『富士山頂』を観た


富士山頂

富士山レーダーを納入した三菱電機の全面的な協力により製作されたため、主人公が新田次郎自身をモデルとする気象庁課長葛木章一から、石原裕次郎の映じる三菱電機社員・梅原悟郎に変更されており、社名も原作では全ての会社名が架空の社名に置き換えられており、例えば三菱電機は「摂津電機」とされていたが、映画では三菱電機だけは現実の社名で登場する。

今はなき富士山レーダーを富士山頂に設置するまでの話。
ある種ドキュメンタリーちっくなので観る人を選ぶかも。
そのせいか石原裕次郎の演技も特には気にならないw

馬で物資を運んでいた馬方達がブルドーザーの免許取得で
悩んだり、集めてきた人夫が高山病に耐え切れずに逃げ出したりと
その当時の苦労が窺えて面白かった。

色々と有名どころが出ていたが馬方の親方・朝吉を演じていた
勝新太郎の存在感が大きかったなぁ(・∀・)
渡哲也もかっこ良かった。


全体的にながら観ではあったけれども、また機会があったら
しっかりと観直してみたい(`・ω・´)

原作もちょっと読みたい。