「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」「俺たちフィギュアスケーター」を観た

借りてきたDVDをアイロンをかけながら観た。


特攻野郎Aチーム THE MOVIE

子供の頃の土曜日の記憶といえば、中華三昧などの袋ラーメンと
独占!女の60分だったなどと言うと年齢がばれてしまうのだけれども、
これにもう一つ付け加えるモノがあるとするならば、それは特攻野郎Aチームだ。

大雑把に言うと
天才策略家という割に作戦がスムーズに行ったためしがないハンニバル、
色男で口八丁、天才詐欺師的ポジションのフェイスマン、
いかれた天才パイロットのクレージーモンキー、
モヒカン頭で腕っぷしも強い天才メカニックのコング
というベトナム戦争帰りの4人組+αが依頼を受けて悪と戦う物語。
単純明快な勧善懲悪物であり、登場人物達のキャラが立っていて
面白かったので良く観ていた記憶がある。

今はもう持っていないが、以前amazonで安売りしていた時に
シーズン3までのDVD-BOXをまとめ買いしたこともある。

そんな特攻野郎AチームがリメイクされたということでDVDを借りて観てみた。


まあどうせ糞リメイクなんだろうなと思いつつ観始めた。
確かに最初のミスターTとの邂逅とか過去のバグダッドでの作戦くらいまでは
なんだかなぁという感じだった。

しかし戦車のシーン辺りから荒唐無稽さが面白くなってきて
アイロン掛けをやめて普通に観てしまった(ノ∀`)
どうもあのシーンは不評らしいんだけども、なんだかあれで気に入ったw

不満があるとすれば、なんでハンニバルが作戦を立てずにフェイスマンが
でしゃばっちゃったのかなというのとコングカーがほとんど活躍しなかったところかな。

続編ありきで製作されたらしいけれど、向こうではあんまり評判が良くなくて
続編製作の見通しが立っていないとかいう噂があるらしいけれど、本当だろうか。
出来れば続編観たい。元のシリーズとは確かに違うけれど、これはこれで楽しめた。
オールドファンが文句を言うなら特攻野郎A’チームとかいうタイトルで作ればいいじゃない(・∀・)


俺たちフィギュアスケーター

原題はBlades of Glory?
紛う事無きおバカ映画。ここまで突き抜けてると笑わざるを得ない。
久しぶりに声を出して笑ったw
これも観てる途中でアイロン掛けを放棄して普通に観ちゃった(ノ∀`)

お約束というか定番のシーンを組み合わせた感じの映画であることは否めないけれども、
いい感じでまとまってはいるので、その辺のチープさはさほど気にならないかな。

色々と不適切なシーンや台詞があるのでゴールデンタイムでは無理だと思うが、
深夜にでも是非やって欲しいw 皆で実況したい。

「銀のロマンティック…わはは」を久しぶりに読みたくなってきた(・∀・)