年別: 2018年

俺氏、キャンプ場管理業務を疎かにし始める(´・ω・`)

題材が「どうぶつの森」じゃなかったら、とっくに削除してるな(´・ω・`) キャラメルトアクリルハカワイイ
作業ゲーな感じなのはスマホゲーだからしょうがないんだろうけど。

レベルアップ時のプレゼントもベルとリーフチケットがデフォで、そこにおねがいチケットとかがつく程度なので変化がなくてつまらないし、レベルアップの甲斐がない。本質的にはリーフチケットと同じではあるけれども、投網や蜜や肥料とかもついた方がいいな。或いは「~のもと」や花の種とか。兎にも角にもレベルアップの達成感がない。そもそも「どうぶつの森」はレベルアップ云々のそういうゲームではないというのであれば、なんでそんな要らない数値指標を入れたんだよって話だと思う(´・ω・`)
キャンプ場利用客が増えてもほとんどの場合、何もないのもなんだかなぁ。

魚や虫が或る意味で通貨扱いになったせいか、元々のコレクション性がなくなっていまいち。図鑑はあるけどサイズとか残らないしな。ああ、化石を掘ったり、木を切り倒したくなって来たヽ(`Д´)ノ 

オブジェも1系統のレベル上限開放ではなくて2系統とかにして、その2系統用の個別のオブジェとかにしないと何処のキャンプ場も似たり寄ったりの風景になってしまうよね(´・ω・`) まあそれでも今5系統だから10個か。

新キャラ投入も一度に4キャラ固定じゃなくて4~8キャラくらいの波がないと作業感が増してしまうのでどうにかならないものか(´・ω・`)

そろそろかぶきち、ビアンカ、クロベエ、トンファン、ジュペッティという俺氏の愛したキャラ達も出て来て欲しいところ。キャラメルとアグネスは既にいるので。

早くコンシューマ用の正統続編が出ないかな。
Switchを買うお金ないけど(・∀・)

こないだWii用のどうぶつの森をハードオフで108円で買って来たから、それをやろうか。まあジャンク扱いだったので起動するかどうか判らないけれどもw


HitPointの「旅かえる」をちょこちょこやる。正直、そんなに面白さはないけど、ちょろっと操作すればいい放置系ゲームなので、なんとなく続けている。最近、なんかネズミかなんかが一緒に写真に写ってた。友達を作ったのかな? いつかはよくある住宅地に忍び込んで、そこに何故か集まっているねこ達の足元かなんかでテント張ったりするのだろうか。或いは出された餌を全て平らげて横たわる大きな白猫の腹の上とかで。

そういえば「ねこあつめ」のアップデートがあったなぁと思ってみてみたら、ちょっとグッズが増えてノーマル猫が追加されてたな。くろとびさんだったかな。まだカメラには収めていない(´・ω・`)

時々、「ねこあつめ」のメニュー画面でかえるがひょっこり座ってることがあるが、「わし、もうインストール済みやで(´・ω・`)?」って思ったり。余計な権限を追加をしないといけないから連動させてないのかな?


108円で買って来た「ガンダム無双 Special」を途中までやって飽きた(ノ∀`)
まあまた暇があったら続きをやってもいいけども、三國無双とか戦国無双とかに比べるとイマイチかなぁ。やっぱりロボットものはロックオンが出来ないと辛い(´・ω・`)

三國無双や戦国無双もツッコミどころは山のようにあるけれども、やっぱりMSが何もせんと棒立ちしているのは明らかにおかしいw
まあ、ある種リアルに攻撃されたら、あっという間にこっちが沈められちゃうんだろうけれども。


ちょっと前に買った技術系電子書籍や古本屋で買った技術書や日経ソフトウェアなどを適当に読む。そして頭がこんがらがる(´・ω・`)

日経ソフトウェアのおまけのXamarin入門を読むためにVisiual Studioを数日かけて落としてきたけれども、iOS端末を持っていない俺氏には無意味な言語だったようだ(ノ∀`) あんまり興味が持てず。関係ないけどザマリンって言うとひまわりが頭に浮かぶよね(´・ω・`)

「UnityではじめるC#」も買ったので、ちょっとやってみようと思いつつも、中々腰が上がらず、日経ソフトウェアの連載記事かなんかのサンプルコードを試したり。前半のサンプルコードはConsoleプロジェクトだったから特に問題なかった。後半のサンプルコードがWPFでプロジェクトを作れとあったので作ろうと思ったが作れない…前回ダウンロードした時はXamarinとUnityの開発環境だけを選択してたからWPF関連は入ってないのか…_| ̄|○

WPF関連をダウンロードするのに半日以上かかる(ヽ’ω`)
ついでにPython関連とかも一緒にダウンロードしたのがいけなかったのだが。

つーかWPFってなんだよヽ(`Д´)ノ
ぐぐってみたけど、あんまり普及してない感じ?
UWPとかいうのも出て来てるけど、どうなの(´・ω・`)?

C#でなんか不思議に思ったのはvar型とdynamic型。前者はVBとかのVariant型みたいなもんかなー、静的型付け言語なのになんで必要なのかなーと不思議な気分に。JavaScriptみたいな動的型付け言語から手っ取り早くコードを移植する際に活躍するんだろうか?

dynamic型は更によく判らない(´・ω・`)ナンニツカウノ?
これもコード移植とかで使えなくはなさそうだけども。送り手側が何を送ってくるか判らないようなシステムで一旦データを受け取った後に条件分岐で処理するみたいな時に使うんだろうか?
ほんと、よく判らない(´・ω・`) ソシテヘンタイクサイ


「CentOS7 実践ガイド」をちょこちょこ読む。CentOS7で従来とは違った仕組みを採用しているらしいけど、新規学習者にとっては或る意味で朗報なのかもしれないと思ったw 
でも2014年リリースでCentOSのメジャーバージョンアップが3~4年だからそろそろ8とか出ちゃうのかな?
まあ、操作体系や仕組みは7を継承するだろうから、問題ないと言えば問題ないけれども。

OracleのJavaFXのチュートリアルを眺めながら「へー(・∀・)」と思いつつも、まだ何も試していないw

eclipseだと、もう色々大変そうなので、Android Studioを仕方なく落としてきてインストールした(ヽ’ω`)
でも何もしてない(・∀・)


そんなこんなで何にもしてない今日この頃(・∀・)ウンコセイゾウキ