カテゴリー: 日記

俺氏、キャンプ場管理業務を疎かにし始める(´・ω・`)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


題材が「どうぶつの森」じゃなかったら、とっくに削除してるな(´・ω・`) キャラメルトアクリルハカワイイ
作業ゲーな感じなのはスマホゲーだからしょうがないんだろうけど。

レベルアップ時のプレゼントもベルとリーフチケットがデフォで、そこにおねがいチケットとかがつく程度なので変化がなくてつまらないし、レベルアップの甲斐がない。本質的にはリーフチケットと同じではあるけれども、投網や蜜や肥料とかもついた方がいいな。或いは「~のもと」や花の種とか。兎にも角にもレベルアップの達成感がない。そもそも「どうぶつの森」はレベルアップ云々のそういうゲームではないというのであれば、なんでそんな要らない数値指標を入れたんだよって話だと思う(´・ω・`)
キャンプ場利用客が増えてもほとんどの場合、何もないのもなんだかなぁ。

魚や虫が或る意味で通貨扱いになったせいか、元々のコレクション性がなくなっていまいち。図鑑はあるけどサイズとか残らないしな。ああ、化石を掘ったり、木を切り倒したくなって来たヽ(`Д´)ノ 

オブジェも1系統のレベル上限開放ではなくて2系統とかにして、その2系統用の個別のオブジェとかにしないと何処のキャンプ場も似たり寄ったりの風景になってしまうよね(´・ω・`) まあそれでも今5系統だから10個か。

新キャラ投入も一度に4キャラ固定じゃなくて4~8キャラくらいの波がないと作業感が増してしまうのでどうにかならないものか(´・ω・`)

そろそろかぶきち、ビアンカ、クロベエ、トンファン、ジュペッティという俺氏の愛したキャラ達も出て来て欲しいところ。キャラメルとアグネスは既にいるので。

早くコンシューマ用の正統続編が出ないかな。
Switchを買うお金ないけど(・∀・)

こないだWii用のどうぶつの森をハードオフで108円で買って来たから、それをやろうか。まあジャンク扱いだったので起動するかどうか判らないけれどもw


HitPointの「旅かえる」をちょこちょこやる。正直、そんなに面白さはないけど、ちょろっと操作すればいい放置系ゲームなので、なんとなく続けている。最近、なんかネズミかなんかが一緒に写真に写ってた。友達を作ったのかな? いつかはよくある住宅地に忍び込んで、そこに何故か集まっているねこ達の足元かなんかでテント張ったりするのだろうか。或いは出された餌を全て平らげて横たわる大きな白猫の腹の上とかで。

そういえば「ねこあつめ」のアップデートがあったなぁと思ってみてみたら、ちょっとグッズが増えてノーマル猫が追加されてたな。くろとびさんだったかな。まだカメラには収めていない(´・ω・`)

時々、「ねこあつめ」のメニュー画面でかえるがひょっこり座ってることがあるが、「わし、もうインストール済みやで(´・ω・`)?」って思ったり。余計な権限を追加をしないといけないから連動させてないのかな?


108円で買って来た「ガンダム無双 Special」を途中までやって飽きた(ノ∀`)
まあまた暇があったら続きをやってもいいけども、三國無双とか戦国無双とかに比べるとイマイチかなぁ。やっぱりロボットものはロックオンが出来ないと辛い(´・ω・`)

三國無双や戦国無双もツッコミどころは山のようにあるけれども、やっぱりMSが何もせんと棒立ちしているのは明らかにおかしいw
まあ、ある種リアルに攻撃されたら、あっという間にこっちが沈められちゃうんだろうけれども。


ちょっと前に買った技術系電子書籍や古本屋で買った技術書や日経ソフトウェアなどを適当に読む。そして頭がこんがらがる(´・ω・`)

日経ソフトウェアのおまけのXamarin入門を読むためにVisiual Studioを数日かけて落としてきたけれども、iOS端末を持っていない俺氏には無意味な言語だったようだ(ノ∀`) あんまり興味が持てず。関係ないけどザマリンって言うとひまわりが頭に浮かぶよね(´・ω・`)

