『ロビンソン・クルーソー』を観た

ロビンソン・クルーソー

あんまり合わなかった(´・ω・`)

あらすじはどうも原作とちょっと違うみたい。

婚約者である女性を巡って親友を決闘で殺してしまったロビンソン・クルーソーは、その一族の逆恨みから逃れる為に一年間商船に乗るが、難破してしまう。一人生き残ったロビンソンは商船に残っていた物資と唯一生き残っていた犬のスキッパーと共に無人島生活を始める。救援を求めるも叶わず、歳月が過ぎる。ある日、聞いたことのないおどろおどろしい音楽を耳にし、その出処に向かうと、未開人らしき集団が儀式で男を殺して食べようとしていた。ロビンソンは銃を用いて集団を打ち払い、その男を助けたのだが…

みたいな感じ。

漂流後のサバイバル生活みたいなのはほとんど無いに等しいので
それを期待しているとがっかりすることは間違いない(´・ω・`)

紆余曲折の末に助けた男をフライデーと名付けて共同生活をするんだけども、
このフライデーとの友情やロビンソンの心というか考えの変化がこの映画の
肝のようだが、あんまりピンと来なかったw 映画の内容ではあんまり文化や
人種を越えた友情が築けたとは思えず、結局は友情よりも文化的民族的縛りを
選んだように思えたからか。ロビンソンとフライデーの友情の行方も
わからないまま都合よく決着をつけたようにも思えた。

ロビンソンは海賊というか奴隷商人たちにどういう思いを持ちながら
帰途についたのであろうか?ラストはハッピーエンド風にまとめ上げて
いたが婚約者のパートは必要だったんだろうかw?
もしかすると婚約者のパートを入れないとほぼ完全に白人女優を出演させることが
出来ない為に無理矢理付け加えたのかなと思ったりもするw

imdbを眺めてて思ったが
もしかしてこれってテレビ映画なのかな?シンガポールや幾つかの国では
映画として公開しているようだけども、他の国だと「video premiere」や
「TV premiere」となっている。ビデオ媒体やテレビで放映ということ?


まあ何はともあれ
 
 
 
 
スキッパー、お前は何がしたかったんや(´・ω・`)