カテゴリー: ubuntu

TomcatとApacheの連携 (Ubuntu)

思い切り参考にしたページの内容丸ぱくりのエントリになってしまった(ノ∀`)
本当はOpenCms構築内の一部として取り入れたかったが、mod_proxy経由での
インストールがうまく行かなかった為にそれもかなわず、かといって
わざわざ撮った画面キャプチャをそのまま打ち捨てるわけにも行かず。

まあ画面キャプチャの羅列でも時には役に立つって昔ばっちゃが
口を酸っぱくして言ってたしね( ・´ω・`)                 ソンナコトイッタコトナイワヨ(・ω・゙)し

参考:
[Ubuntu 11.10] Tomcat と Apache の連携
2.4. 独自の空間台帳システムを構築する

OpenCms構築の際に参考にしたサイトでもhttpd-proxy.confにLocationを追加してたり
するんだけども、ubuntuのproxy_ajp.confでも同じようなことをすれば連携状態で
インストール出来るんだろうか( ・´ω・`)?


  1. apacheのバージョンを確認

    一応念の為、apacheのバージョンを確認。
    Apache2.0.x系だと連携方法が異なるらしい。

    apachectl -v
    
  2. server.xmlを開く

    tomcatのserver.xmlを開く。
    /var/lib/tomcat6/conf/server.xmlはシンボリックリンクらしい。

    sudo vi /etc/tomcat6/server.xml
    

    調べてみたらconfフォルダ自体がシンボリックリンクなのか(・∀・)
    参考:ハードリンク・シンボリックリンク-シンボリックリンク

     

  3. server.xmlの内容変更
    tomcatのserver.xmlを編集する。
    Port="8080"のセクションをコメント化してポートを閉じる。

    Port="8009"のセクションのコメント記号を除去しポートを開ける。
    そして:wqでファイルを上書き保存する。

    内容変更前というかtomcat再起動前は8080でアクセス出来る.

    関係ないけど80だとapacheの"It works!"が表示される。

    ここでする必要はないけどtomcatを再起動

    8080でアクセス出来なくなる。

     

  4. 8009だったらアクセス出来るのかと思いきやhttpじゃ駄目なのか。
    AJPモジュールが動いている状態でも同じだからそういうことなのかな。

  5. AJPモジュール設定ファイルの作成
    連携を行うAJPモジュールの設定ファイルを新規作成する。

    sudo vi /etc/apache2/mods-available/proxy_ajp.conf
    


     

  6. "ProxyPass /tomcat/ ajp://localhost:8009/"と入力し保存する。

  7. AJPモジュールの有効化
    sudo a2enmod proxy_ajp
    

    でAJPモジュールを有効化する。

    a2enmodってapache2 enable moduleの略か( ・´ω・`)
     

  8. tomcatとapache2の再起動
    sudo /etc/init.d/tomcat6 restart
    sudo /etc/init.d/apache2 restart
    

    でtomcatとapache2を再起動する。

     

  9. アクセス確認
    ホストOS側からブラウザでhttp://ゲストOSのIPアドレス/tomcat/
    へアクセスし、"It works!"と表示されればOK(・∀・)

     

※2016/3/9追記
tomcat7の場合は

sudo shutdown -r now

等でubuntu server毎、再起動しないと駄目?


一応これで連携は出来てるはずだけれども…
この辺はもう少し勉強しないといけないな( ・´ω・`)

引っ越した(・∀・)

VPS512MBからVPS2GBに。
主にさくらのVPS を改めて使いはじめる 1 – 使用準備、SSH 公開鍵認証を参考にした
…といいたいところだけれども、今回は仕事先サーバ環境の勉強も踏まえてubuntu serverを選択したために色々とぐぐりながらやらないと駄目だった…_| ̄|○

最初はPuttyごった煮版を入れてやろうと思ったけどSSH鍵の生成の絡みで途中から
Tera Termを使った。
「サーバーの SSH 設定を変更」のところで「.ssh」フォルダを作る等の作業がMacのみの
作業かと勘違いしてはまる(ノ∀`)

ubuntuは何にしても”sudo”くっつけたり"sudo su -"とかしたりしないといけないので大変(・∀・)
デーモンの再起動も"service ssh restart"でdがいらなかったかな。


日本語化はよくわからなかったからパス(ノ∀`)
"sudo apt-get update"とか"sudo apt-get upgrade"やった。
「.bash_profile」とかいうファイルに設定をするとかあったけど、ubuntuはデフォルトでは
「.profile」しかなくて「.bash_profile」を使うには別に設定が必要だかどうだかと
面倒くさそうだったので(ノ∀`)パス

iptablesはUbuntu server on VMware Fusion – iptablesをインストールしてみる
参考にしてみたけれど、実際はよくわかってない(ノ∀`)
まあRootloginとPasswordAuなんとかは殺したりしてるし、
SSH鍵認証だから大丈夫だよね( ;・´ω・`)?
サービスというかポートが攻撃されちゃうか…

WordPress系はUbuntu Server にLAMPをインストールし、WordPressを使ってみる
参考にして入れた。


wordpressのエントリは簡単に移行出来るとのことだったので
旧サーバに入ってエントリのエクスポートをしようとする。

あれ…?

あれぇ……(´・ω・`)?

あれれぇ………(´;ω;`)?

旧サーバに入れない…_| ̄|○ パスワードワスレタ…

オタワ、オレノブログオタワ…(´・ω・`)マアドウセタイシタナイヨウジャナイシ…


と思ったけれども一応ぐぐる……シングルユーザーモード…これか( ・`ω・´)

さくらのVPSでrootのパスワードを忘れたときに再設定を行う方法

やってみたが…kernel panic……orz バンジー急須お茶全部こぼれる(´;ω;`)かと思ったが、
サーバ関係備忘録-rootのパスワードを忘れてしまった場合など
他のページを見て上記のページはLABELの後に"="を入れていないことに気づく。

改めて"="を付加して試してみる。

来たで来たで、シングルユーザーモード(・∀・)
その後"passwd"でパスワード変更。無事にログイン出来た。


wordpressのデータはエクスポートツールが必要なのかと思ったが
普通に標準機能?でエクスポート出来た。
新サーバ側ではWordPress Importerというプラグインを入れてインポートした。
これってデータだけでデザインとかインストールしてるプラグインとかの設定は
引き継がないのね(´・ω・`)
データ移行も出来ているようでリンク先が404 not foundだ(ノ∀`)
まあメドイのでしばらく放って置く。

あっちのサーバは閉めるか。また必要になったら借りよう。
レンタルサーバの方もこっちにメールサーバを立てて集約したくもあり
メドイメドイであり、むーん(´・ω・`)