「UnityではじめるC#」も買ったので、ちょっとやってみようと思いつつも、中々腰が上がらず、日経ソフトウェアの連載記事かなんかのサンプルコードを試したり。前半のサンプルコードはConsoleプロジェクトだったから特に問題なかった。後半のサンプルコードがWPFでプロジェクトを作れとあったので作ろうと思ったが作れない…前回ダウンロードした時はXamarinとUnityの開発環境だけを選択してたからWPF関連は入ってないのか…_| ̄|○

WPF関連をダウンロードするのに半日以上かかる(ヽ’ω`)
ついでにPython関連とかも一緒にダウンロードしたのがいけなかったのだが。

つーかWPFってなんだよヽ(`Д´)ノ
ぐぐってみたけど、あんまり普及してない感じ?
UWPとかいうのも出て来てるけど、どうなの(´・ω・`)?

C#でなんか不思議に思ったのはvar型とdynamic型。前者はVBとかのVariant型みたいなもんかなー、静的型付け言語なのになんで必要なのかなーと不思議な気分に。JavaScriptみたいな動的型付け言語から手っ取り早くコードを移植する際に活躍するんだろうか?

dynamic型は更によく判らない(´・ω・`)ナンニツカウノ?
これもコード移植とかで使えなくはなさそうだけども。送り手側が何を送ってくるか判らないようなシステムで一旦データを受け取った後に条件分岐で処理するみたいな時に使うんだろうか?
ほんと、よく判らない(´・ω・`) ソシテヘンタイクサイ


「CentOS7 実践ガイド」をちょこちょこ読む。CentOS7で従来とは違った仕組みを採用しているらしいけど、新規学習者にとっては或る意味で朗報なのかもしれないと思ったw 
でも2014年リリースでCentOSのメジャーバージョンアップが3~4年だからそろそろ8とか出ちゃうのかな?
まあ、操作体系や仕組みは7を継承するだろうから、問題ないと言えば問題ないけれども。

OracleのJavaFXのチュートリアルを眺めながら「へー(・∀・)」と思いつつも、まだ何も試していないw

eclipseだと、もう色々大変そうなので、Android Studioを仕方なく落としてきてインストールした(ヽ’ω`)
でも何もしてない(・∀・)


そんなこんなで何にもしてない今日この頃(・∀・)ウンコセイゾウキ

あけてた(´・ω・`)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


だらだらとVirtualBox上にOracle環境を構築。
だがしかし、仕事先でやっていた作業は細切れであった為に色々とハマる(ヽ’ω`)
考えてみたら、あそこではServerViewをconfigファイルを使ってインストールしたり、細かな設定は仕事先の方の作ったシェルスクリプトを使用していたので、その辺の知識が抜けているからハマるのは当然のことであった(ノ∀`)


細かい内容はともかくも、やったことを適当に記録。いずれエントリにしよう。と思うがそのまま忘れる可能性が高い(`・ω・´)

  1. インストール
  2. ifcfg-e0s3(/etc/sysconfig/network-scripts/のネットワーク定義)のONBOOTをyesに。
  3. reboot(ネットワークサービスの再起動だけでいいのか?)
  4. yum update
  5. GuestAdditionのインストール
  6. 共有フォルダの設定
  7. httpサーバーでインストールしてしまったので、GNOME Desktopをインストールして、graphical.targetに変更。(この時になんかライセンスアグリーメントを要求された?)
  8. バックアップというかVirtualBoxのクローンを作成

ここではONBOOTをyesにしておかなくて、yumを使った時に”base/7/x86_64″がないとかどうとかのエラーが出た(ノ∀`)
このエラーはDNSやらGATEWAYやらプロキシ絡みでも出るらしい。つーかネットワークがつながってない時に出るのかな? ローカルにあったら、エラーは出ないのだろうか? これは既にブリッジアダプターを追加済みの仮想マシンに再インストールした際に起きたので、通常だとは起きない? 今度改めてCentOSを入れて、後から追加したブリッジアダプターが初めからONBOOT=yesになっているか確認してみるか(´・ω・`)

