月: 2014年3月

『悪夢のエレベーター』を観た

悪夢のエレベーター

エレベーターに閉じこめられた4人の物語である。妻の出産立会いに急ぐ男、刑務所から出所してすぐの元空き巣のヤクザ、他人の過去が見える超能力者、自殺を考える女子高生。

そんなに期待してなかったというのもあるけど面白かった(・∀・)

冒頭の語りは好きなんだけども、ラストの方でのつながりはどういうことを
指しているのかよくわからなかったw ただの鑑賞者へのメッセージなのか?

ずっとコメディの流れで観たかった気もするがしょうがないか(ノ∀`)
多少グロシーンがあった。途中からこの人、ちょっと変だなと思って
観ていたけどあーいうオチとは思わなかったw

手品や推理小説等がそうだけど、鑑賞者の注意を引きつける部分を作って
肝の部分に注意を向けさせないという手法は、思いっきり引っかかると
かえって気持ちがいいな(・∀・)


安井三郎役の(内野聖陽)の最初のナレーションを聞いていて
「あれ、堤真一(´・ω・`)?」と思ったが全然違った(ノ∀`)

モト冬樹ってうるさい過剰な演技しか出来ないのかなと思っていたが、
この牧原静夫は前半も後半も中々良かったような。

愛敬カオル役の佐津川愛美は名前は何処かで見た記憶があったが、
「笑う大天使」の万里小路静(拉致される娘)やトリハダ4とか色々出てるんだな。

小川順役は斎藤工でその愛人役は芦名星。
また芦名星かよ (ヽ’ω`) カンベンシテクレ

小川の妻役が本上まなみ。
監督が堀部圭亮だから→K2→勝俣州和→本上まなみとのお見合い企画
という連想が働いた。あれは何年前の話だったかw

マンションの管理人役の大堀こういちって人は知らないな。
最低でも年に一本くらいはテレビに出ているようだけど。
輪郭がなんか特徴的。

長澤つぐみってAV女優で居なかったっけと思ったら、その人だった。
この人のは観たことないな(*´・ω・)
AVの方は引退して芸能界も引退して、今は広山詞葉という名前で
芸能界に復帰してるのか。
どんなシーンで出てたかなと思ったが、なるほどあのシーンかw


まあ凄く期待してみると肩透かしな感じになるかもしれないし、
ちょいグロシーンがあるので万民にお薦め出来るわけでもないけど、
俺氏は楽しめたよ(・∀・)

『御法度』を観た

御法度 (映画)

1865年京都。新選組は新たに隊士を募集した。多くの志願者が集まる中、一際異彩を放つ美少年がいた。加納惣三郎(松田龍平)と名乗るその青年は、新選組きっての剣豪・沖田総司(武田真治)をも手こずらせる程の剣の腕の持ち主だった。そして、もう一人、加納と双璧をなす程の剣の腕の持ち主・田代彪蔵(浅野忠信)の二人が、その剣の腕を認められ、入隊を許可された。しかし、この二人の入隊によって新選組内部の空気は少しずつ変わっていくことになる。

また衆道映画かヽ(`Д´)ノ

つまらなくはなかったかな(・∀・)
大島渚の遺作…なのか?


台詞回しが酷い俳優が結構居た割には映画映画してた。
松田龍平も高い声出すのに一生懸命でなんか変だったが
武田真治も台詞を間違えないようにするのに一生懸命だったなw

ビートたけしの土方歳三もアレだけど、崔洋一の近藤勇もなぁ(´・ω・`)
そういえば崔洋一が日本映画監督協会理事長なのは大島渚の後釜だからか。

井上源三郎役の坂上二郎は別に悪くもないけど

この作品では、六番組組長井上源三郎が中心となる「三条蹟乱刃」もストーリーに組み込まれ、原作の国枝大二郎の役回りを加納惣三郎が代わっている。

という感じで混ぜ合わされたパートらしいので、あんまり必要性が感じられない。
まあでもこの部分を抜くと尺が足らなくなるしなぁw

序盤で斬首された武藤誠十郎の生首が田中要次に似せててワラタw
そんな名前のある人物を割り当てる必要があったんだろうかw
寺島進の使い捨て感も酷かったw

伊東甲子太郎役の伊武雅刀は普通というか伊東は記号というかモブに過ぎず、
近藤が伊東を持ち上げてる時に土方が嫉妬するシーンの為だけのキャラだから
伊武雅刀の無駄遣いような気がしないでもないw

湯沢藤次郎役の田口トモロヲを見て、ふと「探偵はBARにいる」の時の
新聞記者の役を思い出したけど、ゲイ役を当てられることが多いんだろうかw


この映画の解釈は色々あってそれらを読むのは面白いんだけども、どれも
深読みすぎるような気がするw 大島渚がそこまで深い内容を描いたつもり
なのであれば、映画としてはそれらを撮りきれていない失敗作のような…

