月別: 2014年12月

おひとりさまの更年期―あなたを救う心と体の処方箋

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



田中 奈保美 (著)

基本的に閉経後の女性に訪れるものなので俺氏には無縁とも言える更年期では
あるが、昨今では男性にも更年期があるとかないとか言われているようなので、
ちょっとだけ目を通すつもりで本を開いた。


序盤でかなりホルモン補充療法(HRT)推しなので、これはHRTを普及させることを
目的な怪しい本なのかと邪推してしまった(ノ∀`)
(※)ブックパスの無料読み放題本は結構怪しい内容の物があるw

HRTでぐぐってみると、わずかではあるがその危険性について指摘しているページが
あったので「ますますもって怪しい、これは読み進めるのは時間の無駄か( ・´ω・`)?」と
思いつつも中年期のアイデンティティの危機について言及している部分に興味が
あったので、取り敢えず読み進めた。

そうしたら94ページからHRTに関する危険性について書かれた記事とその説明があり、
後のページでもHRTが万能のものではなく、抗鬱剤や漢方薬等々、その人の症状と
環境に合わせたものを選択・併用すべきであるという旨のことが書かれていたので、
ここに来てようやく猜疑心の強い俺氏も本書は怪しくないであろうと判断した(・∀・)


読んだ感じでは、更年期障害というものは、中年期において湧き上がる今までの
人生に対してのある種の迷い、身体能力の低下や親族や友人の死によって想起することを
余儀なくされる生命や未来に対する不安、会社での重責による仕事のストレスに起因する
精神的動揺と閉経というホルモンバランスの急激な崩壊によって引き起こされるモノの
ように思えた。

本書は閉経におけるホルモンバランスの変化自体を軽視しているわけではなく、
今まで軽視され、見向きもされなかった精神的動揺にも注意を払うべきであると
主張しているようだったが、多分それは正しいのかなぁと思った。

更年期障害というものの詳しい定義は知らないけれども、何にしてもそれは
単にある年代の人達が訴えることの多い症状をおおまかにカテゴライズして
まとめた枠であり、必ずしもその中のモノ全てが単純かつ明確に1対1の原因と
結果として対応はしているわけではない。そうした場合に、病気即ち身体的不調や
ホルモンのみが原因とするのは拙速であり、他の原因要素との複合を疑うべきだろう。

多くの人は精神と肉体は全く別のもののように捉えているようだけれども、精神や
思考は肉体上で発生している化学変化の集まりであり、肉体と相互に強く影響しあう。
正確に言うならば精神は肉体の延長線上に存在するというか、脳の進化の結果として
産まれて来た、あるいは自覚されたモノである。そうしたことを踏まえた場合に
わかりやすいホルモンバランスの変化のみに注目していてもきっと更年期障害の
問題は解決しないだろう。


素人考えではあるけれども、更年期障害と呼ばれる一連の事象において、
本当に注目しなければならないことはホルモンバランスの変化よりも
中年期におけるアイデンティの再構成の方なんじゃないのかなと
思ったりもした。

男性には閉経はないし、ホルモンバランスの変化はあるとしてもそれほど
大きいインパクトはないか、それによって不調を訴える人の数は少ない。

目に見えるほどの不調をもたらす大きいホルモンバランスの変化は必ずしも
全ての人には訪れない。男女を問わず、より多くの人が体験するのは中年期の
アイデンティティの再構成の方であろう。

そうしたことを踏まえると更年期障害と呼ばれる一連の事象は、実は青年期的
若さの喪失またはその自覚、忍び寄る死への不安等によって生じる精神的動揺の
トリガーであったり、危険信号の発報なんじゃなかろうかと言う風に思った。
女性の場合は閉経という身体へのインパクトの大きいイベントを抱えてるが為に
これが生じやすく、その身体的不調に注目が集まっているだけで。


なんやかんやで色々と興味深い内容だった。症例の話はまあ「へぇ(・∀・)」
というくらいの感想しかないけどw 中年期のアイデンティティ絡みの本を
読みたくなった(`・ω・´)

まあしかしこの辺のこともきちんと考えた上で女性登用を進めないと、
高齢の女性に対して”SHINE”は「輝け」じゃなくて「しね」ってことにもなりかねないよね。
無職の俺氏が昨今の政策に疑問を呈するのもなんだが(ノ∀`)

彡 ⌒ ミ
( ・∀・)< 夢は正SHINEになること!
              頭はSHINEしてるじゃん>(・ω・` )

『フリー・ウィリー』を観た

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



フリー・ウィリー

母親に捨てられた少年と母親から引き離されたシャチ。互いに孤独な境遇の両者が交流を深め、成長していく姿を美しい自然描写の中に描いた感動作。続編『フリー・ウィリー2』、『フリー・ウィリー3』、さらにオリジナルビデオ『フリー・ウィリー 自由への旅立ち』も制作された。

続編が2作もあるくらいだから人気があった模様。
でもあんまり合わなかったw
IMDbの評価が全てではないが、5.8と結構低い。
子供向けにヒットした感じなのかな?