今回はhttpdサーバのパターンでインストールして後からGNOME Desktopを入れたからか、えらくダウンロードに時間がかかった。最初にGNOME Desktopで入れて後からhttpdを入れれば良かったのか(´・ω・`)? 或いはメディアイメージをローカルリポジトリにしたりして入れられるのかな。


Oracleに関してはほぼこちらのサイトの言う通りにやったら出来た(・∀・)
Oracle Database 12c Release 2 : インストール環境の設定

Linuxのことをよく判ってないから、カーネルパラメータの編集の、聞いたこともないような設定値の羅列から”cat >> /etc/sysctl.conf << EOF”を見て「どういうこと(´;ω;`)?」と悩んだw "<<"は追加だなぁとすぐにわかったが">>”の意味が分からずぐぐる。
ヒアドキュメントかΣ(゚∀゚;)
前にも調べたことがあったのに完全に忘れてたわ(ノ∀`)
標準入力の内容を追記出来るのか(・∀・)

ユーザーとグループの追加のところも含めて、標準入力ってこんな使い方出来るんだなぁ、凄いなぁと思いました(・∀・)(小並感)

それ以外のところは概ね仕事先でやった作業とあんまり変わらなかったかな?
pam_limits.soとumask 022は触らなかったか。シェルスクリプトでやっていたか、設定済みファイルをコピーしてたからかな。
pam_limits.soは/etc/security/limits.confの内容を使って制限とかするみたい。
umaskは

ファイルまたはディレクトリを作成したときに設定されるデフォルトのファイルアクセス権は、ユーザーマスクによって制御されます。ユーザーマスクは、初期設定ファイルで umask コマンドによって設定されます。
(中略)
設定する umask の値は、与えたいアクセス権の値を 666 (ファイルの場合) または 777 (ディレクトリの場合) から引きます。引いた残りが umask に使用する値です。たとえば、ファイルのデフォルトモードを 644 (rw-r–r–) に変更したいとします。このとき 666 と 644 の差 022 が umask コマンドの引数として使用する値です。
デフォルトのファイルアクセス権 (umask)

ということらしい。へぇ(・∀・)

そう言えば、仕事でやった時はorainstRoot.shとroot.shだけしか実行しなかったが、今回は設定の足らないところがあるらしく、それらの前に修正用のシェルスクリプトをやれヽ(`Д´)ノってインストーラーに怒られた(ノ∀`)

netcaは普通にやって、dbcaでは参考にしたサイトとは違うTypical Configurationでインストールした。sysdbaでの接続を確認(`・ω・´)


引き続きEnterpriseManagerの設定を行うもハマる(ヽ’ω`)

  • httpdを自動起動にしてなかった。
  • HttpsPortを5500で開けてなかった。
  • Firefox用のflashプラグインを入れてなかった。
  • SELINUXを無効にしてなかった。
  • sysのパスワードが分からなかった。

そう言えば

[root@localhost oracle]# chkconfig –list httpd

注記: この出力に含まれるのは SysV サービスのみです。ネイティブな
systemd サービスは含まれません。SysV の設定データはネイティブな
systemd 設定で上書きされる場合があります。
systemd サービスを一覧表示する場合は ‘systemctl list-unit-files’ を使用します。
特定のターゲットで有効になっているサービスを確認する場合は
‘systemctl list-dependencies [target]’を使用します。

みたいな感じで怒られた(´・ω・`)
systemctl list-unit-files -t service
とか
systemctl list-unit-files httpd
ってしないと駄目らしい。

sysのパスワードのデフォルトはCHANGE_ON_INSTALLとあったから、これなのかなぁと思ったら違った(´・ω・`)
インストールユーザーのログインパスワードが正解?

何はともあれ、emにログインして表領域の作成までは試した(`・ω・´)

ついでにと思い、ホストOSからTeraTermでsshログインしようとするも出来ぬ(ヽ’ω`)
VirtualBoxでNATのネットワークアダプターでポートフォワーディング設定をしておかないと駄目なのね。
まあこれでつながったので良しとする(`・ω・´)


Oracleとは別にRedmineもちょっとだけ触ろうと思ってRedmine 3.4をCentOS 7.3にインストールする手順を試す。

試すが…_| ̄|○

“bundle install –without development test –path vendor/bundle”でエラーが出て、色々とやってるうちになんだかグチャグチャになってしまってきたので、Oracleを入れた段階のイメージまで戻した…_| ̄|○ emカラヤリナオシ

ようやくemまで入れ直してクローン作成 ←イマココ

gem install rmagick -v ‘2.16.0’で出た、

Detected ImageMagick version:
Can’t install RMagick 2.16.0. You must have ImageMagick 6.4.9 or later.