ということで俺氏は映画や演技の質を踏まえて、この映画は
単純なストーリー映画説を主張したい(`・ω・´)

加納惣三郎という美少年が新選組に入隊し、その魔性によって騒動が起きた。
惣三郎の持っていた性質とそれが引き起こすことを嫌悪し恐れつつも、
自らや新選組内の関係性の中にそれと似た種子が潜むことに気づいた土方は、
その思考を否定し、かなぐり捨てるが為に捨て台詞と共に一太刀を振るった。

という感じくらいの方が時代劇小説にありそうな物語構造だと思うし(・∀・)

関係ないけど雨月物語の「菊花の契り」を持ってくるとは思わなかったw
確かに衆道臭い部分はあるけども、あれは一応老母も居たはずだから、
出来ればそんなことはなかったと思いたいw あったとしても
本来の意味でのプラトニックであったと思いたいw

『二百三高地』を観た

二百三高地

名前と内容は何となく知っていたが、今までしっかりと観たことがなかったので観てみた。

まあなんていうか…三時間は長いよね(ヽ’ω`)


戦術等についてはよく知らないので乃木希典が有能であったか無能であったかは
わからないけれども、この映画での描き方だと理想主義者故に尚更に将兵の損失を
招いた指揮官って感じだねぇ。ぐぐってみるとそれは違うでぇという話も多くあり、
真相はわからない。まあでもただの無能が大将を続けられるものだろうかという
疑問がある。更に旅順攻略後の奉天会戦を考慮すれば、無能ってことは有り得ない
ような気がする。司馬遼太郎がいけないのかな。坂本龍馬も胡散臭いしw

幼い頃の厳格な養育や左目の失明を考えるとやはりこの人も強い歪みを持っていて
それが後の殉死にもつながった部分もあるんだろうなぁ。直接的には西南戦争時の失態、
子供を全て失った事、日露戦争の将兵損失の多さ等が関係してるんだろうけれども。

もしかすると殉死ではなく、いつからかはわからないが、常に存在していた自殺願望や
希死念慮を抑える軛としての子供や明治天皇がなくなった結果の自殺なのかもしれない。

乃木の自殺に対して

一方で上記の乃木の教育方針に批判的だった白樺派の志賀直哉や芥川龍之介などの一部の新世代の若者たちは、乃木の死を「前近代的行為」として冷笑的で批判的な態度をとった。

というような反応があったようだが、「将来に対する漠然たる不安」で自殺することは
当時の現代的行為だったんだろうかと芥川龍之介に聞いてみたい(・∀・)
「将軍」って読んだことないから今度読んでみるか。


兵隊側のストーリーはまあありきたりと言えばありきたりか。
あおい輝彦が演じていた小賀武志が最後の方でロシアを憎むようになるのは
変化球と言えば変化球かな?今どきのお花畑系反戦映画なら最後の最後まで
そのキャラクターを変えなさそうだけども。

小賀が冒頭シーンの片方だと思って観ていたので、物語の終盤までずっと、
「あれ?このままだと二百三高地を取っちゃうぞ(´・ω・`)?
その後で捕まるのか?」と的外れすぎる心配と予想をしてしまった(ノ∀`)

沖禎介(村井国夫)と早川純一(横川省三)だったのか。
高校生の頃、映画<二百三高地>を見て、冒頭とラストシーンには感涙しました。乃… – Yahoo!知恵袋

松尾佐知は夏目雅子だったか。最近huluで古い邦画を適当に観ていて
「綺麗系だけど名前がわからんな(´・ω・`)」と思ったら大体夏目雅子で
間違いがないw

木下九市はニーヌ・マッケンジー(新沼謙治)だったか。
微妙に柳葉敏郎に見えたが時代が違うなw

牛若寅太郎を演じていたのは佐藤允だったのかΣ(゚∀゚;)
なんか顔が違う。


政府、軍部側のストーリーは伊藤博文(森繁久彌)等が最初に沢山出て来て
誰が誰だかわからなくなった(ノ∀`)

児玉源太郎(丹波哲郎)と明治天皇(三船敏郎)はわかった。
乃木希典は(仲代達矢)だったのか。何故か三國連太郎だと思ってたw

こっちの方は特に言うこともないなぁw

乃木家に対する一般市民の手のひら返しが酷かったなw
まあでも自分もあの当時に生きていたら流れに乗って
あんな行為をしているかもなぁと思わないこともない(ノ∀`)

24時間休戦のシーンは本当にあったの(´・ω・`)?って思って
ぐぐってみたら、同じような疑問を持った人達が沢山居たw
脚色の部分もあるみたいだけど、まあ概ね事実なのか。
日露戦争の事で質問です | 歴史のQ&A【OKWave】