あらすじというか冒頭の展開はちょっといじって

孤児院暮らしのジェシー(ジェイソン・ジェームズ・リクター)は、脱走してストリートチルドレンとなっていた。ある夜、パトカーに追われて、さびれた水族館に逃げ込んだジェシーはシャチのウィリーと出会う。孤児院に連れ戻されたジェシーは子供のいない里親に引き取られるが、母親が迎えに来ると信じるジェシーは心を開かない。水族館でした落書きを消す作業を命じられたジェシーはウィリーと再会。

みたいな感じ。

あんまり惹きつけられるところがなかったので、途中でながら観になってしまった(ノ∀`)
俺氏にハートウォーミングな動物モノは合わないということかもしれないw


ジェシー役のジェイソン・ジェームズ・リクターは「ネバーエンディング・ストーリー3」の
バスチアン役ということで、おお(・∀・)と思ったが「ネバーエンディング・ストーリー」は
1までしか観てなかった(ノ∀`) バスチアンって誰だっけ?
少年が読んでいた本の中の主人公だっけ?

レイ役のロリ・ペティもレン役のマイケル・マドセンは両方とも知らないな(´・ω・`)
マイケル・マドセンは結構聞いたことのある名前の映画に出ているみたいだが。


シャチのケイコ(1998年12月)
本作でウィリーを演じたシャチのケイコは、メキシコの遊園地で劣悪な環境の中で飼育されていたのをプロデューサーに見つけられて撮影に使用された後、再びこの遊園地に戻されていたため病状が悪化していった。
そこへ本作の大ヒットで世界中の子供たちから「ウィリーは解放されたのに、なぜケイコは解放されないのか」という声が上がり、基金が集められた結果、アース・アイランド研究所を主体に「フリー・ウィリー・ケイコ基金」が設立され、1996年、オレゴン州ニューポートに建設された専用プールに移されて自然に帰るための特訓と病気の治療を受けた後、1998年、故郷のアイスランドに帰された。
ケイコは2003年12月12日、ノルウェーで27歳で死亡した。

プロデューサー酷いなw
まあどうしようもないといえばどうしようもなかったのかもしれないがw

更に
ケイコ (シャチ)
には色々と詳しく書いてあって色々と興味深い。

一連の野生復帰運動に反対する意見も多くあった[5]。長年にわたって人間の飼育下にあったシャチが、野生に帰ることはできない。野生へ帰さず、人間のそばにいさせることがケイコを幸せにする。また、1頭のシャチにかけたばく大な費用についての批判などである。

無理に野生に帰す必要はなかったのではないかとは思うものの、

ノルウェーの政治家で捕鯨支持者のスタイナー・バステセンは、新聞のインタビューにおいて、野生復帰のための活動は「常軌を逸した金の無駄遣い」であり、「ケイコの肉を60000個のミートボールにしてスーダンの飢えた子どもたちに送ったほうが有益だろう」と意見した。

は言い過ぎだろw

他にもぐぐったら色々とページやエントリがヒットした。
結構有名なんだろうか。
ケイコ~水族館から生まれ故郷の海に戻されたオルカ

非常に長いけど色々と詳しくケイコについて書いてあった(・∀・)
なぜかケイコ(Keiko)という日本の女性名を持つオスのシャチ 世界一有名になったシャチの生涯と謎を追ってみた


映画そのものより、ケイコの数奇な一生の方が面白いな。
面白いと言ってしまっていいのかわからないが(´・ω・`)

『フレッシュマン若大将』を観た

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



フレッシュマン若大将

『フレッシュマン若大将』(フレッシュマンわかだいしょう)は、加山雄三主演の日本映画。若大将シリーズの第13弾。若大将シリーズ社会人編の第1作。

OPの「フレッシュマン若大将」は歌詞が変だったが意外と好きw
まあ若大将(加山雄三)も青大将(田中邦衛)も全然フレッシュではなかったがw

ヒロインが澄子(星由里子)から節子(酒井和歌子)に変更になっていた。
そのせいか知らないがいつものレイプ未遂がなくて

就職希望先の日東自動車の面接に向かった若大将は、偶然同じタクシーに乗り合わせた祖母を連れた節子(酒井)にタクシーを譲った。

という形で恋愛ポイントを取得していた。
関係ないが祖母じゃなくて祖父じゃなかったっけ?