のところが上手く解決出来なかったので、ここからかな(ヽ’ω`)


Ruby絡みは全くわからんちんちんの俺氏の2018年の始まりはこんな感じ(´・ω・`)

今年も後10日しかない…( ;・´ω・`)ゴクリッ

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


今年も何もしなかったな(´・ω・`)

  • kindle本の再ダウンロードがようやく終わりそう…(ヽ’ω`)
  • 部屋の大掃除に勤しむ。どう考えても、もう使わないだろうなぁって物やこれ以上持っていても…という物を処分した。
  • 初めて猫カフェのようなところに行った。
  • MVNOをdmmからUQモバイルに切り替えた。

本当は読み終わっていてエントリ化したら削除したろと思っていた電子書籍を再ダウンロードしたので偉く時間がかかった…(ヽ’ω`)
てっきり実ファイルさえあって、新しいPCからサーバ認証さえ出来れば問題なのかと思ったら、どうもそんな簡単な話ではなかった模様。なんでkindleってレジュームダウンロードとかシリーズ物は一括ダウンロードとか出来ないのであろうか(´・ω・`)
 

色々と捨てたり売ったり。Nexus9もAndroid7までは上げられるから持ち続けようかと思ったが、電源周りが微妙だったので、旧PCのパーツを売る時に一緒に売っ払ったヽ( ・∀・)ノ
身分証明書を持参せず、進退窮まった俺氏であったが、その日一緒に秋葉を回る予定であった友人(知人(´・ω・`)?)に代わりに売ってもらってピンチを脱す(・∀・)タスカッタ
X80は5.1だが、いざとなったらWindows10オンリーにしようかなぁということで残した。今度働いたら新しい中華パッドを買おうかな。
 

売っ払ったお金で友人に「猫カフェおごったるで(・∀・)」と「Cat Cafe」に行くも、店前から混んでたので致し方なく「僕と猫」に行く。まぁ…何というか…(´・ω・`)
軽風俗街と化した今の秋葉原らしいと言えばらしいが、俺氏にはイマイチ。露出の多いお姉ちゃんとキャッキャウフフしたかったらキャバクラ行った方が良いよね(´・ω・`)
わしは猫とキャッキャウフフしたいんやヽ(`Д´)ノ
まあそういうコンセプトの店に紛れ込んでしまったのがいけなかったんだろうな。
女の子スタッフのコンセプト以外にも合わんところがあった。
スコティッシュフォールドやらフサフサ系の子猫ばっかりと触れ合えるのが売りらしいがそこら辺もあんまり合わんかったな。
日本では一般的な雑種というか和猫?とかがワラワラ居るお店がええのぅ(´・ω・`)
ちょっとは猫を触れたから良かったけど、まあここは二度と行かんだろうなぁ(ノ∀`)
子猫が好きってわけでもないしなぁ。
 

色々と悩んだ挙句、UQモバイルの無制限500kbps+電話(2,680円/月)のコースに乗り換えてDMMモバイルの方を解約することに。実際にはSHV40_uを割賦購入してるので毎月4000円位の支払いになるけども。
初めはDMMモバイルで新しい端末に乗り換えようと思ったがカラーバリエーションがいまいちだったのと(この端末はMVNO事業者によって限定色があるみたい)、DMMモバイルを使い続けることのメリットが薄らいで来ていたので、いっそのこととUQモバイルの無制限にした。今現在、データ専用で契約している方も解約して一枚のSIMで頑張っていこうかどうしようか考え中(´・ω・`)

そんな感じでDMMモバイルとはおさらばしたけれども、DMMの利用は続けるわけで…

ちょっと知ってました、奥様?
DMMの50%セール(18/1/10まで)で「Fade In 仲村みう」のHD版が890円ですってよ(・∀・)アラ、オヤスイ


こんな感じで今年も終わるのか(´・ω・`)

もう11月も終わりじゃねぇかっていうか今年も終わりだよね(´・ω・`)

android用の神経衰弱ゲームを公開しました(・∀・)
The Match-up(Memory) game for android was released!

