テレビドラマ 2月2週

コード・ブルー 第五話を観た。

白石恵(新垣結衣)と緋山美帆子(戸田恵梨香)の関係が近くなった前回に続き
今回は冴島はるか(比嘉愛未)とチームの結束が深まった展開。喪服姿で冴島を
励ますシーンは良かった。

田沢悟史(平山浩行)が死亡。両親に白石が説明するシーンは良かったけど、
お別れ会のシーンが今ひとつ合わなかった。

子役は結構うまい感じ。ジョンの包帯とかベタだなとは思ったが、
うまくやれるならベタな王道が一番だ(w

藤川一男(浅利陽介)の嘆きを否定する藍沢耕作(山下智久)も
良かった。今回も山下の好感度アップ回のように思えた(w
次回は白石回か。


泣かないと決めた日 第三話を観た。
相変わらず荒唐無稽すぎる展開で笑った(w
序盤から捏造ブログで責められる角田美樹(榮倉奈々)。
自分の名前を出して特定されやすいようにって…ありえない(w 
でも考えてみると、mixiとかで自分の犯罪を暴露して自慢してる奴もいるか。

途中に入るダイワマンXのCMは面白いけれども資生堂のCMがなんか気持ち悪い。ポッキーのCM並に気持ち悪い。

4500円のオリーブオイルネタで美樹が藤田千秋(片瀬那奈)が
仲良くなっていく様を観て、これからくるであろう関係の破綻が
予想できてハラハラ、ワクワクした(w
終盤の展開はちょっと異なるだろうけれども、このドラマは毎回、
ジェットコースターやお化け屋敷の感覚で観るべきなんだろうと思った。

鈴木慶介(安宅宗一)の出番が意外と多い。
ドラマの話をどうこう言ってもしょうがないが、USB殺してなかったり、
USBメモリを自由に使える会社ってまだまだ多いんだろうか。

仲原翔太(要 潤)と美樹がぶっちゅう 子供できちゃう(・∀・)
要潤ってドラマ内の役としてはイケメンというポジションが多いが
実際はただの顎の人に見える。嫌いではないけども(w

佐野有希子(木村佳乃)の酒の買いっぷりが凄い。アルコール依存症としても買い過ぎのような。

黒杏が無双過ぎて観ててお腹痛い(w
展開的に黒杏が藤田の窃盗癖を知ってばらすとは思ったけれど、
盗聴機かなんかで知るのかなと思ったら、実際にその場に居て吹いた(w

次回は盗撮男の動きがどうなることやら(・∀・)


曲げられない女 第5話を観た。
璃子(永作博美)回。テーマは”友達”か。ええ話や。・゚・(ノД`)・゚・。

中島(平泉成)が良い人過ぎる(w
伏線ではないけれど序盤のチラシが最後に小道具として
出てきて収まりがいい。

大事なシーンで璃子がかんだ(´・ω・`) かんでないよ(・∀・)
後のシーンで早紀(菅野美穂)もとちったような気がした(・∀・)

六法全書で寝かしつけるな(w

友達を作ろうとする早紀、本当に人を愛そうとする光輝、母になろうとする璃子、
自らの殻に篭って今まで逃げてきたことに踏み出そうとする三人の回でもあったか。

早紀のシャッターオープンが一番しっくり来た回のような気がする(w
大きいママ役の人もうまいなぁ、本当にむかつくからヽ(`Д´)ノ

光輝(谷原章介)がデレ化しすぎて酷い(w
キャラ的にはいいお父さんになりそうな雰囲気ではあるが。
なんともイイ男役(・∀・)

正登(塚本高史)は空気だな(ノ∀`)

次回は光輝回か ( ・∀・)< くそばばあ


不毛地帯 第十五話を観た。
録画しておけばよかった_| ̄|○

赤富士バックの大門一三(原田芳雄)の構図や
大門と里井達也(岸部一徳)の会話シーンが良かった。・゚・(ノД`)・゚・。

苦楽を共にしてきた里井に出向を告げる大門と大門の真意を知った里井の
一人泣きは切なかった(´・ω・`)
気のせいか、今回のエンディングの社長の社歌は何か寂しそうだった…

相変わらず実況では第一話のシベリア編への低評価が多いけれど、
やっぱり壱岐の行動の底辺に流れる理念なので、あれは外せないだろう。
あのシベリア絡みの部分を排除しちゃうと壱岐と言う人間がよくわからなくなるし、
谷川正治(橋爪功)の出番がなくなるし。

鮫島辰三(遠藤憲一)はあんまり活躍せず。ハル江(吉行和子)にイラッと来た(w
角田保(篠井英介)の寝返りっぷりに笑った(w 予想通りではあったけれど。
次回は久しぶりに阿部サダヲが活躍すんのかな?


宿命はなかった。龍馬伝の再放送を久しぶりに観たら谷原章介がこっちにも出てた。
生瀬勝久の吉田松陰が熱弁を振るってた。


ドクターハウス シーズン2のラストが夢オチとは思わなかった(ノ∀`)
ハウスの心の中にある自責の念との争いだったんだろうか。
まあ何にしてもこれでしばらくの間はハウス達とお別れか。