『ボーン・コレクター』を観た


ボーン・コレクター

脊椎不随となったリンカーンが安楽椅子探偵として相棒のアメリアとぶつかりながら事件を解決していく内容がアメリカ合衆国はもとより海外でも熱狂的な人気を博し、1999年にフィリップ・ノイス監督でユニバーサル・スタジオで映画化された。

まあなんか、フツーって感じ(・∀・)
そんなに真面目に観てなかったのがいけないのかもしれないw


主演のデンゼル・ワシントンって名前は知っていたけど、この映画で初めて顔を観たw
「マルコムX」とかに出てる人なのか。

アンジェリーナ・ジョリーは「トゥームレイダー」で知ってる。
(実は殺し屋)で有名な「Mr.&Mrs.スミス」の奥さん役か。
生い立ちを読むと、この人は成功を収めた人格障害者っぽいな。
肉体的な虐待はなかったようだけど、

度重なる不倫により敬愛する母を苦辛させたことから実父のジョン・ヴォイトとは長年に亘り不仲が続いた。

という感じだったみたいだし。

略奪婚した旦那のブラッド・ピットも「マネーボール」でしか知らないw
ブラッド・ピットの元妻であるジェニファー・アニストンは「フレンズ」の
レイチェルなので毎日のように観ているけどw


チェイニー(マイケル・ルーカー)は物語の組み立てとしては必要なんだろうけど、
ちょっと鬱陶しかった。でも殺すことはないじゃないか(´・ω・`)
マイケル・ルーカーという人はよく知らないが、「チャック」や「バーン・ノーティス」等に
ゲストで出てる人なのか。記憶に残ってないだけで意外と目にしてるのかもしれない。

チェイニー以上にセルマ(クィーン・ラティファ)を殺すことはないだろと思ったり。

ぐぐって色々とレビューを眺めてみたら、軒並み同じような疑問や感想が書かれていたw
原作だとその辺の疑問は解決しているのだろうか。原作はシリーズ物で最新作が去年
出ているみたいだな。


つまんないってほどでもないけど、面白いってこともないな。ありきたりというか。
まあ古い作品だし、その辺はしょうがないのかもしれない。
アンジェリーナ・ジョリーが好きな人なら観てもいいかも。