Google Play:
Mole's Match-up.

Introduction page:
Mole’s Match-upをリリースした∩( ・ω・)∩


  • 無職に戻り、ヒャッハー気分になり、浮かれるヽ( ・∀・)ノ <-ウカレテイラレルトシデハナイ
  • 一週間前位からPCが異常フリーズをするようになっていたので、マザボ等々を買い換えるか、中古ノートPCを買おうと秋葉原をうろつく。
  • 翌日、謎の水下痢状態に陥り、行動不能に…_| ̄|○
  • 水分補給と睡眠をひたすら繰り返し、なんとか復活するもご飯を食べられず(´・ω・`)カユ…ウマ…
  • とりあえずHDDも変な音をしていたので3TBの外付けHDDを買って来て、データを避難させる(`・ω・´) ジョセイカラヒナンサセタ.エロデータトモイウ.
  • 中古ノートPCはWin7だったのでWin10に上げる。500kbsなのでえらく時間がかかった。
  • Win10環境が復旧出来そうになったところで、何故か、6710bのMint Linuxを18.3に上げた。ここ見てやった。特に問題もなく。
  • キャンプ場の管理人になるも、早くも飽き始める(´・ω・`) ソシャゲにするとこうせざるを得ないんだろうけれども…

 
とりあえず中古ノートPCは、メモリ増設してSSDに換装しようかなぁ…でもお金ないなぁ…(´・ω・`)

第三世代Core i5だけど、最近はマシンパワーを使うようなことをしていないから、これでもいいかと決めた。

バッテリーの実験はしてないが、1kgくらいだから持ち運べそうだし。まあ、持ち運ばないけどな( ・´ω・`) デスクトップPCの急な不調は台風が来た時の複数回の停電が原因ではないかと思ったりしているのでノートPCでいいよねという結論。17000円くらいのUPSの導入も考えたけれども、今まで使っていたデスクトップPCのM/BとCPUを足した値段より高いことに気づいて辞めた(´・ω・`)
 

ウイルス性か細菌性か…はたまた他の内臓異常か判らないけれども、なんか謎の水下痢だった…(ヽ’ω`)

いざって時のためにおかゆのレトルトパックとかお茶2Lペットを常備しておくのは大事なのかもしれないと思った数日…あと梅干しとか塩昆布とか…
 

HDDも逝ってしまっているのかと思ったが、マザボから外して。買って来た裸族みたいなやつに挿したら、特に異音もなく、データ移行も終了した。あれは別のデバイスの音だったんだろうか?
その辺はともかくも電源がおかしいのかマザボがおかしくなったんかな。メモリエラーのビープ音が出てたりもしてたが、なんか全般的におかしい感じだったから。
 

考えてみるとWindows10にする必要もなかったけど、Windows7のままではなんだし、膨大なエロ資産(主にDMM)等があったので、アップグレードした。WineでもDMM絡みは動くのだろうか?

行っていた職場でWin10へのアップグレード用DVDを何故か焼いてくれた方が居たので、色々助かった。 もらった時は特に使い道はなかったのだけれども。あれがなかったら、PC環境復旧に後2日くらいかかっていただろう。ありがたやありがたや(・∀・)
 

Mint Linuxのバージョンを上げたが、特に違いはわからない(ノ∀`)
使い込んでないからだな。
 

ポケットキャンプは最初からマイフェイバリットのキャラメルが居たので嬉しかったが、ゲーム的にはソシャゲなので、色々と物足りない感がある。通勤のお供とかにはいいんだろうけれども。

まあ、そのうち大幅なアップグレードがあると信じるしかないな。つーかコンシューマ版の新作がやりたくなってきた(・∀・)


もう少し新PC環境がきちんと整って来たら色々しようかな。
ラズペリーパイも買って来たことだし。

そんな感じの日々(´・ω・`)