そういえばロシアはなんでバルチック艦隊なんて、あんな反対側に
あった艦隊を持ってきたんだろうか(´・ω・`)
他に艦隊はなかったのか。


過去の戦争映画を観ていつも思うのは「戦争反対ヽ(`Д´)ノ」でもなければ、
「軍隊カコイイ(・∀・)」でもなく、ただただ人間というものは過去の人間の
屍の上に現在を築き、いずれは自らの屍をその上に積み重ねるのだなということだけ。
これは戦争云々に限らず、芸術や文化、知識や技術、あらゆる分野に言えることだけども。


美しい日本、美しいロ………リータ(*´・ω・)? ← お巡りさん、こいつですヽ(`Д´)ノ

20pt(σ・∀・)σゲッツ!!


2月の頭くらいにやった「黒子のバスケ」の体験版が酷すぎて放置してたら、
何本か見逃してしまったようだ… (ヽ’ω`)

「黒子のバスケ」の体験版はアドベンチャーパートという名の電子紙芝居だった。
あんな無意味な体験版なら出さなきゃいいのにな。まあ「黒子のバスケ」のファン層って
若い女の子がメインだろうから、あんなんで良いとか思ってるんだろうなw


くまモン★ボンバー パズルdeくまモン体操

そこそこ楽しめたけど、スマホとかのゲームを探せば無料の似たようなのがありそう。
数百円くらいならいいけどフルプライスはくまモン、ぼったくり過ぎだろ(・∀・)

@SIMPLE DLシリーズ Vol.24 THE 密室からの脱出 ~癒されない温泉編~

これもまあ特につまらないということもないけど、変な宇宙人が出て来るので
その作品世界の雰囲気に拒絶反応を示す人も居るのではなかろうかw このシリーズは皆、
こういう設定なんだろうか?それとも24作目まで来て設定のネタ切れで色々と
やっているのだろうか。

コミック工房

800円という値段から考えると悪くないような気がするけども、ただのドローツールへ
コミック向けの機能を幾つか加えただけのような気がしないでもないw でもまあ、
機能のチュートリアルもついてたりするので、廉価であることを踏まえれば3DSで
お絵描きするには良いかな。でも塗り潰しツールのロジックが甘いんじゃね?
foto-haikingのやっつけ塗り潰しと同様に線のアンチエイリアス部分が完全に
塗りつぶせてないような気がするw


ファイアーエムブレム 覚醒」のハードモードをクリアした (ヽ’ω`)

序盤で手こずったが、

  • オリヴィエさん踊りまくりレベルアップ→HPアップ時に杖回復で回復キャラ経験値稼ぎ→レベル30でチェンジプルフ→(回復キャラレベルアップ時に杖回復で経験値稼ぎ)
  • 動かないラスボスからわざとにダメージを受ける→HPアップ時に杖回復で回復キャラ経験値稼ぎ
  • 動かないラスボスに弱い武器でダメージを与えず武器経験値稼ぎ
  • 動かないラスボスに弱い武器で低ダメージで経験値稼ぎ

最初は資金難であったが、最終的には貯まる一方になった(ノ∀`)

ヴェイクさんを蛮族にして吉田類ばりの”強奪”スキルを習得。ミリエルと結婚させてたので、
後でロランが”強奪”スキルを継承出来た。今回はマイユニットの性別を女にした結果、
マークが男の子になっていたので、これも”強奪”スキルの為に蛮族を経験させた。
これだけでもかなりの確率で黒字になったが、行き遅れたスミアと結婚させることにした
ヘンリーを蛮族にして「匂いの箱」ループが完全に黒字に(・∀・) ついでにスミアを
ダークペガサスにして”疾風迅雷”スキルを習得させたので、娘のシンシアが”強奪”+
“疾風迅雷”持ちという生まれながらの集金マシーンになった。

結局また50時間近く経った辺りで飽きてきて、外伝をほとんど残したままギムレーさんを
倒した(ノ∀`) あんまり鍛えてなかったソワレが死んでしまったが(・3・)キニシナイと
そのままエンディングへw

今回は別ルートの選択肢を選ぶつもりだったが間違えて前回と同じものを選んでしまったw


ルナティックモードをクラシックで始めたら、森の面をクリア出来ない (ヽ’ω`)
カジュアルでやり直そうかと思ったが、さすがにこのゲームに時間かけすぎなので、
ここでやめておくことにした。よくよく考えてみるとあのゲーム時間って失敗して
リセットした時間は含まれてないもんな…もしかするとモンハン3G並か( ;・´ω・`)ゴクリッ

と思って思い出記録帳をみたら134時間だった。ノーマルモードは45時間強くらいかな。
そんなにリセットすることもなかったし…てことはハードモードは90時間くらいか…
やはり脇道のレベルアップとかに力入れるからいけないんだなw