『ビジョン・クエスト 青春の賭け』を観た


ビジョン・クエスト

トンプソン高校のレスリング部員ラウデン・スウェイン(マシュー・モディン)は、18歳の誕生日を機に190ポンドから178ポンド級への転向を申し出た。彼が178ポンド級に転向しようとしたのは、史上最強といわれる全米高校チャンピオンのシュートに挑戦するためのワン・ステップだった。

ちょっと合わなかったので微妙だった(´・ω・`)

最初はちょっと変わり者だけども真面目な少年のアマレスに賭けた
青春物語かと思って観ていたが、ちょっと違ったw
ラウデンが結構いい加減w そういう意味ではライトな青春物かな。

失神後にレスリング部の嫌な野郎と口論して、ペグボード完走、
皆仲良しヽ( ・∀・)人(・∀・ )ノという展開というかノリは
ちょっと都合が良すぎというか余りピンと来ないw


話のテーマは国語教師のテネラン(ハロルド・シルヴェスター)の授業での詩の解釈、
シュートとの対戦の前のホテルのコックのエルモ(J・C・クイン)との会話、
同じく対戦前のカーラ(リンダ・フィオレンティーノ)との会話に集約される感じ。

タイトルのビジョン・クエスト(Vision quest)とは

現在も夢から啓示を得る儀式「ビジョンクエスト」(Vision quest)は、多くのインディアン部族の成人の儀式として重要であり、これはスー族では「ハンブレチヤ」と呼ばれ、思春期を迎えた若者や、問題を抱えた者が深山(スー族ではパハ・サパなど)へ分け入り、独りっきりで断食の苦行を行い、未来に繋がる夢を得るのである。

スー族

というものであり、この映画におけるラウデンの減量や挑戦を指しているのだろう。
作品内では自称先住アメリカンの子孫であるクーチが霊と話したと言う感じで
触れているが直接的な言葉では出て来ないようだ。英語だと言ってるのかな?


ラウデン役のマシュー・モディンは有名な映画に出てるようだが、
どれも観たことがないかな(ノ∀`)

カーラ役のリンダ・フィオレンティーノは「メン・イン・ブラック」の
検死官ローレル・ウィーバー役の人だったのかΣ(゚∀゚;)
( ↑ ヒロインポジションの人)

クラブかなんかで歌っていたのはマドンナだったのかw
ちょい役にしては可愛いなと思っていたらw

最初の方に出て来たホモ野郎はともかく、新聞部かなんかの女の子
(マーギー・エプスタイン?(ダフネ・ズニーガ))が余りにもちょい役
すぎて笑った。原作だともうちょい記述やエピソードがあるんだろうか?

考えてみるとシュート(フランク・ジャスパー)も扱いが酷かったな。


レスリングに興味がなかったり、あんまりラウデンに
感情移入出来なかったのでどうもいまいちだったなぁ(・∀・)

作品情報に

アマ・レスに賭ける若者の試練と道程を描く。

とあり、観了直後は「おい、また誤字かよヽ(`Д´)ノ」と思うかもしれないが、
これは”道程”であってる( ・´ω・`)