActionBarActivityをデフォルトで使用するようになってたんだな。

v7絡みではもう意味はなくなったが、手順の説明としては何らかの意味はあるので
公開しとく (ヽ’ω`)
サポートライブラリのダウンロード
リソースを含むサポートライブラリの追加


appcompat_v7絡みでぐぐっていてヒットしたエントリで増え続けるライブラリプロジェクトへの
対処として、その参照を変更して増えたプロジェクトを削除する案があった。
日々雑感、覚書: Androidアプリ開発:ADT eclipseの更新-appcompat_v7プロジェクトが勝手に作られる!?

一応その手順のスナップショットは取ったが、果たしてこれでいいのか(運用的にw)
よくわからないのでこちらでのみ適当に載っけておこうw
これはインポートしたサポートライブラリへ変更しているけれども、
“appcompat_v7″でも問題はない模様。

  1. 該当のプロジェクトを右クリック。
    appcompat_v7-001
  2. 表示されたコンテキストメニューから[プロパティー]をクリック。appcompat_v7-002
  3. 参照しているライブラリを選択して<除去>をクリックappcompat_v7-003
  4. <追加>をクリック。appcompat_v7-004
  5. 任意のライブラリプロジェクトを選択して<OK>をクリック。appcompat_v7-005
  6. <OK>をクリック。appcompat_v7-006
  7. 不要になったプロジェクトを削除。appcompat_v7-007
  8. チェックを入れて<OK>をクリック。appcompat_v7-008

一応これで大丈夫そうだけども、どうなんだろうか(・∀・)?


一回ダウングレードに成功したんだけれども、その後は何度やってもうまくいかない(´・ω・`)
Eclipse4.2のPluginのuninstallではまったのでメモ
書いてあったようにプラグインをeclipse上でアンインストールし、プラグインを削除し、artifacts.xmlから該当部分を全部削除してfeatureの方も削除したのに、
アーカイブで22.3を入れようとすると”Android 開発ツール”だけが
「最新版がインストールされているので無視されます」みたいな表示が出る…(ヽ’ω`)

まあこれはもういいかw


アクションバーとの奮闘で一ヶ月を浪費してしまった気がしないでもない…(ヽ’ω`)
ちょうどアップデートとぶつかったのが混乱が長期化した原因であった…_| ̄|○

あれ…コンソールでxmlのリソースエラーって表示されてたのか…今まで気付かなかった…_| ̄|○