今回はりき婆ちゃん(飯田蝶子)と久太郎(有島一郎)の出番が多くて俺歓喜(・∀・)
江口(江原達怡)と照子(中真千子)のバカップルぶりも笑ったがりきお婆ちゃんの
呼び方で思わず声が出たw

めぐみ役の草笛光子が若過ぎて最初誰だかわからなかった(ノ∀`)
節子役の酒井和歌子は若くて可愛かった。山田淳子(高橋紀子)、
大島昌子(岡田可愛)も中々可愛かった。

青大将の女好きも拍車が掛かっていたような気がした。社会人だからか。
青大将と藤原課長(藤岡琢也)の絡みは今後のシリーズでもあるんだろうか。

「びっこの仔犬」 という挿入歌があるらしいが、自主規制かなんかで
カットになっているらしい。カットされていたような気もするが
あんまりよく覚えていない(ノ∀`) 全体的にロマンティックな歌は
なかったような気がする。

一応スケートは出て来たが、大学生物ではないのでスポーツ要素は少なく、
ドラマ的には以前の物より今作の方が飽きなくて良かった。但し、最後の
スポーツ観戦がないので終盤のりき婆ちゃんと久太郎の出番がなくて
ちょっと寂しい(´・ω・`)

WordPressの管理画面が
俺氏の職歴みたいに真っ白になった件(´・ω・`)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩



WordPress本体やプラグインを更新して管理画面が真っ白になる度に
手順をぐぐっている鳥頭なので、エントリ化しておこう。

※2015/04/03 テーマ絡みの場合で似たようなことがあったのでエントリにした。


  1. ターミナルでサーバに接続。
  2. /var/www/[wordpressのインストールディレクトリ]/へ行く。
  3. sudo vi wp-config.php
  4. /WP_DEBUG
  5. 入力モードで
    define('WP_DEBUG', true);

    と書き換える。

  6. ESCキーでコマンドモードに戻って
    :wq

これで管理画面にエラーメッセージが出力される…はず。

まあエラーが出ても大抵わからない(ノ∀`)

今回は

Notice: get_settings is deprecated since version 2.1! 
Use get_option() instead.
 in /var/www/wpbl/wp-includes/functions.php on line 3378 

Fatal error: Allowed memory size of 41943040 bytes exhausted 
(tried to allocate 4864 bytes)
 in /var/www/wpbl/wp-admin/menu.php on line 177 

みたいな感じだったが、

funtions.phpの3378行目はただのメッセージ出力らしいので関係ないみたい。
3378

menu.phpの177行目を見るとテーマが関係しているようだが、よくわからない(´・ω・`)
177


仕方がないので、取り敢えず全てのプラグインを無効にする。

  1. /var/www/[wordpressのインストールディレクトリ]/wp-contentへ行く。
  2. プラグインフォルダの名前を変更する。
    sudo mv plugins plugins_
  3. 管理画面に行き、表示されることを確かめる。この際に表示されない場合、不具合はプラグイン絡みではない可能性が高い。
  4. プラグインが無効(停止されている)ことを確認する。
    pluginnotfound
  5. プラグインフォルダの名前を戻す。
    sudo mv plugins_ plugins
  6. 再びプラグイン画面へ戻り一つずつ確かめていく。

結局、プラグインのwptouchを有効化すると画面真っ白になるようだった。
wptouchが悪いのではなくて適当にいじくったテーマの方が悪いのかもしれなかったが、
wptouchを有効にしているメディアの挿入が上手く行かなかったりするので、wptouchを
削除することにした。もしかするとこれもテーマとのなんらかの衝突の所為だったので
あろうか?

直接は関係ないけど、WP_DEBUGをtrueにしてるとCollapsing Archivesが
エラーを吐くのか、使い物にならないので、falseに戻した。


viでのジャンプは

:行番号

前方検索は

/[検索ワード]

後方検索は

?[検索ワード]

やで、いい加減覚えてや(・∀・) -> 俺氏